崔真実ミステリー(5)「殺害をそそのかした人」

全鎔喆が子役として芸能活動をしていた頃から親交のあったハン·ミョングという映画監督がいる。彼は1996年、全鎔喆が収監されていた原州刑務所で面会し、その後、2003年にも全鎔喆と会った。日曜新聞のインタビュー記事が出た02年11月の後だった。

このとき、全鎔喆はハン監督に裵昺洙の「殺害をそそのかした人がいる」と話し、ハン監督は、この事件を映画化することを思い立ったという。

それから10年後の2013年、崔真実が亡くなって5年後、ハン監督はまた全鎔喆と面会し、その後、ワールドトゥデーとのインタビューに応じた。●ワールドトゥデー

ハン監督は「全鎔喆は獄中で手記を書いており、出所後に公開する。全鎔喆は、裵昺洙さん殺害をそそのかした人に強い恨みを持っている」「事件の真実を描いた全鎔喆の獄中手記は仕上がっている。すぐ出版できる状態だ。しかし、全鎔喆は、殺害をそそのかした人への恨みはまだ強いものの、実社会で一緒に過ごした人たちへの配慮から出版するかどうか悩んでいる」と話した。

ハン監督は「全鎔喆の裵昺洙殺人に関する真実を聞くと、実に衝撃的だ」「特に殺害をそそのかした人は全鎔喆を悪のどん底に陥れたにもかかわらず、一度も面会に来なかったという。19年が過ぎた、今では全鎔喆のほうが殺害をそそのかした人に同情しているようだ」と明かした。

ところで、当時、捜査本部が設置されたソウル瑞草(ソチョ)警察署で取り調べを受けた時、全鎔喆のポケットからある人のクレジットカードが発見された。それで、警察は「そそのかされての殺人」という線も視野に捜査を進めた。

また、全鎔喆が裵昺洙を殺害した当時、ベの自宅に保管していたポルノビデオがあり、このビデオの主人公は誰々だという根拠のないうわさがささやかれていた。警察は、この部分についても捜査を行ったが、全鎔喆と共犯は強く否定、結局、この件はベールの中に閉ざされた。

「そそのかした人」は誰か?

全鎔喆はハン·ミョング監督にも明かしていない。警察署で面会したとき、ハン監督は殺害をそそのかした人について尋ねたが、全鎔喆は声をひそめて「私が最後まで抱いていく」(死ぬまで明かさない)言い、そそのかした人がいることをほのめかすにとどめたという。

警察と検察は当時、全鎔喆のポケットにあったある人のクレジットカードに焦点を合わせ、持ち主を集中的に調べた。この過程で、クレジットカードの持ち主は警察の捜査を受け、全鎔喆と対面した。

全鎔喆はこのクレジットカードについて、「持ち主が席を外している間に車の中から盗んだ」と陳述した。

じつは、このクレジットカードの持ち主は崔真実の母だった。

検察でもクレジットカードについての捜査は続いたが、全鎔喆は「盗んだ」とし、裁判でもそう話した。結局、全鎔喆にはクレジットカードの窃盗容疑も加わった。

全鎔喆が原州刑務所に服役した当時、多くの取材陣が全鎔喆に面会し、「殺害をそそのかした人」について取材した。しかし、その度に全鎔喆は「そういう人はいない」と否認した。ハン監督も「当時、それがとても知りたくて面会時に、全鎔喆に殺害をそそのかした人が誰なのか尋ねたが、全鎔喆は笑って答えなかった」と振り返る。

ハン監督はこういう話もした。

全鎔喆は1995年に判決が確定し、原州刑務所に服役した当時、誰かが面会に来てくれることを切望していた。そのことは、全鎔喆の母親が私(ハン監督)に話した。全鎔喆の妹も時々、その人の近況を全鎔喆が知りたがっているというので、その人たちに連絡したこともあると言っていた。(「その人たち」ということは崔真実の母と本人か)

ハン監督によると、その人に対する全鎔喆の怒りが爆発したのは、全鎔喆が刑務所に収容されて7年目になる年。俳優養成所に一緒に通い、子役としても一緒に演技した女性タレントが原州刑務所に面会に行ったときだった。全鎔喆は「事件が起きてから7年が過ぎたが、まだ一度も面会に来てくれない。人目を気にして来られないなら、身内の人でも代わりに送ってくれればいいのに。まだ何の連絡もない。それから、事件当時、弁護士を選任してその費用も持ってくれるはずだった。しかし、私の母が弁護士費用を払っていることを知った」と、「殺害をそそのかした人」に対する恨みを吐露した。

全鎔喆は「甘い言葉で、一生、保障すると言って、若く血気盛で、世間知らずの私に殺害を頼んでおきながら、後はしらんぷり、一度も面会に来ない。貧しい家庭環境(全鎔喆の母は家政婦をして暮らしていた)を知っているのに」と言って悔しがっていたという。

続く
★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人?タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


中国のネット上から消えた元EXOクリス、「何度も若い女性を…」で待ち受ける過酷な未来

元EXOのクリス(本名:呉亦凡(ウー・イーファン)30)が終わった。

北京市公安局朝陽分局は7月31日、微博を通じ、「呉亦凡が何度も若い女性を誘引して性的関係を持った疑惑がある。呉亦凡を強姦罪で刑事拘留し、事件について調べている」と明らかにした。

中国で公安が刑事で拘束した被疑者が、その後、容疑を晴らせたケースはほとんどない。クリスにも言い分はあるだろうが、中国では、もうどうしようもない。複数の強姦罪で起訴され、重罪が科せられることになるだろう。 続きを読む


元BIGBANGのスンリ、売春あっせんなどで懲役3年 ネチズン「あいつは42年なのに、3年? ふざけてんの?」

8月12日、元BIGBANGのスンリ(31、イ·スンヒョン)に判決が下された。

売春あっせんや常習賭博の容疑により、懲役3年、追徴金11億5000万ウォンの宣告、裁判が終わると同時に法廷で拘束された。スンリは兵役にあり、軍人の身分であるため、裁判は、地上作戦司令部普通軍事裁判所で行われた。

続きを読む


ハン·イェスル「うつ病にかかり、極端な選択をすることもありうる」

10歳年下のイケメンの恋人をインスタにアップしたところ、この男はホストで、大金を奪われた被害女性もいる、ハン·イェスル本人も5000万円もする外車(ランボルギーニ・ウラカン)を買い与えていたことが暴露され、苦境に立っているハン·イェスル(女 39)。自分に刃を突きつけるカロセロ(縦横無尽)研究所を公式に批判した。●SBS

続きを読む


崔真実ミステリー(4)「あの人」のためにやった…

前回(3話)の最後のほうに、こう記した。

全鎔喆(チョン・ヨンチョル)は収監された後、一部の政治家や報道機関に対し、「真実を明らかにする」とする手紙を送り、一部メディアなどは刑務所内でのインタビューまで行った。94年12月以来8年間、多くのメディアに「無念なことがある」という曖昧な表現を記した手紙だけを送ってきた。2002年11月頃、記者に実名を挙げてその「残念なこと」の中身を刑務所内のインタビューを通じて話し始めた。02年11月18日に、春川地方検察庁原州支庁で、この点について取り調べを受けたこともある。

続きを読む


崔真実ミステリー(3)判決は無期も、減刑されて出所

1994年12月23日午後2時過ぎ、忠清北道陰城の高速道路出入り口で警察官が、全鎔喆(チョン・ヨンチョル)が乗っているとみられる車両を発見した。検問のため近寄ると、車は急発進。警察の車両も後を追う。約2時間の追跡の末、逃走車は忠清北道鎮川郡のあるマンションの駐車場で発見された。人は乗っていなかった。警察は周辺を徹底的に捜索した。午後6時半過ぎ、逃げられないと悟った全が警察に電話をして、自首すると伝えた。まもなく全は、車を駐車した場所に現れ、逮捕された。

逃走車に乗っていたのは全だけはなかった。共犯の金英敏と2人の若い女性もいた。女性たちは12日夜、全と金が訪れたソウル新村のクラブのホステスで高額のチップを受け取り、一緒に江原道のスキー場に遊びに行く途中だった。芸能界で働いた経験のある全鎔喆は、有名芸応人の名を挙げながら、2人の女性に「おまえたちも芸能界デビューさせてやるから」などと言って歓心を買っていた。

警察は、この2人の女性も隠れていた知人宅で逮捕した。犯人隠匿および逃走幇助容疑だった。金も翌24日、ソウル瑞草警察署で自首した。

続きを読む


崔真実ミステリー(2)動機はカネか、怨恨か

裵昺洙(ペ・ビョンス)は、崔真実と別れて1年ほど経ってから殺害された。殺害したのは全鎔喆(チョン・ヨンチョル 当時21)と、共犯の金英敏(キム・ヨンミン 当時23)。

全鎔喆は子役出身、92年の夏頃、MBCの収録現場で裵昺洙に会い、「芸能界で働きたい」と伝えた。裵は全の小柄な体格、柔和な顔立ち、善良そうに見える態度などを見て、女性の芸能人の担当に向いていると判断、崔真実のロードマネージャー(芸能人に同行して補佐し、車の運転から、連絡など、あらゆる雑用を担う下働き)とした。全は在職中、崔真実を「お姉さん」、彼女の母を「お母さん」と呼び、実の家族のように過ごしていたという。

続きを読む