ユチョン(34)、被害女性への賠償金5000万ウォン余りを払わず 怒りの女性「また、刑事告訴するわよ」 

歌手兼俳優のパク・ユチョン(34)が、性的暴行を受けたと訴えた2人目の女性に、民事裁判で5000万ウォンの賠償をすることが決定したにもかかわらず、1年以上履行していないことが明らかになった。「金がない」という。●ノーカットニュース

女性の弁護士はよると、女性は15日、ユチョンにこの件で内容証明を送った。直ちに債務返済を要求し、25日までに明確な立場を示さなければ、刑事告訴するとした。

女性は2016年にユチョンが自分を店のトイレに監禁し、性的暴行を加えたとして告訴した。しかし、捜査の結果、ユチョンは不起訴処分を受け、女性は虚偽告訴の罪で裁判に付された。が、裁判所は女性に無罪判決を下した。 容疑が晴れた女性は18年12月、ユチョンを相手取って1億ウォンの損害賠償請求訴訟を起こした。

その後、ソウル裁判所の調停センターは2019年7月、この損害賠償訴訟に対して、「ユチョンが女性に5000万ウォンを支給する」という強制調停決定を下した。ユチョンは抗弁せず、そのままこの調停決定が確定した。2019年9月1日から全額返済する日まで、遅延利息は12%とされ、現在、債務は5600万ウォンまで膨らんでいる。

ユチョンは女性にこの賠償金を払っていない。本人の財産は、他人名義の家賃保証金3000万ウォンと通帳に入っている100万ウォン(9万円くらい)だけだと裁判所に説明したという。

女性の弁護士は「サイン会やコンサートで得た収益は誰の名義なのか」「債務を返さないために収益をわざと隠しているのではないか」と指摘した。

では、ネチズン。

何十億も持っている金持ちなのに「お金がない」なんて。
共感102 非共感0

醜い。
共感83 非共感1

悪いことから学ぶ。全斗煥を真似たな。
共感234 非共感5

こいつは人間性からしておかしい。よく顔を上げてファンミができるな。恥を知れ。
共感13 非共感0

仮面が剥げたら、ただのチンピラ。
共感12 非共感0

ファンの思い出を完全に壊すつもりだね。
共感9 非共感0

これだから、人間性が大切だ。犬でも牛でも、ただテレビに出たがり、金を稼ごうとする。人間性から教えなければならない。この国は、保育園・幼稚園から人間性を教えることを法で定めないと、未来がない。
共感9 非共感0

100万ウォンなら全斗煥の倍以上だ。
共感26 非共感2

通帳に100万ウォンしかないなら、一般人がこういう時にすることと同じことをすればいい。通帳をマイナスにして、知人から借りて、家族名義のものを担保にして金借りて返済しろ。
共感7 非共感0

ちなみに、なんでネチズンが全斗煥を出してるかっていうと、こういうこと。

不正蓄財で裁かれた全斗煥は多額の追徴金を科され、ある程度は、支払ったが、未納分があった。2003年2月、未納追徴金(約1000億ウォン)の追徴時効を1カ月後に控えたところで、裁判所の財産明示命令を受け、自分の財産目録に預金29万1000ウォンと書いた。これが語り草となり、 「全財産29万ウォン」(2万5000円くらい)は今でも彼を戯画化する固有名詞のように使われている。

全斗煥の29万ウォンも笑えるが、ユチョンの100万ウォンってのは…。要するに、払う気がないわけだ。

しかし、こんなことが世間に知れ渡ると、ファンがますます減り、芸能活動も難しくなるのは自明のことだと思うのだが。誰もアドバイスしてやらないのだろうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください