ユチョン、性的暴行容疑で争った女性から1000万円の損害賠償訴訟を起こされ、自宅仮差押え 

最近、本格的に芸能活動を再開したユチョンだが、またもや暗雲が垂れこめてきた。

昨年12月13日、2016年に性的暴行で訴えられた女性から1億ウォン(約1000万円)の損害賠償訴訟を起こされ、今月(3月)12日、裁判所の自宅仮差押え決定が下されたのだ。

今回、損害賠償訴訟を起こした女性、Sさんは、2016年6月にユチョンを性的暴行で訴えた4人の女性のうちのひとりで、2番目に訴えた人。

AD



Sさんはユチョンから逆に虚偽告訴で訴えられたが、一、二審とも判決は無罪だった。ユチョンは上告、Sさんも2017年3月にユチョンが不起訴処分で済んだ性的暴行の件では、その後、ソウル高裁に裁定を申請していた。これが認められるとユチョンは管轄の地裁で裁判にかけられるはずだったが、認められなかった。(したがって、性的暴行の件ではユチョンは完全に容疑を逃れることができた)

今回、仮差押え決定が下された物件は、ユチョンが所有する三成洞のオフィステル(小型マンション)で、メゾネット形式、専有面積182.2㎡とのこと。
●YTN

Sさんの弁護を無償で引き受けている弁護人はYTNに「Sさんはパク·ユチョンの自発的な反省と謝罪を待って民事訴訟を最大限、遅らせてきた。しかし、ユチョンが謝罪する素振りをまったく見せなかったので訴訟に踏み切った」とし、「損害賠償訴訟ではあるが,金銭的な目的だけのために訴訟を起こしたわけではない。この訴訟で損害賠償が1ウォン(約0.1円)でも認められれば、意味があるとした。

記事によると、弁護人としては「この民事訴訟の結果を見て、ユチョンに対する刑事訴訟も検討する」とし、ユチョンをSさんに対する誣告(虚偽告訴)で訴えることも視野に入れている。

さて、今回、ユチョンは自宅を仮差押えされることになったのだが、これは、どういう意味を持つのか?

マネートゥデイが問い合わせたある弁護士の見解では、仮差押えが決まったことと、性犯罪があった、虚偽告訴があった、という判断とは関係がない、という。

つまり、裁判所が仮差押えの決定を下した、だから、Sさんの損害賠償請求が認められたり、Sさんに有利な状況になった、というわけではない。

また別の弁護士も「仮差押えと訴訟の勝敗を関連づけるのは無理」とし、「仮差し押さえが認められたのは裁判所がパク·ユチョンの財産状態がよくないと判断したか、パク·ユチョンが財産を処分するなどして、(Sさんの損害賠償請求が認められたとしても)金を払わないおそれがあると判断したようだ」と説明した。
●マネートゥデイ

韓国のメディアは、ユチョンが自宅を仮差押えされたということで、あたかもSさんに有利に損害賠償訴訟が進んでいるかのような印象をふりまいているが、弁護士の説明では、特にそういうことはないようだ。

しかし、この件は、(この件も?)もつれにもつれているよなあ。

Sさんはユチョンを性的暴行で訴えた。
しかし、ユチョンは容疑無しで終わった。
ユチョンはSさんを虚偽告訴で訴えた。
しかし、Sさんは無罪判決を受けた。(一、二審)

論理的に矛盾しているので、もつれているのだ。

ユチョンが性的暴行で容疑が無かった、つまりユチョンが性的暴行をしなかった、Sさんとのあの時のトイレでのあれが合意の上での性交だったのならば、ユチョンを訴えたSさんは当然、虚偽告訴で有罪になるはず。ところが、Sさんが無罪になったために、今度は、Sさんが自分を虚偽告訴で訴えたユチョンを虚偽告訴で訴えることができる余地が生じた…。

う~む、なんとも「韓国」を感じさせる現象だ。

そもそも、性的暴行でのユチョンの容疑を認めなかったことから、展開がおかしくなったと思う。

ユチョンの容疑は認めないことにするが、しかし、これだけ細かな状況が明らかになってもユチョンの容疑を認めず、逆に虚偽告訴でSさんを有罪にするとすると、Sさんがあまりにも気の毒だ、じゃあ、Sさんも無罪で…。これで終わりにしようや、って事件に当たった検事判事は考えたのだろうが、そうはいかんぞ、とSさん側が食い下がっている、そういう構図だよね。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


「承知しました!!  1人当たり100万円ですね」V.I スンリ、おまえ、ほんとにこんなこと言ったのか?

BIGBANGのV.Iスンリにまた超ド級の疑惑が飛び出した。

14日、時事ジャーナルが、スンリが2014年8月頃にある会社の社長と交わしたカカオトークの記録を出したのだが、スンリがこの社長に韓国人売春婦を斡旋するという、衝撃的な内容だ。
●時事ジャーナル

続きを読む


BIGBANGスンリをめぐる騒動に、あのチョン·ジュンヨン(30)が登場 またもや同じかどでKBS2「1泊2日」を降板へ 

BIGBANG V.Iスンリ(28)が経営にかかわっていたクラブ、バーニングサンをめぐる騒動に、歌手チョン·ジュンヨン(30)が登場し、韓国ネットはテンヤワンヤの大騒動になっている。

昨夜(11日)、SBSが8時のニュースで、チョン·ジュンヨンの実名をあげ、性交中に隠し撮りされ、映像を流布された被害女性が少なくとも10人いると報じた。
●SBS

続きを読む


「みんなに被害を与えることはできない」BIGBANGスンリ、引退を宣言 ネチズン「被害者のふりすんじゃねえ!!」

渦中のスンリが、自身のインスタに短文を上げ、芸能界からの引退を宣言した。

所属事務所YGエンターテインメントの関係者は11日午後、YTNSTARに「スンリの引退発表はYGと話し合って決めたのではなく、ひとりで下した選択だ」「入隊を前に起きたことなので、とても苦しんでいたと明らかにした。
●YTN

続きを読む


BIGBANGスンリ、隠し撮りを楽しんでいた事実が発覚 いよいよ崖っぷちか?

台湾の投資家らに性的接待を行った容疑で、これからは参考人としてではなく、容疑者として調べられることになったスンリのSNS(カカオトーク)のチャットに性行為をする男女のようすを隠し撮りした動画や写真がアップされ、この動画をスンリや他の男性歌手も見ていながら、制止せず、スンリは笑っていた(チャットでの表記だが)ことも明らかになった。
●SBSfunE

続きを読む


「バーニングサン」動画を撮って流布したクラブMD逮捕 秘密の部屋で起きていたことをスンリは知っていたのか? 

先月(2月)初め、クラブ・バーニングサンをめぐる騒動が韓国社会を揺るがしていた最中、成人動画サイトに「バーニングサン」というタイトルの動画がアップされ、ネチズンの大きな関心を集めていた。

ソウル地方警察庁サイバー捜査隊が7日、この動画を撮影して流布した容疑(性暴力処罰法·特例法上不法撮影および流布)で男を逮捕した。この男は、クラブに客を連れてきて手数料をもらうMD(マーチャンダイザー)だった。
●中央日報

続きを読む