シン・ヘチョルの死因、医療事故の可能性が高まる

さきほど聯合が続報で、国立科学捜査研究院の所見として、はっきりと医療事故の可能性を示す内容を発表したことを伝えたので、ここでも紹介する。

●聯合ニュース 2014-11-03 17:18
国科捜「シン・ヘチョル、腹腔内の癒着手術の過程で心囊に穿孔」(総合)

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=106&oid=001&aid=0007225846

AD

 

 

ーー引用始まり

故シン・ヘチョルさんの解剖を実施した国立科学捜査研究院は3日、「シンさんを死に至らせた穿孔は腹腔内の癒着を緩和するための手術をした時、またはそれと関連して発生したと判断される」と明らかにした。

国科捜はまた、シンさんが生前に、胃の容積を減らす手術を受けており、穿孔はこの手術部位と隣接して発生したと説明した。

チェ・ヨンシク/ソウル科学捜査研究所長は同日午後、国科捜ソウル分院で1次剖検結果のブリーフィングを行い、穿孔が生まれる原因は主に外傷、疾病などが多いが、シンさんの場合は、胃の容積縮小手術の部位と隣接して発生し、解剖所見上、心囊内に胡麻のような食べ物の異物が発見された」とし「医因性損傷の可能性が優先的に考慮されなければならないだろう」と話した。

ーー引用終わり

これで、手術を担当したスカイ病院による医療事故として処理される可能性がかなり高くなった。

このニュースに、今、一番支持されているネチズンの声は、これ。

故人の遺体を傷つけることになるので躊躇っていたご遺族を説得して火葬を中止し、剖検に付すよう努力してくださったイ・スンチョル、ユン・ジョンシン、サイ、ナムグン・ヨン、ユ・ヒヨル、ユン・ドヒョン様ら同僚歌手の方々に本当に感謝いたします。シン・ヘチョル様の20年来のファンとして心から感謝します。本当に感謝いたします。
2014.11.03 午後 5:23  共感 2665 非共感 92

シン・ヘチョルの剖検は焼かれる寸前で決まった。

10月31日、イ・スンチョルやナムグン・ヨンら芸能人仲間たちが、ぎりぎりで遺族の説得に成功、ソウル追悼公園の火葬場でブリーフィングを行い、火葬を中止し、剖検に付す、と発表したのだった。

★お手数ですが、いつものポチッを、よろしくです。

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。