苦境のイ・ビョンホン、年末公開予定の「内部者たち」が最後のチャンスか?

「侠女」の興行惨敗に、韓国映画界関係者は大きなショックを受けており、特に、俳優イ・ビョンホンの将来を危ぶむ声が出始めた。

●デイリーアン 2015.08.25午前10:00
「侠女」の興行失敗で四面楚歌に追い込まれたイ・ビョンホン
http://entertain.naver.com/read?oid=119&aid=0002091833

AD

 

ーー引用始まり

「イ・ビョンホンの演技だけは歴代最高だった」

映画「侠女 刀の記憶」への評価だ。イ・ビョンホンは映画「侠女」にたくさんの借りを作っていた。100億ウォンを超える製作費が投じられた大作で、イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、キム・ゴウンという幻想のラインアップを組んだ映画「侠女」。最高の話題作だったのだが、イ・ビョンホンの50億ウォン脅迫事件の影響で、予定されていた時点での公開が見送られ、公開のタイミングに悩んだ末、今月(8月)13日に公開された。

このような事情のため、米国での映画撮影スケジュールの合間をぬって、韓国に帰って製作報告会に出席したイ・ビョンホンは、「一緒に映画を作った多くのスタッフや関係者に申し訳ないという思いを伝えるのが私の責任だ。いかなる非難も私一人で耐えなければならないと思う。私のために彼らの苦労が無駄にならないことを願うだけだ」と話したのだった。

しかし、興行成績があまりにも良くない。20日基準で累積観客数はわずか39万9583人。 この時点でなら100万でも厳しい評価となる。損益分岐点が350万ということを踏まえると、莫大な興行失敗だ。最近は独立映画や芸術映画、ドキュメンタリー映画などを総称する「多様性映画」でも観客数が50万、100万を超えるケースがしばしばあり、300万、400万に達することもある。

低予算映画でもこのような興行成績を記録している中、100億ウォン以上の製作費が投じられたブロックバスター(大作)「侠女」の興行成績は良くないというレベルを越えて、悲惨なほどだ。

だが、イ・ビョンホンの演技は最高だった。低調な興行成績をイ・ビョンホンのせいとするには、やはり無理がある。イ・ビョンホンのために公開日程が後延期されたが、延期されずに、予定通りに公開していたなら、興行成績はもっと良かっただろうか? 映画関係者たちはそうではなかっただろう、と口をそろえ、観客の反応も同様だ。

50億ウォン脅迫事件以降、悪化したイ・ビョンホンのイメージが、ある程度、影響を及ぼした可能性はあるが、映画の全体的な問題により興行成績が振るわないと見るのが妥当と考えられる。

イ・ビョンホン個人にとっては「侠女」の興行失敗は非常に痛い。もちろん、最近、イ・ビョンホンの主要活動舞台は韓国映画界ではなく米国ハリウッドだ。 現在も、米国で映画を撮影中であり、次の作品も決まっている。しかし、イ・ビョンホンのベースキャンプは韓国映画界だ。イ・ビョンホンはまだ、ハリウッドでは助演級のキャラクターをこなしているレベルだ。

一方、韓国では韓国映画界を代表する主演級俳優だ。イ・ビョンホンが2012年以降に公開したり、撮影中の作品としては「光海 王になった男」「レッド ザ・レジェンド」「G.I.ジョー2」「ターミネーター5 ジェニシス」「侠女 刀の記憶」「荒野の七人」「ビヨンドディシトゥ」がある。

このうち韓国映画である「光海」「侠女」ではイ・ビョンホンは主演だったが、残りのハリウッド映画ではいずれも脇役だった。「G.I.ジョー2」では主演級と見てもいいほど比重が大きかったが、興行成績はあまり良くなかった。

結果的に、イ・ビョンホンは今、韓国映画界を捨てて米国ハリウッドに集中できる状況ではない。ややもすると、韓国を代表する主演級俳優が韓国映画界を離れ、米国ハリウッドで東洋人の悪役キャラクターを演じ続ける脇役俳優に満足しなければならなくなるおそれもある。

基本的に、韓国映画界を基盤に良い韓国映画に出演し、自分の存在感を維持し、ハリウッドに挑戦し続ければさらに大きな成功も可能だ、と映画関係者たちは口をそろえる。

50億ウォン脅迫事件によって、被害者であるにもかかわらず、イメージに致命的なダメージを受けたイ・ビョンホンには、もう一度、韓国映画界に安着する原動力が必要だった。 「ターミネーター5 ジェニシス」と「侠女」がその役割を果たしてくれるだろうという期待は大きかった。人気シリーズ「ターミネーター5 ジェニシス」は着実な興行成功が期待され、「侠女」は大成功の可能性もあると予想されていた。

実際、「ターミネーター5 ジェニシス」は累積観客数324万279人で、期待値は達成した。この勢いに乗って「侠女」も成功し、イ・ビョンホンの韓国映画界への軟着陸を支えてくれるという期待が大きかった。しかし興行に惨敗し、イ・ビョンホンの韓国映画界への軟着陸は少なくとも現時点では失敗した。 

「侠女」が公開される前まで、ある程度、雰囲気作りが行われていた。 今年初めにイ・ビョンホン脅迫事件はすべて終わった。公判が続いていた時期、イ・ビョンホンは被害者の立場でありながら、むしろ、何度もダメージに打撃を受けた。裁判がすべて終了し、イ・ビョンホンは脅迫事件の影から抜け出すことができた。

そして今年3月に妻イ・ミンジョンが息子を出産した。50億ウォン脅迫事件が浮上し、夫婦の不和説まで取りざたされたが、イ・ミンジョンの出産で、不和説をある程度解消した。世間の関心も、50億ウォン脅迫事件から、イ・ビョンホンとイ・ミンジョンに似たスター2世へと自然に移っていった。

「ターミネーター5 ジェニシス」も良かった。 予想よりはイ・ビョンホンの比重はあまり大きくなかったが、観客に強烈な印象を残すには十分だった。 そのようにスムーズにイ・ビョンホンは再びスクリーンを通じて韓国の観客たちに会った。

そして、反転攻勢のポイントになるとして期待が集中した「侠女」が公開された。が、興行成績は残酷ともいえるレベルだ。1200万観客動員の神話を生んだ「光海」ほどの大成功ではなくても、損益分岐点の350万人をクリアしたら、イ・ビョンホンは韓国映画界に軟着陸できたはずだ。しかし、状況は厳しい。

だが、まだチャンスは残っている。「侠女」と同じく昨年、撮影を終えたものの、まだ公開していないイ・ビョンホン出演の韓国映画が1本残っている。今年の年末公開を目標に最近、ポストプロダクションが終了したとされる「内部者たち」だ。

チョ・スンウ、ベク・ユンシクというしっかりした俳優たちと共演した「内部者たち」でイ・ビョンホンは非常に強烈なキャラクターを演じたと伝えられている。映画関係者の間で完成度の高い秀作という見方が出ているうえ、ネチズンも、原作のウェブトゥーン「内部者たち」(ユン・テホ作)により大きな期待を示している。

「内部者たち」が興行に成功したなら、ある程度、イ・ビョンホンは韓国映画界に軟着陸すると見られる。したがって、年末公開予定の「内部者たち」の興行が成功するかどうかに次の関心が集中するだろう。現在、イ・ビョンホンは米国で「荒野の七人」を撮影中で、9月初めにすべての撮影が終わる予定だ。先に撮影した映画「ビヨンドディシトゥ」は現在、公開に向けて準備中だ。

ある映画会社関係者は「最近の雰囲気だと、映画製作会社はイ・ビョンホンをキャスティングすること自体を恐れざるをえず、彼が出演したハリウッド映画の国内配給も簡単ではない」とし、『内部者たち』が観客の良い反応を得て、ある程度、イ・ビョンホンのイメージが改善されたなら、イ・ビョンホンは再び韓国映画界でキャスティング1順位の俳優になるだろう。実際、これほど演技が上手で存在感のある40代の俳優はあまりいないからだ」と話した。

ーー引用終わり

多くの欠点が指摘されている大作映画「侠女」にあって、イ・ビョホンの演技だけはすばらしかった。これは、映画関係者もネチズンもみんなが認めていること。

歴史的ともいえるほどの興行惨敗となった理由としては、主として「映画の全体的な問題」により、映画自体が失敗作で観客をひきつける魅力がない、ということがあり、もうひとつ、やはりイ・ビョンホンへの大衆の強い拒否感がある、そう見るべきではないだろうか…。

おそらく年末に公開されるという「内部者たち」でも、イ・ビョンホンの演技は光っていると思う。

問題は俳優としての能力や能力を発揮した成果ではなく、やはり、失墜したイメージと大衆の反感。これをなんとかしないと「韓国映画界への軟着陸」は難しい。

へたに動くと藪蛇(やぶへび)になる。が、何にもしないでは、道は開けない。

「韓国映画界を基盤に良い韓国映画に出演し、自分の存在感を維持し、ハリウッドに挑戦し続ければさらに大きな成功も可能だ」

この言葉の通りだと思う。韓国映画界で主演俳優として活動を再開できなければ、ハリウッドのほうもじり貧になり、「ハリウッドで、東洋人の悪役キャラクターを演じ続ける脇役俳優に満足しなければならなくなる」ということになりかねない。

「侠女」の結果は、ハリウッド関係者の耳にも入っているだろうし…。

イ・ビョンホンにとっては、今が、まさに正念場だ。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


苦境のイ・ビョンホン、年末公開予定の「内部者たち」が最後のチャンスか?” への1件のコメント

  1. ピンバック: 「侠女」の興行失敗にイ・ビョンホンの事件は影響したのか? 大成功だった「光海」との比較も | ソウル人生劇場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。