BoAの兄(40)、腹膜がん(第4期)を公表、BoA「オッパ、毎日、頑張ってくれてありがとう」

BoA(ボア、権珤雅(クォン・ボア) 34 )の兄で、広告やプロモーションビデオ、ドラマなどを演出してきたクォン·スンウク監督(40)が、腹膜がんを公表した。第4期だという。●中央日報

クォン監督は10日、インスタグラムに「本当に状態が悪いことを知った。時間はあまり残っていないという」として、病院の診断書を公開した。 そこには「患者の余命は3~6カ月ほどに見えるが、腹膜炎が回復しなければ数日内に死ぬおそれあり」と記されていた。

クォン監督は「腹膜炎で苦しんだ昨年12月末ごろに応急手術を受けたが、予後が良くなかったのか、現在、余命は2、3カ月だ」と衝撃的な事実を明かした。

続きを読む


崔真実ミステリー(1)殺害された大物マネージャー

私は1989年3月から96年5月まで、7年間、日本語教師をしながらソウルで暮らした。当時、韓国で最も人気のあった女優が崔真実だった。あの頃は毎日、彼女のテレビCMを見ていた記憶がある。この車のCMなどは目と耳に焼き付いていた。

私も、彼女のマネをして「タァ!」(乗りなよ)と車の運転席から車外の人に呼びかけたりしたものである。

この愛くるしい笑顔の崔真実が自殺したと日本で聞いたときはショックだった。さらに、その死をめぐっては、さまざまな噂が流れていた。いったい何が起きたのか? 何が彼女を死に追いやったのか?

続きを読む


ユチョン(34)、被害女性への賠償金5000万ウォン余りを払わず 怒りの女性「また、刑事告訴するわよ」 

歌手兼俳優のパク・ユチョン(34)が、性的暴行を受けたと訴えた2人目の女性に、民事裁判で5000万ウォンの賠償をすることが決定したにもかかわらず、1年以上履行していないことが明らかになった。「金がない」という。●ノーカットニュース

続きを読む


情弱はやられっぱなしなのか? BTSに夢をみた蟻たちの悲劇

7日の朝鮮戦争をめぐる発言で中国人たちの大きな反発を呼び起こしたBTS(防弾少年団)。彼らが所属するビッグヒットエンターテインメントがきのう(15日)、ソウルの韓国取引所(KOSPI)に上場したのだが、「ダイナマイト」(8月21日にリリースしたアルバムのタイトルにかけた)は不発に終わり、大損こいた蟻(個人投資家)たちが悲嘆に暮れている。●毎日経済

これはもう、ほとんど犯罪ではないだろうか? 顛末を見てみよう。
続きを読む


BTS発言を米国務省報道官が援護射撃 駐米大使の「向こう見ずな発言」も宙に浮く  

今、韓中のネットで騒動になっているBTSの朝鮮戦争70周年発言(「私たちは両国(韓米)が共に経験した苦難の歴史と数多くの犠牲を永遠に記憶する」)の件で、米国務省報道官が、「肯定的な米韓関係を支持するために努力してくれたことに感謝する」と表明。この援護射撃により、芸能人のささいな発言が外交問題化する兆しが出てきた。●朝鮮Biz
続きを読む


BTSのなにげな発言に中国人が激怒!サムスンは(中国での)ギャラクシーBTSエディションの販売を中止 

BTSの「なんでもない発言」に、中国人たちが噛み付いて怒っている。

7日、BTSは、韓米関係の発展に寄与したとして韓米友好団体「コリアソサエティー」から「ヴァン・フリート賞」を受賞した。その席でBTSのリーダーRM(本名:キム・ナムジュン)「朝鮮戦争70周年を迎えた今年の行事は意味深い」「私たちは両国が共に経験した苦難の歴史と数多くの犠牲を永遠に記憶する」と述べた。

この発言をめぐり、中国では「両国」とは米国と韓国を意味し、「中国人の犠牲を無視した」として、激しい怒りが沸き上がり、恐れを感じたサムスンが、慌ててギャラクシーBTSエディションの販売を中止する事態となった。●NEWS1

続きを読む


俳優チュ・ジンモの携帯電話がハッキングされた事件 犯人は中国から来た同胞(朝鮮族)女一家だった

ことし1月、俳優チュ・ジンモ(45)の携帯電話がハッキングされ、個人的な情報が流出した事件があった。チュ・ジンモが金銭要求に応じなかったことから、犯人たちがチュ・ジンモと(仲間の芸能人との)会話内容を暴露、内容は実に低級だった。

続きを読む