ハン·イェスル「うつ病にかかり、極端な選択をすることもありうる」

10歳年下のイケメンの恋人をインスタにアップしたところ、この男はホストで、大金を奪われた被害女性もいる、ハン·イェスル本人も5000万円もする外車(ランボルギーニ・ウラカン)を買い与えていたことが暴露され、苦境に立っているハン·イェスル(女 39)。自分に刃を突きつけるカロセロ(縦横無尽)研究所を公式に批判した。●SBS

6月9日、ハン·イェスルは自分の個人ユーチューブチャンネルで「これまで出てきた事実について一つ一つ○と×で答える」として、カロセロ側の主張に反論した。

ハン·イェスルはかつて恋人だった某財閥の御曹司(ウォン・ジン/ディーワイホールディングス代表取締役副会長)との熱愛し、高価な車両をプレゼントされたことは認めた。しかし、「私が年を取って、この方に捨てられ、今の恋人に会ったという主張は本当に不愉快だ」とした。

カロセロ側が「かつてハン·イェスルはテディと交際していたが、歌手ジェニーに彼を奪われた」とした部分についても、ハン·イェスルは「ジェニーとは一度も会ったことはない。「直接聞いてみてほしい。 私の元恋人たち(御曹司とテディ)は呆れるだろう」と反論した。

クラブ「バーニングサン」で麻薬を使用したという主張についても「バーニングサンには一度だけ行った。知人とハロウィンパーティーをした。 DJブースの後、一番よく見える場所に座って楽しく遊んだ。 ボディーガードたちがぐるりと取り囲んでいた。 気が狂っていなければ、そんなに人の多い所で麻薬をするはずがない。 この部分は法的に明らかにする」と強調した。

芸能界に入る前は、ロサンゼルスのルームサロン(キャバクラのような店)で働いていた」という点についても、「一度も(ルームサロンに)足を踏み入れたことはない。デビュー前は平凡な大学生だった。 私を芸能界に入れたのはSBSだ。 スーパーモデル大会の主催がSBSだったからだ。 母は化粧品店とスキンケアショップを営んでいた。そのほかのことは分からないが、確かめてみる」と説明した。

最後にハン·イェスルはカロセロ側に対し、「皆が驚愕を禁じ得ない行為(私に対するカロセロの暴露と批判)は、いったい、学爆(韓国で話題の校内暴力)と何が違うのか分からない。 社会的暴力ではないか。 事実確認されていないことで、人をひどく踏みにじることは、殺人未遂と何が違うのか。

デマやゴシップによって、これまで一所懸命に積み上げたものが崩れれば、うつ病にかかり、極端な選択をすることもありうる。 肉体的暴力だけが暴力ではない。 どうしてこのようなことが社会的に許容されるのか分からない」と訴えた。

ここまでがSBSの報道内容。

思うに、ハン·イェスルの虚飾に満ちた化けの皮を剝がしてやれ、といわんばかりのカロセロのやり方もえげつないが、その他のことはともかく、クラブ「バーニングサン」で麻薬を使用していたという疑惑は深刻な問題だ。この点だけはぜひ明らかにしてもらいたいものだが、本人が認めない限り、証明できないのではないか? ともあれ、本人もその気なので、裁判ではっきりさせてほしい。

LAの母親の仕事について「そのほかのことは分からないが、確かめてみる」としたのは泣ける。LA時代のこの母娘の過去を暴くのはやり過ぎではないか?

しかし、大衆の「知りたい」という欲求に火がついてしまったわけで…。韓国民の性格からして、このまま蓋をすることはありえないだろう。

「うつ病にかかり、極端な選択をすることもありうる」

もうやめて~、おねがい!

ハン·イェスルのこの心の声にカロセロ側は、どう、答えるか?


崔真実ミステリー(4)「あの人」のためにやった…

前回(3話)の最後のほうに、こう記した。

全鎔喆(チョン・ヨンチョル)は収監された後、一部の政治家や報道機関に対し、「真実を明らかにする」とする手紙を送り、一部メディアなどは刑務所内でのインタビューまで行った。94年12月以来8年間、多くのメディアに「残念なことがある」という曖昧な表現を記した手紙だけを送ってきた。2002年11月頃、記者に実名を挙げてその「残念なこと」の中身を刑務所内のインタビューを通じて話し始めた。02年11月18日に、春川地方検察庁原州支庁で、この点について取り調べを受けたこともある。

続きを読む


崔真実ミステリー(3)判決は無期も、減刑されて出所

12月23日午後2時過ぎ、忠清北道陰城の高速道路出入り口で警察官が、全鎔喆(チョン・ヨンチョル)が乗っているとみられる車両を発見した。検問のため近寄ると、車は急発進。警察の車両も後を追う。約2時間の追跡の末、逃走車は忠清北道鎮川郡のあるマンションの駐車場で発見された。人は乗っていなかった。警察は周辺を徹底的に捜索した。午後6時半過ぎ、逃げられないと悟った全が警察に電話をして、自首すると伝えた。まもなく全は、車を駐車した場所に現れ、逮捕された。

逃走車に乗っていたのは全だけはなかった。共犯の金英敏と2人の若い女性もいた。女性たちは12日夜、全と金が訪れた高級クラブのホステスで高額のチップを受け取り、一緒に江原道のスキー場に遊びに行く途中だった。警察は、この2人の女性も隠れていた知人宅で逮捕した。犯人隠匿および逃走幇助容疑だった。金も翌24日、ソウル瑞草警察署で自首した。

続きを読む


崔真実ミステリー(2)動機はカネか、怨恨か

裵昺洙(ペ・ビョンス)は、崔真実と別れて1年ほど経ってから殺害された。殺害したのは全鎔喆(チョン・ヨンチョル 当時21)と、共犯の金英敏(キム・ヨンミン 当時23)。

全鎔喆は子役出身、92年の夏頃、MBCの収録現場で裵昺洙に会い、「芸能界で働きたい」と伝えた。裵は全の小柄な体格、柔和な顔立ち、善良そうに見える態度などを見て、女性の芸能人の担当に向いていると判断、崔真実のロードマネージャー(芸能人に同行して補佐し、車の運転から、連絡など、あらゆる雑用を担う下働き)とした。全は在職中、崔真実を「お姉さん」、彼女の母を「お母さん」と呼び、実の家族のように過ごしていたという。

続きを読む


BoAの兄(40)、腹膜がん(第4期)を公表、BoA「オッパ、毎日、頑張ってくれてありがとう」

BoA(ボア、権珤雅(クォン・ボア) 34 )の兄で、広告やプロモーションビデオ、ドラマなどを演出してきたクォン·スンウク監督(40)が、腹膜がんを公表した。第4期だという。●中央日報

クォン監督は10日、インスタグラムに「本当に状態が悪いことを知った。時間はあまり残っていないという」として、病院の診断書を公開した。 そこには「患者の余命は3~6カ月ほどに見えるが、腹膜炎が回復しなければ数日内に死ぬおそれあり」と記されていた。

クォン監督は「腹膜炎で苦しんだ昨年12月末ごろに応急手術を受けたが、予後が良くなかったのか、現在、余命は2、3カ月だ」と衝撃的な事実を明かした。

続きを読む


崔真実ミステリー(1)殺害された大物マネージャー

私は1989年3月から96年5月まで、7年間、日本語教師をしながらソウルで暮らした。当時、韓国で最も人気のあった女優が崔真実だった。あの頃は毎日、彼女のテレビCMを見ていた記憶がある。この車のCMなどは目と耳に焼き付いていた。

私も、彼女のマネをして「タァ!」(乗りなよ)と車の運転席から車外の人に呼びかけたりしたものである。

この愛くるしい笑顔の崔真実が自殺したと日本で聞いたときはショックだった。さらに、その死をめぐっては、さまざまな噂が流れていた。いったい何が起きたのか? 何が彼女を死に追いやったのか?

続きを読む


ユチョン(34)、被害女性への賠償金5000万ウォン余りを払わず 怒りの女性「また、刑事告訴するわよ」 

歌手兼俳優のパク・ユチョン(34)が、性的暴行を受けたと訴えた2人目の女性に、民事裁判で5000万ウォンの賠償をすることが決定したにもかかわらず、1年以上履行していないことが明らかになった。「金がない」という。●ノーカットニュース

続きを読む