配達バイクに衝突して死なせたパク·シニョン(女子アナ32)1審で罰金刑

乗用車を運転中、オートバイと交通事故を起こし、相手ドライバーを死亡させた容疑で起訴されたパク·シニョンが1審(ソウル西部地裁)で罰金刑(1500万ウォン 約150万円)を言い渡された。●ソウル経済

パク·シンヨンは今年(2021年)5月10日午前10時28分ごろ、ソウル麻浦区上岩洞上岩小学校前の交差点で、黄色信号時に直進し、赤信号時に交差点に飛び出したオートバイと衝突、50代の配達労働者を死亡させた。

検察は「被害者側の過失もあるが、被告の速度違反と信号違反も重い」として、パク·シニョンに禁錮1年を求刑していた。

裁判所は「被告人が心から反省しており、処罰前歴がない点、遺族側と和解した点などを考慮した」として求刑量より軽い刑とした。

パク·シニョンは2014年、MBCスポーツプラスにアナウンサーとして入社し、17年、フリーとなって活動をしてきた。MBCテレビの「スポーツマガジン」、チャンネルAの時事教養番組「ドクトル·ジバゴ」、JTBCゴルフ「ライブレッスン70」、YTNサイエンス「好奇心ファクトリー」などで活躍した。

事故のもようはカメラ映像でしっかり記録されている。

先を急ぐあまり、赤信号で発進したオートバイに対して、黄色信号で早く通過してしまおうと加速した乗用車が衝突した。パク·シニョンの立場では、不運としか言いようのない事故だったのだが…。

박신영 아나운서 /사진=한경DBこの事故は、彼女にとって、一生消えないトラウマとなるたことだろう。持ち前の輝くような明るさに陰りが生じてしまわないか心配される。

ネチズンの意見を聞いてみよう。

バイクはいい加減にしろ! 無法地帯になっている。特に配達バイクは信号でも、横断歩道でも、中央線でも、無視。反対車線から急に入ってきたりして肝をつぶす。信号待機中、様子をうかがって信号違反するのは愛嬌レベル。
共感30 共感6

赤信号でスタートしたバイクの過失が90以上、当然の結果だ。
共感17 共感4

罰金刑だって?ww
共感7 共感2

お金を出せば、人が死んでもカバーされる。
共感11 共感8

人が死んだらみんな刑務所に行かなければならないという考えは、一体何なの? 小学生なの? 和解したら減刑して当然。
共感9 共感6

お互いに過失があった事故だったようだ。黄色がともったらすぐに止まりましょう。それで、大きな損をするわけじゃないから。
共感2 共感0

良心のない人たちよ、バイクの悪口を言うな。配達が遅くなると催促される。それで、狂ったように運転している。暴走族だけがバイクに乗っているわけではない。
共感2 共感1

人の値段が犬より安い。
共感1 共感0

和解金は1億ウォンくらいか。
共感1 共感0

黄色で直進したアナウンサーが赤色で交差点に入ったバイクとぶつかった… これはバイクの過ちだよ!!!! なんで賠償するんだ?
共感1 共感0

バイクによる配達は、コロナ禍で急速に拡大したビジネスなのだが、韓国の配達労働者たちは日本よりもずっと過酷な条件で働かされている。

とにかくせっかちな国民性なので、早く早く、と急かされるのだ。

50代か…。苦しまず、一瞬にしてあの世に行けたことがせめてもの幸いか。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人?タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください