イ・ヒョリ「済州島の今の自宅に住み続ける」(公式立場)

イ・ヒョリが今住んでいる自宅から出て、済州島内の別の邑に新居を設けるというさきほどの日刊スポーツの記事は、報道からわずか3時間後、事実ではないことが確認された。

●日刊スポーツ 2015.06.26午前9:17
イ・ヒョリ「この家から出ない。ここに住み続ける」
http://entertain.naver.com/read?oid=241&aid=0002426582
↑問題の自宅の門の部分の写真があります

AD

 

 

ーー引用始まり

イ・ヒョリ(36)が済州島の住宅を明け渡さないことが明らかになった。

イ・ヒョリのマネジメントを担当する関係者が26日、日刊スポーツに「イ・ヒョリは済州島の住宅を出ない。これからもずっとそこで暮らす予定だ」と話した。

ーー引用終わり

となると、先の記事で日刊スポーツが引用した女性中央7月号の記事は何だったんだろう? 女性中央ほどの大手誌が本人に確認もせず、こんな記事を書くのだろうか?

しかし、記事に付された写真を見ると、監視カメラや警報音を鳴らすためのセンサーなど、セキュリティシステムが確認できる。

この「訂正記事」に、ネチズンは?

他人の家のインターフォンをなんで押すんだ、未開な人間たちめ。
2015.06.26 午前 10:14 共感 5644 非共感 81

自分で建てた家なんだから、出たくないでしょう。だんだん(迷惑な観光客も)来なくなるでしょう。インターフォンをなくして、警備員をひとり雇ったら?
2015.06.26 午前 9:21 共感 4031 非共感 78

引っ越したって、さほど事情は変わらないと思う。
2015.06.26 午前 9:20 共感 2616 非共感 42

インターフォンをなくしたらいいと思う。少なくとも当面は。
2015.06.26 午前 9:23 共感 2205 非共感 37

芸能人の心配をすることほど無駄なものはない。
2015.06.26 午前 10:14 共感 1880 非共感 148

イ・ヒョリがこの家に住み続けるか、出ていくか、それはどっちでも、本人が決めればいいことで、やはり問題は「迷惑な観光客」。この点は変わらない。

女性中央7月号の記事や、今回の一連の騒ぎで、私生活侵害の問題が好転すればいいのだが…、悪化するおそれもなきにしもあらず。

引っ越したって、さほど事情は変わらないと思う

このネチズンの声が一番、的確か?

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。