ダヒ、7回目の反省文提出

ダヒがきょう(11月1日)、また反省文を提出した。
10月17日、21日、22日、24日、28日、29日に続いて、7回目だ。

●日刊スポーツ 2014-11-01 15:47
イ・ビョンホンを脅迫したダヒ、7回目の反省文提出
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=106&oid=241&aid=0002274574

AD

 

日刊スポーツのこの記事によると、「反省文にどんな内容が記されているかは確認できていない。おそらく、今回の事件について善処を訴えていると推測される」とのこと。

イ・ジヨンも10月29日に反省文を提出したという。

この記事も大きな反響を呼んでいる。

取りあえず、支持の多いのから、3つ、ネチズンのコメントを紹介しよう。

反省文を1回提出しても、10回でも、100回でも関係ない。最も悪いやつはイ・ビョンホン。反省文を提出するたびに記事になるけど、「当惑している」と言いながら、マスコミを操作するのはやめて。(悪いのは反省文を出している女たちで、自分ではない、という印象を大衆に植え付けようとしているイ・ビョンホン側に対して「マスコミを操作するのはやめて」と言っている) ダヒが反省文を出し続けているのは、実家が貧しく、少女家長として(少女でありながら「家長」として)生きてきたので、生計問題のため、最大限、罪を軽くしてほしいと、裁判所にお願いしているのであって、あなた(イ・ビョンホン)に反省文を書いているのではない。女は、男がきっかけを作ったという事実だけで、傷つき、狂うもの。愚かだわ。イ・ミンジョンは「かまわない」と言っているとしても、内心はそうではないはず。どんな女でも夫が24歳の若い娘とつきあっていたなら、理由を問わず、男に裏切られたと思うのは言うまでもないこと。
2014.11.01 午後 3:56 共感 14821 非共感 2828

ほんとうに反省文を書かなければならないやつは、ほかにいるのに。
2014.11.01 午後 3:56 共感 11298 非共感 965

正直いって、イ・ビョンホンにも過ちがなかったわけではないのに、被害者だということを強調するために、若い女たちを死地に追い込んでいる感じ。
2014.11.01 午後 3:56 共感11043 非共感963

相変わらず、イ・ビョンホンに対して厳しい意見が多い。

トップにきているコメントには支持も多いが、意外と不支持も多いということが、日本とはだいぶ違う韓国での女性の位置を知るうえで、興味深いということはあるが…。

ダヒは、いても立ってもいられない心境なのだろう。

自分だけではなく、家族の将来のことを考えると、まさに絶望のみ…。

心やさしい国選弁護士も、その境遇を憐れんで、少しでも効果があればということで、せっせと、反省文を書かせて、裁判所に持って行き続けているのだろう。

ダヒも、才能があった(らしい)のになあ。この記事から一部抜粋する。

●韓国経済TV  2014-09-02 18:36
イ・ビョンホンを脅迫したダヒ、過去に出演した「モンスター」を見たら、
こんなに純粋な少女が?
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=215&aid=0000162613

――引用始まり

ダヒが所属していたグループ、GLAMは2012年、シングル「Party(XXO)」でデビュー、パワフルなパフォーマンスで実力を認められた。2013年、シングル「I Like That」「鏡の前で」などで活発に活動し、今年2月、「Give It 2 U」を発表した。

特にダヒは昨年(2013年)6月、tvNのドラマ「モンスター」で高校一陣(不良グループ)のキム・ナナ役で、ガールズグループとは思えない安定した演技力で好評を得た。また同作での劇中、チョ・グァンウの「沼」を熱唱、片思いのつらさを最高潮に引き上げ、嗚咽(おえつ)する姿を演じて話題を集めた。

――引用終わり

この文章から想像するだけだが、才能もあり、一生懸命、仕事をしていたようである。

「少女家長」として、まるで一時代前の日本や韓国などの貧しい家の出の少年がボクシングで世界チャンピオンを夢見て頑張ったような、そういう10代後半を生きて、今は拘置所の中。目の前に途轍もなく大きく重いシャッターが降りてしまったような気分なのではないか。

★あなたのクリックが、私に力を与えてくれます。

韓国ブログランキングへ

もう芸能界での将来は閉ざされた、といっていいだろう。

残るは、事務所にした借金3億ウォン(約3000万円)のみ。

どうするのかねえ…、今後。

「現代の慰安婦」とか言われてるじゃないですか、「遠征売春」、そんな言葉も、ぼくの脳裏にはチラつくのですが…。


ダヒ、7回目の反省文提出” への2件のコメント

  1. やっぱり何度考えても若い女の子が気の毒で…自業自得なんですけどね。
    ずっと何年も苦労してようやく
    築き上げた今のステイタスも地に落ちたし、やり直しは不可能に近いですよね。
    イ某氏の言い分もあるけど、悪しき慣習なんだろうけど、男と女の罪と罰。
    もっと問題の本質は根深くて複雑なんでしょうね。

    • >悪しき慣習なんだろうけど、男と女の罪と罰。

      まずは地裁で、どのくらいの判決…、いや、その前に検察が2人にどのくらいの求刑をするか、に注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。