ええっ、李根はキイウ(キエフ)まで行ったが、命の危険を感じて引き返し、ポーランド国境で足止めくらってるだと!?

李根元大尉(37)がいったん首都キイウ(キエフ)まで行ったが、ポーランドに引き返したが、国境で足止めされているという衝撃的なニュースがあった。
●朝鮮日報

15日の週刊朝鮮の報道によると、韓国政府の消息筋は「李根はキイウへ行ったところ、命の危険を感じ、一行4人と引き返すことにし、ポーランドとの国境に来ている」と語った。ロシア軍の攻勢が続き、キイウの状況は深刻だったという。

現在、李根一行は国境付近に係留中。戦時であるうえ、李根一行は無断でウクライナに入国した。これを理由に、ポーランド当局は当面、入国を拒否していると週刊朝鮮は推定する。

米国で生まれた李根は2006年にバージニア軍事大学を卒業、07年に韓国海軍将校として任官した。 海軍特殊戦戦団(UDT)などで服務し、14年に大尉で転役した。20年YouTubeのバラエティ放送「偽物の男」に軍事教練の教官として出演し、大人気となった。 現在、李根の放送のチャンネル登録者数は78万人を超えている。

ネチズンは幻滅、一斉に李根を嘲笑し始めた。

生命の脅威を感じてポーランドに戻る? どうして行ったの? フフ
共感2533 非共感52

ポーランドにパンツランする(慌ててパンツ一丁で逃げる)途中、免税店に寄ればギャグの完成だよ。
共感908 非共感28

法も無視、政府の勧告も無視、これを誇らしげにユーチューブにアップし、みんなに「朝鮮戦争の時、我々を助けてくれた」ウクライナを助けに行くと言っておいて、恐くなったからと国境に…。…本当ならコメディです。
共感691 共感17

最初からショーだと分かってはいたけど、思ったより、すごく情けないね。
共感612 非共感17

snsしに行ったんだね。コメディだ。李根、おまえの脳に問題あり。
共感328 非共感17

戦争地域に行って、命の危険を感じた wwwwwwwwwwwwwwwwwwww じゃあ、そこに行ったら 心の平和でも得ることができるとでも思ったのか? wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
共感244 非共感4

予想が当たった。ポーランドで隠れていて、帰ってきて cf やって YouTubeで金を稼ぐ。こういう詐欺を働こうとしたが、ポーランドが受け入れてくれなくて、困っている。そもそも戦う気もなかったわけだし。
共感143 非共感1

ウクライナで銃を撃つ素敵な写真を何枚かインスタ用に撮ってこようとしたけど、実際に戦争を見たら、小便ちびった。
共感141 非共感2

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
共感102 非共感1

このYouTuberのインスタに行ってみると チーム員たちだけ撤退させ、自分は残って戦っていると書いていた。本当にコメディアンより面白いやつだ。恥ずかしい~。もう早く帰ってきて罪の償いをしなさいww
共感77 非共感4

命の危険もなく参戦してYouTubeのサムネイル写真を何枚も撮って帰ってこられると思ったのか? 事実ならコメディと大差なく、セムムル教会事件の再現だ。本人の信念のために、ユーチューブの金儲けのために、国法を犯してウクライナ僑民を失望させ、ロシア僑民を危険にさせ、国家外交に負担を与えたのだから、実に無責任なクリエーターだ。こいつらに税金を使わず、その金でウクライナに救護品を送ってあげよう。
共感73 非共感3

ユ·スンジュンのように入国禁止にしろ。
共感66 非共感1

本当に偽者だね。ww
共感58 非共感1

命をかけて行ったが、命の危険を感じて?
共感44 非共感1

wwwwこいつは戦場を銃で遊ぶ所だと思ってたみたいだね。
共感43 非共感0

難民の子供が座れる一席のスペース、一切れのパンを食べてきたってこと?
共感42 非共感1

う~ん、場所が場所だけに事実確認が困難だし、このニュースは正しいのかどうか…。鵜呑みにはできないが、本当にキイウ(キエフ)まで行ったのかも疑わしいな。ポーランドとの国境に近い西部の都市、リビウまでで足が止まったんではないか?

とにかく、命は大切だから、この際、プライドを捨て、引っ込みがつかないとか、あれこれ考えず、いったん韓国に帰って、それから、きちっと韓国民に說明し、謝罪することだな。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人?タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください