イ・ビョンホン 「ターミネーター5」のLAプレミアイベントに出席

イ・ビョンホンがハリウッド映画「ターミネーター5 ジェニシス」のLAプレミアイベントに出席したのだが、写真を見た人たちの間から、心配する声が上がっている。

●SBS 2015-06-30 15:58
これ、イ・ビョンホンなの? やつれた顔に伸びたアゴひげ「なんてこと?」
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=004&oid=375&aid=0000191973

AD

 

 

ーー引用始まり

「ターミネーター」側は、公式インスタグラムを通じて28日(現地時間)、米国ハリウッド&ハイランド一帯で開かれたLAプレミアイベント写真を公開した。

写真の中のイ・ビョンホンは映画の主役のアーノルド・シュワルツェネッガー、エミリア・クラーク、ジェイ・コートニー、ジェイソン・クラークなどとともに肩をしている。 顔を覆ったひげなど、以前に比べ、やつれた姿が目を引く。

ーー引用終わり

黒いスーツを着こなしたイ・ビョンホン、ネクタイをゆるく締めて、ちょい悪風の演出なのだが、たしかに、目が泳いでいるというかな、どこか、虚ろで、元気がない感じだ。

こっちの日本語の記事のほうでは、「公開された写真ではアーノルド・シュワルツェネッガー、ジェイソン・クラーク、エミリア・クラーク、ジェイ・コートニーと並んで、「ターミネーター5」のポスターの前でポーズをとっている。やや緊張したようなイ・ビョンホンの表情が注目を浴びた」となっているのだが。

●Kスタイル
「ターミネーター5」イ・ビョンホン、アーノルド・シュワルツェネッガー&ジェイソン・クラークと米イベントに登場
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2023534&categoryCode=MV

緊張してるかなあ…。

こっちのジェイ・コートニーとの2ショットのほうが、写真が大きくて、この時の感じがよくわかるかも。

●スポーツ京郷 2015.06.30 午前0:00
「ターミネーター5」LAプレミアにイ・ビョンホン出席、国内イベントにはいつ?
http://entertain.naver.com/read?oid=144&aid=0000346332

まあ、「やつれている」とか、そんなに心配するほどのことはないだろう。

「荒野の七人」の撮影中だから、こういうルックスなんだろう、疲労もあるだろうし…。ただ、やはり、ちょっとさびしげではあるな。

身体が小さいこともあって、少し同情を誘う。

ジェイ・コートニー(1986年3月15日生まれ、29歳 豪州出身 185cm)は少しかがんで、顔の位置をビョンホンに近づけているのだが、それでもだいぶ身長差がある。

SBSの記事の5人で映っている写真では、3人のアメリカ人の男は同じくらいの大きさだが、ビョンホンだけが小さくて、3人の白人男と真ん中のエミリア・クラークの中間くらいのサイズだね。

高さだけではなく、幅や厚みもだいぶ劣る。
イ・ビョンホンは公称177㎝だが、実際は、もうちょっと小さいかもね。

その点、渡辺謙(184㎝)は恵まれているよなあ。体格的にというか、それだけじゃなくて、存在感の面で、アメリカ人にひけをとらない。

で、ビョンホンだが、こうやってスナップショットで見ると、小さくて、ややもすれば貧相にも見えるのだが、映画の中では「圧倒的な存在感」を示しているという。

実際に、どの程度の存在感を出しているかは、映画を見て確認してみようと思うが、おそらく、きちっと存在感を発揮しているのだろうな、プロの演出家が合格点を出すくらいには。

だからこそ、ハリウッドで貴重な東洋人俳優として起用され続けている。

それにしても、集合写真で、5人の並び方がおもしろいね。

紅一点のエミリア・クラークが真ん中というのは定石として、親分(アーノルド・シュワルツェネッガー)は自分の隣りにビョンホンを呼んだんだな。

韓国人でありながら、この後の韓国での広報イベントには出ないイ・ビョンホン。

「おまえの気持ちはわかっとる。何も言うな。おれが向こうでの広報をしっかりやってくるからな」

この時、さびしそうにしているビョンホンに、こんなふうにささやいたのかもしれない。

あ、思い出した! 御大ご自身も、昔、女中さんかだれかと、なんかあったんではなかったですか?

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。