ユチョンと所属事務所代表の争いで、裁判所はユチョンに軍配を挙げる 代表は解任へ 

歌手兼俳優のパク·ユチョンと所属事務所代表との対立がもつれている。何が起きているのか? ●ソウル経済

現地の報道によると、今、精算(利益の分配)や二重契約の問題をめぐって、ユチョンと所属事務所リシエラの代表Aさんが争っている。それで、ユチョンはAさんをクビにしようと考えた。これに対し、Aさんは自分をクビにできなくするため、裁判所(ソウル東部地裁)に「代表解任決議」を禁止する仮処分申請を行った。しかし、裁判所はこれを認めなかった。

これに先立ち、ユチョンはリシエラの大株主である母親を通じて、Aさんを解任するための臨時株主総会を開催するとAさんに通知していた。

今月(12月)27日に行われた審問で、Aさんは「代表を解任し、新しい代表を立てるのは、損害賠償訴訟をなし崩しにするためだ」と主張した。

ここで言う損害賠償訴訟とは、最近、Aさんがユチョンを相手に訴えた約6億3,000万ウォン(約6000万円)の損害賠償請求訴訟のこと。ユチョンはこれに怒って、Aさんをクビにすることにしたわけだ。

Aさんは、裁判所がユチョンの放送出演および芸能活動禁止の仮処分申請を認めたにもかかわらず、ユチョンは個別活動を続けたと主張している。

少々、複雑なのだが、ユチョンの芸能活動については、2020年から24年までイェスペラという事務所が独占権を持っている。リシエラが独占的マネジメント権をイェスペラに移譲したからだ。要するに、リシエラというのは芸能事務所というよりも、ユチョンのマネージャーが法人化しただけの事実上、個人事業である。Aさんはユチョンのマネージャーで、本当の芸能事務所はイェスペラ。ユチョンはここから仕事をもらう。Aさんはイェスペラに対してはユチョンの代理人という立場だ。

しかし、ユチョンはイェスペラではなく、第三者の下で芸能活動を行った。それで、リシエラが裁判所に訴え、先月(11月)10日、ソウル中央地裁は、ユチョンの放送出演など、イェスペラの仕事以外の芸能活動を禁止する仮処分申請を認めた。

これにより、判決確定まで、ユチョンはイェスペラ以外の第三者の下での芸能活動はできなくなった。それにもかかわらず、ユチョンは勝手に、個別の芸能活動を続けているとAさんは主張している。

Aさんは、ユチョンがJYJで活動をしていた時期から一緒に活動してきた元マネジャー。ユチョンは麻薬問題などの影響から、前所属事務所のC-JESエンターテインメントとの契約が満了した後、新しい事務所、リシエロを設立し、専属契約を結んだのだった。

ユチョンとAさんとの間に亀裂が生じたのは今年8月、ユチョンが「リシエラからきちんと精算金をもらっていない」と主張し、所属事務所との葛藤を告白し、以後、独自の行動をとりはじめた。

Aさんは「20年末の年間売上は10億(約1億円)収益金はきちんと精算してきた」と反論し、「ユチョンは日本の芸能事務所と二重契約を結んだ」と、ユチョンの契約違反を主張した。

ネチズンは両者の対立をどう見ているのか?

裁判所がパクユチョンに軍配を上げたわけだ。ユチョンが大株主の会社に、長年のつきあいのマネージャーを信じて代表を任せたら、横領·背任に加え、あらゆる悪事を働き、ユチョンに告訴されて窮地に追い込まれた。それで、たった1人しかいないアーティストに対してあらゆる悪意のある脅迫をし、さらに事務所から追い出されないために解任禁止仮処分申請をした?牛が笑う(話にならない)わww
共感11 非共感2

当然の結果じゃないか!
共感10 非共感1

ユチョンが勝ったということですね。 筆頭株主のパクユチョンが勝ったのは当然の結果です。
共感9 非共感0

代表取締役にしたら、横領し、会社を私物化した。過ちを犯したら反省をしなければならない。
共感9 非共感0

ユチョンの手を上げたいう意味だよ。
共感15 非共感7

ユチョンが大株主の会社に、長年のマネージャーを代表に据えたら、横領し、デマを流してメディアプレー。棄却は当然の結果です。
共感14 非共感6

この代表という人間は、ユチョンが長年のマネージャーだということで信じて任せた。しかし、横領、背任と、悪事ばかりした。解任は当然、棄却も当然だ。
共感10 非共感2

人間の欲が災いを招く。本人の(稼ぎ)じゃないんだから、欲張らないで、代表さん。
共感8 非共感1

ネチズンは裁判所の判断を支持。Aさんが悪い、という見方が大部分だ。

これ以上、くわしいことが分からないので、なんとも言えないが、リシエラがユチョンとユチョンの家族の会社である以上、雇われ社長のAさんがゴネても限界があるだろうな。Aさんもそんなことは承知で、「損害賠償」なる名目で、事実上、手切れ金としてまとまったカネをもらいたい、ということなのだろう。

しかし…、長く連れ添ったマネージャーと、こういうかたちで仲違いするというのは…。どっちもどっちなのかもしれないが。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人?タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください