映画「軍艦島」は赤字確定 「タクシー運転士」が反射利益でウハウハ

何かと話題になった超大作映画「軍艦島」(7月26日公開)も、いよいよ興行の最終盤を迎え、興行成績がほぼ確定した。

きのう(19日)は公開後初めて興行成績ベスト10から外れ、11位。きのう一日の観客動員は(きのうは土曜日だったにもかかわらず)6849人。累計での総観客動員数は654万3353人と集計されている。(韓国映画振興委員会KOFIC調べ)

この勢いでは、もう総観客動員数700万人超えは絶望的だ。

続きを読む


「親日」という烙印を押された、映画「軍艦島」のリュ・スンワン監督夫妻に立ちふさがる「恐るべき現実」 

映画「軍艦島」を世に出したリュ・スンワン監督と妻で制作者のカン・ヘジョンさんが韓国映画界で、また韓国社会で、大きな苦境に立っている。

夫妻は、これまで所属してきたすべての映画団体から脱退し、子供も学校で友達から「おまえの父は親日派だ」と言われるなどして苦しんでいるという。(●スポーツ東亜

続きを読む


映画「軍艦島」思いがけず大苦戦 「歴史を歪曲している」とネチズンが評点テロで逆風をあおる 

先月(7月)26日に公開された映画「軍艦島」。今夏最高の期待作として韓国で注目を集めていたが、「一週間天下」(●スポーツ朝鮮)に終わったという厳しい現実、評価にさらされている。

続きを読む


T.O.Pのせいか? 義務警察を全面的に廃止、「芸能義務警察」は真っ先になくす!

23日、韓国警察が2023年までに、兵役制度に含まれる義務警察を全面的に廃止することにし、その中でも、いわゆる「芸能義務警察」を真っ先になくす方針を立てたことが確認された。

義務警察には、警察広報団、警察楽隊があり、有名芸能人が所属し、彼らへの特恵、特別な配慮だとして批判されてきた。(●東亜日報

続きを読む


2017年7月17日から18日にかけて、ユチョンとファン・ハナが世間に向けて発信したメッセージ(全文) 

では、この記事のソースであるユチョンとファン・ハナの発表した文章の全文。

■ユチョンが久々に心境を吐露し、謝罪したまでは良かったのだが、花嫁ファン・ハナがSNSで騒ぎまくったもんで…

まず、ユチョンが久しぶりに心境を記したものから。

続きを読む