SBS「ハイド・ジキル、私」vs.MBC「キルミー、ヒールミー」

ドラマのライバル対決というと、個人的には、先日、終わったSBS「美女の誕生」とMBC「伝説の魔女」の闘い(結果は「伝説の魔女」の圧勝)の余韻が残っている状態なのだが、最近、また注目のドラマ対決が始まった。

SBS「ハイド・ジキル、私」とMBC「キルミー、ヒールミー」(kill me,Heal me)だ。

どちらも週2回、水木の午後10時から放送されている。

AD

 

 

「美女の誕生」と「伝説の魔女」は、どちらもひどい仕打ちにあって悔しい思いをした女性の復讐劇という点で似た設定だったが、この「ハイド・ジキル、私」と「キルミー、ヒールミー」はさらに似ている。

どちらも、解離性同一性障害(二重または多重人格)の男性と恋をする女性のラブコメディ。

SBSの「ハイド・ジキル、私」と「美女の誕生」は、主役を務める俳優のブランク後のドラマ復帰作として、大きな注目を集めたという共通点もある。ヒョンビンの「ハイド・ジキル、私」は兵役を終えての復帰作で、ハン・イェスルの「美女の誕生」は撮影現場からの逃亡事件後の自粛期間を経ての復帰作だった。

ハン・イェスルの逃亡事件については、こちらを参照。
■ハン・イェスル逃亡事件
http://seouljinseigekijo.com/?p=584

さて、SBS「ハイド・ジキル、私」とMBC「キルミー、ヒールミー」の序盤、ここまでの視聴率の推移はこうなっている。(ニールセンコリアの集計)

「ハイド・ジキル、私」
1話(0121) 8.6%
2話(0122)  8.0%

「キルミー、ヒールミー」
1話(0107) 9.2%
2話(0108) 8.9%
3話(0114) 10.3%
4話(0115) 9.4%
5話(0121) 9.5%
6話(0122) 9.9%

立ち上がりは、「キルミー、ヒールミー」が少し優勢だ。
さて、これからどうなっていくか…。

それから、この2作品では、すでに、ちょっとした「神経戦」が繰り広げられた。

「ハイド・ジキル、私」の原作者が、「キルミー、ヒールミー」側に「けん制球」を投げたのだ。

●日刊スポーツ 2015-01-25 10:03
「ハイド・ジキル、私」の原作者イ・チュンホ 立場の表明後、ツイッターのアカウントを削除
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=241&aid=0002325443

ーー引用始まり

「ハイド・ジキル、私」の原作者イ・チュンホ が突然、ツイッターのアカウントを削除した。

(略)

わずか2日前まで、議論になっている「キルミー、ヒールミー」と「ハイド・ジキル、私」に関して公式的な立場を発表し、活発に動いていたのとは異なる行動だ。

この作家は23日、自分のSNSに、「ジキル博士はハイドさん」とドラマ「ジキル・ハイド、私」は結果的に相当部分、異なる話になったが、「ジキル・ハイド、私」側は私の作品とアイデアを使用するために適当な対価を支払った。ハリウッドでも作品を作りながら少しでも既存の他の作品への侵害の余地があるときは、アイデアや設定などの使用にあたって正当な代価を支払い、権利を確保した上で制作することが慣例となっているという。

このようにアイデアの使用に正当な対価を支払う人もいる一方で、アイディアを適当に変えて無賃乗車する人もいる。(こういう「無賃乗車」ができるなら)今後、誰が正当な対価を支払ってドラマや映画を作るだろうか」と記した。

これに対し、「キルミー、ヒールミー」の制作会社側は、盗作でもないのに、どうして対価を支払わなければならないのかと反論した。SBS側も同様。この作家の個人的な文章は、どういう意図で書かれたものなのか、私たちには分からないと突き放した。

ーー引用終わり

たしかにこの2作品の設定には近いものはあるが、ストーリー展開など、まったく違うようなので、この作家の主張はやや強引かな、という気はする。実際、韓国の大衆からもそういう声が多く、結局、作家はツイッターのアカウントを削除して、とりあえず「議論」からは離れたもようだ。

ちょっとドロドロした話をしてしまったので、最後に「お口直し」というか、目の保養に、こちらをどうぞ。

24日、「ハイド・ジキル、私」でヒョンビンの相方、チャン・ハナ役を演じているハン・ジミンが、フェイスブックで「アナカプリ2015年春夏シーズン画報」として公開した3枚の写真です。

●TVレポート 2015-01-24 15:03
ハン・ジミン、グラビアで挑発の表情
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=106&oid=213&aid=0000621728

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


SBS「ハイド・ジキル、私」vs.MBC「キルミー、ヒールミー」” への1件のコメント

  1. ピンバック: SBSドラマの低迷、原因は? ネチズンの声を聞く | ソウル人生劇場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。