ハン・イェスル「美女の誕生」終わる。最終21話は7.2%

ハン・イェスルのSBS週末ドラマ「美女の誕生」が終わった。

視聴率は、20話(10日放送)が6.5%、21話(11日放送)が7.2%と少し上昇した。
ちなみにMBC「伝説の魔女」は23話(10日放送)が25.9%、24話(11日放送)では27%ちょうどと、ついに27台にのせてきた。
数字では、惨敗に近い完敗、というところか。

●ファイナンシャルニュース  2015-01-12 11:31
「美女の誕生」ハン・イェスル、終了後、愛嬌たっぷりで感想
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=014&aid=0003342519

AD

 

 

ーー引用始まり

「美女の誕生」のハン・イェスルが放送終了後の感想を伝えた。

12日、SBS週末ドラマ「美女の誕生」を通じて、個性で抜群の美貌と安定した演技力、そして高い話題性と大きな存在感を発揮したハン・イェスルが、名残惜しい気持ちを込めて感想を語った映像を所属事務所キーイーストが公開し、関心を集めている。


ハッピーエンドで終わった「美女の誕生」で、愛らしい女性と進撃根性のあるおばさんを巧みに演じ、この二重の魅力でドラマの大黒柱だったハン・イェスルは、これまで、応援してくれた視聴者に感謝の気持ちを伝えた。

ハン・イェスルは今回のドラマを通じて「モクバン・クイーン」(食べるシーンの女王)「美貌クイーン」「スタイル・クイーン」と、さまざまな修飾語で、毎回熱い関心を集め、真のラブコメディ・クイーンとしての名声を立証した。 突拍子もないことをやらかしたり、溌剌としていたり、温かくて愛らしい姿で見る人の心をつかんだりしながら、劇中では、夫に裏切られた女性の深い傷と復讐、そして自分の人生を取り戻していく過程を、喜怒哀楽豊かに描いて好評を得た。

演技だけでなく、彼女は多様なスタイリングでたくさんのファッションアイテムを上手に見せて、「完販女(映画やドラマで身につけた衣装などが売り切れになるほどよく売れる女優)となり、ビューティー系の「ワナビー」(want to be 憧れの対象)としての実力を存分に発揮し、多くの女性の視線を集中させた。

このようにハン・イェスルは演技だけでなくビジュアル面でも抜群の才能を発揮、国内のみならず、中華圏でも大きな反響を巻き起こし、女優として新たな転換点を迎え、今後への期待を高めた。

ハン・イェスルは、このように話した。

一昨日、最初の撮影をしたばかりみたいですが、もう最終回となりました。 まだ実感はないのですが、最後だと思うと、名残惜しさが込み上げてきます。「サラ」は本当に温かくて愛らしいキャラクターでした。このようなキャラクターにはもう出会えないかもしれないと思うほど魅力的でした。それで、ドラマを撮影した時間、本当に幸せだったと思います。撮影中は、体力的に疲れてしまった時もありましたが、「美女の誕生」チームのみんなと一緒だったので、温かい雰囲気の中、楽しく過ごせました。良い思い出をたくさん残してくださってありがとうございます。

「美女の誕生」を視聴してくださり、最後まで応援しくださいました視聴者の皆さん、本当にありがとうございます。 振り返ってみると、とても楽しく、ありがたく、良いことばかり思い出されます。私はこれからスタートする気持ちで一生懸命、活動しますので、見守り続けてください。 ありがとうございました。愛してます。

今後、ハン・イェスルはドラマ撮影のために押しているスケジュールをこなしながら、慎重に次回作を検討する予定だ。

ーー引用終わり

ハン・イェスルさんに、かなり好意的な記事だ。

それから思ったのは、視聴率は低迷し続けたのに、放送が1回増えた理由として、「切り」のいいところで終わりにしたいという局側の意向だけはなく、「完販女」で広告価値がかなり高かった、という事情もあったようだね。

インタビュー内容は、いろんな人をよく気遣っていて、そつがなく、ずいぶん大人になった感じだなあ。3年前に、撮影現場から逃げ出した人とは思えない。

あと、記者の文だが「慎重に次回作を検討する」か…。
ほんとうに次こそ、MBC「伝説の魔女」に堂々と張り合える作品に出会ってほしい。

それから、ぜひ、この記事の写真、ハン・イェスルさんの顔のどアップを見てほしい。

●ニュース1  2015-01-11 18:46
「微笑の天使」ハン・イェスル
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=421&aid=0001210692

これは、11日夜、京畿道高陽市一山東区にある飲食店で開かれたSBS「美女の誕生」の終放宴(放送終了後の打ち上げ)に出席した時のもの。

この輝く表情、誰を見ているのかあ…。
非常に、訴えてくるものがある。ぎりぎりの感じがよく出ている。

心中にプラスマイナス、いろいろな思いを抱えながらの、高揚感が、よく伝わってくる。
数字は良くなかったけど、今回、最後までやりきった達成感というのもあるんだろうな。
この後、帰宅して、ひとりになった時、わっと涙があふれたんじゃないかな。

みなさんすでに御承知のように、この人は、米LA出身ですから。彼女なりに韓国の風土の中で、もがきながら闘っているわけで…。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。