矢野志保の姿に心を打たれた韓国の人々

格闘家の秋成勲(39)は、妻のモデル、矢野志保(38)とともに、韓国ではタレントとして大活躍しているのだが、特に娘のサランちゃん(2011年10月24日生まれなので、あと10日で歳)を中心とした家族の暮らしが韓国の人々の関心の的となっている。サランちゃんは元気で天真爛漫で大人気だ。

そんな一家の一大ビッグイベントを、KBS 2TV「ハッピーサンデー スーパーマンが帰ってきた」で放送し、大きな話題となった。

秋成勲が2年8カ月ぶりにリングに復帰し、激闘の末、5年ぶりの勝利した。その父を迎える妻と娘。その家族愛に韓国の人々は深く心を打たれたのだった。

●OSEN  2014-10-13 08:44
「スーパーマン」秋成勲と矢野志保、サランの家族愛
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=109&aid=0002902580

AD

 

 

ーー引用始まり

(冒頭略)

KBS 2TV「ハッピーサンデー スーパーマンが帰ってきた」が感動を与えた。

今月12日に放送されたこの番組では、守るべき家族がいるからこそ簡単に倒れることも、諦めることもできない父親の姿を描いた「この世で最も強い男、父」が放送された。特にUFC復帰戦を勝利で飾ったスーパーマンの父、秋成勲へトを祝うサラン(娘 「愛」という意味)と矢野志保の様子に視聴者たちは胸が熱くなった。

2年8カ月ぶりにリングに復帰した秋成勲の試合は、手に汗握る熱戦だったが、家族としては見ているのがつらい内容だった。スタジアムで秋成勲の試合を観戦した家族たちは大声で秋成勲の名前を連呼し、自宅で見守っていた矢野志保も「もうちょっと、もうちょっと!(頑張って)」と叫びながらも、リングの上で孤軍奮闘する夫の姿に涙を流した。そんなに家族たちの心のこもった応援を追い風に、秋成勲は勝利を勝ち取ることができた。

矢野志保とサランは試合を終えて家に帰ってくる父を待ちながら、お祝いの準備した。矢野志保は拙い韓国語で一字一字直接書いたメッセージとともにバースデイケーキをプレゼントした。「お父さん、今日は最高でした。心から尊敬します。愛しています」と書かれたスケッチブックが一枚一枚めくられると、妻と娘の愛情に、秋成勲の顔には暖かい笑顔が広がった。そして、お父さんをぎゅっと抱きしめたサランの抱擁のプレゼントに対しては、リングの上のファイター、秋成勲ではなく、父、秋成勲があった。

秋成勲の腫れ上がった顔に心を痛めた矢野志保は「そんなに負傷するまでどうして戦いたいの?」と胸にしまっていた問いを投げかけた。秋成勲は妻の痛みを理解しながらもファイターである自分の職業のことを小さな声で説明した。「おれは生まれてからずっと勝負の世界で生きてきた。おれの体はボロボロになっても喜んでくれる人がいるのは嬉しい。多くの人たちが応援してくれている。おれはひとりではない。もっと強くなりたい」とファンがいるからこそ存在するファイターの心を伝えた。

秋成勲の話に耳を傾けていた矢野志保は激闘の結果、腫れ上がった夫の顔に「成勲さんの顔を見るのはつらいです」と言って顔をそむけながら、こみ上げる感情を抑えた。自分のことを思って尽くしてくれる妻の心を知り、秋成勲は「いろいろと本当にありがとう。おれにはわがままな点もあるけど、助けてくれてありがとう」と普段、言えなかった感謝の気持ちを伝え、これに矢野志保はぐっとこらえてきた涙を流した。母の涙に驚いたサランも今にも泣き出しそうな表情で「お母さん、どうして泣いているの?」と言いながら、ワアビのような手で母親の涙を拭いてあげた。

これまでは無愛想だった秋成勲も、玄関で出迎えてくれた矢野志保を黙って暖かく抱いた。そして互いの背中をなでる秋成勲と矢野志保の抱擁は、どんな言葉よりも饒舌な「沈黙の愛し方」を見せてくれた。

家族にとって堂々とした強い家長になるために困難な道を進む秋成勲、そのような夫を見ているだけでも胸が痛むけど、彼の心をよく理解し、静かに耐える矢野志保、互いに対する理解と配慮、感謝の思いが一つになった秋成勲と矢野志保の暖かい抱擁は、視聴者たちに家族の意味をあらためて考えさせるものだった。

ーー引用終わり

この番組を見た韓国ネットユーザーからは、感動と称賛のコメントが並んだ。

秋成勲、ほんとかっこいい。矢野志保もほんとにすばらしい。すごく感動した。
2014.10.13 午前 8:52 共感 52 非共感 1

いっしょに泣いた。すばらしい家族に何も言えない。
2014.10.13 午前 8:57 共感 40 非共感 0

言葉のいらない、感動そのものでした。われ知らず涙があふれました。
2014.10.13 午前 8:53 共感 39 非共感 1

矢野志保は本当に最高の女性であり妻であり母です。羨望の的、応援しています。
2014.10.13 午前 8:52 共感 36 非共感 0

矢野志保とサランの幸せがあふれる秋一家に憧れ、応援します。
2014.10.13 午前 9:01 共感 32 非共感 0

秋成勲は日本の女性芸能人たちに大人気だった魅力十分な人ですね。矢野志保はトップモデルであることを忘れさせるほど良い妻であり母のよう。サランの魅力は言うまでもなく^^ 家族みんなを応援しています♥♥
2014.10.13 午前 9:29 共感 29 非共感 0

日本映画を見ているようだった。夫があの(腫れ上がった)顔になって家に帰ってきたら、泣くと思う。負けていたら悲惨だった。勝てて本当に良かった。おめでとうございます。
2014.10.13 午前 9:50 共感 26 非共感 0

矢野志保の場合、日本女性が韓国の男と結婚して、夫を心から愛し、一生懸命、けなげに支えている、ということが、韓国の人々に大きな好感と、そして「快感」をもって受け止められているのである。

前の記事で書いたジヨン(知英)が「ゆきめ」の演技で「不快感」を呼び起こしたのとはまったく対照的だ。

■ジヨン(知英)に向けられる冷たい眼差し
http://seouljinseigekijo.com/?p=108

また、秋成勲は在日、矢野志保は日本人なので、生粋の韓国人同士の夫婦とは、感情の表し方やしぐさなどが少し異なっていて、そういう点もまた新鮮な印象を与え、韓国の人々の好奇心を刺激しているのだろう。

最後のコメントの「日本映画を見ているようだった」という言葉がそれを端的に示している。

思うに、今、韓国で最も人気があり、日本のイメージアップに貢献している日本人は、まちがいなくこの矢野志保だろう。

もちろん本業のモデルとしても活躍している。

それにしても、矢野志保とジヨン(知英)で、180度変わる韓国の人々の様子を見ていると、すごくはっきりしていて分かりやすいのだが、もうちょっとその揺れ幅を小さくしてもいいのではないかと思うのだが、それは私だけだろうか…。

 ↓矢野志保が自宅でテレビ観戦。涙を流しながら、秋成勲を応援している様子。競技場で応援している2人の女性は右が秋成勲の母、左が秋成勲の妹。

https://www.youtube.com/watch?v=Z7vSzW3QkEY

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。