ユチョン性的暴行事件 女性たち「接待女性の立場ながら、最大限、抵抗しようとした」

きのう(20日)江南警察は、最後に残っていた2人目の告訴人Bさんの陳述を取り、ユチョンを告訴した4人全員の最初の調査を終えた。女性たちは「客をもてなす接待女性として、限界はあったものの、最大限、抵抗しようとしたと口をそろえた。

●YTN 2016.06.21 午前5:03
[単独] 「ユチョンはトイレから出られないようにした」…被害者の陳述確保

AD

性的暴行事件のポイントは「強制性」なのだが、女性たちは、「パクさんは制圧する際、トイレのドアの取っ手をつかんで出られないようにした」と話し、「パクさんは両手で自分の肩をつかんで押して膝を折らせ、強制的に座らせたと話した人もいて、警察は彼女たちの陳述は具体的で一貫しており共通点も多いと見ているという。

そして、きょう(21日)、カン・シンミョン警察庁長官が記者会見し、「パク・ユチョン氏の性的暴行容疑や、彼をめぐるさまざまな疑惑について、すべて徹底的に捜査する」と明らかにした。

カン庁長はまた「国民の関心がきわめて高い事件で、性的暴行の告訴と告訴の取り下げ、誣告、恐喝など、さまざまな行為が重なっている。特に芸能人は公人に準ずる身分なので、厳重に捜査して、結果を国民に知らせるようにする」とし、「単純な性的暴行事件ではなく、有名芸能人の事件で、性的暴行のほかに誣告や売春の有無、(Aさんの件では)合意過程で不当な条件がなかったか、恐喝的行為があったかどうかなどを包括的かつ全面的に捜査する必要がある」と語った。
●聯合ニュース 2016.06.21 午後12:03
警察庁長「ユチョン事件は包括的・全面的な捜査が必要」

最初に告訴した(その後、告訴を取り下げた)Aさん(と彼女の男友達とその知人男性)を恐喝と誣告の容疑で逆告訴したユチョン側の主張によると、Aさん側は事件のあった4日から3日後に連絡してきて「性的暴行を受け、恥ずかしくて、もう韓国では暮らせないので、中国で暮らすことにする」と言いながら被害補償として10億ウォン(1億円)を要求したという。

●チャンネルA  2016-06-20 19:26
[単独]ユチョン側「10億出せと恐喝」逆告訴

Aさん側で交渉の中心となったのは、男友達の知人で、暴力団出身の人物だった。彼は後にユチョン側に対し、要求額を「5億ウォンまで下げることもできる」としたが、ユチョン側が10日、これを拒否し、それに応じてAさん側は告訴に踏みきった。

それからわずか4日、14日深夜、Aさんは告訴を取り下げた。告訴を取り下げた理由は、ユチョン側が金を払ったからではないかという憶測を呼んでいるが、その可能性は、つまりユチョン側が金を払った可能性は、さほど高くないようにも見える。

というのは、男友達の知人の暴力団出身者が、その金をことを知らず、この人物もまた自分が知らぬところでAさんと男友達がユチョン側から金を受け取ったのではないか、と疑っているからだ。

貿易の仕事をしているという男友達は29歳、知人の暴力団出身者は34歳、ユチョン側との交渉を主導したのは知人のほうだった。

●朝鮮日報 2016.06.21 午前3:05
「パク・ユチョン/トイレ・スキャンダル」の背後にチラつく組織暴力団の影

Aさんと男友達は20日、朝鮮日報の電話取材に、「告訴を取り消した直後、 一緒に事件の相談をしていたファンさん(知人の暴力団出身者)が、和解したのではないか(金をもらったのではないか)と何度も電話してきて困った。最初は(ユチョンに)腹が立って告訴したけど、当時の状況をAさんによく確かめたところ (ユチョンさんには) 強制性はなかったと考えて、告訴を取り下げただけ。和解金はもらっていないし、もらうつもりもなかったと話したとのこと。

男友達のこの口ぶりからするに、最初は、知人のファンの力を借りて、ユチョン側から性的暴行を口実に金を引き出そうとしたが、告訴後のマスコミの大騒動に驚くなどして、腰砕けした、というふうにも推測できる。

警察は「和解金の噂の真偽を確かめるために、Aさんと周辺の人たちの金融取引の内訳を調べる」としているのだが…。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


ユチョン性的暴行事件 女性たち「接待女性の立場ながら、最大限、抵抗しようとした」” への1件のコメント

  1. ピンバック: ユチョンの事件を受けて、芸能事務所が所属スターに命じた3つの禁止令 | ソウル人生劇場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。