ユチョン性的暴行事件 韓国社会の「水商売で働く女性」への否定的な見方

きょう放送予定のMBC「PD手帳」(1時間の調査報道番組 毎週火曜午後11時10分放送)が、パク・ユチョンの性的暴行事件を扱う。

●デイリーアン 2016.06.28 午前 10:41
「許せない」…「PD手帳」、ユチョン性的暴行事件で被害を訴えている女性をインタビュー

AD

この記事には「今回の事件には、韓国社会の水商売に従事する女性たちへの見方が表れている」として、こう記されている。

一部の人々は「水商売で働く女が強姦されたなんて言えるのか」「花蛇(男性に意図的に接近して身体を委ね金品をせびろうとする女性)にひっかかった」「遊興業所(接待女性が付き、酒を飲む店)では、そういうことが起きても(接待女性は)甘受しなければならないのではないか」などと、水商売に従事する女性たちを否定的に見ている。

現在、ユチョンを性的暴行の容疑で告訴した4人の女性のうち、3人は依然として「ユチョンから性的暴行を受けた」という主張を変えてない。

「PD手帳」の取材陣は、彼女たちのひとりに会って話を聞くことができた。その女性はユチョンから性的暴行を受けたとし、「当時の状況を具体的に一貫性をもって話した」という。

この女性の主張。

「正直に言って、私はお金が必要なのです。親のコネもなかったので、本当に生きるために店に出ていました。そんな私を(ユチョンさんは)こういう店で働いているからと(私の人格や意思を)無視して、あそこで(店の個室に付帯した小さなトイレ)で性的暴行を加えました。許せません

取材陣は、この女性の主張について、何度も、ユチョンの所属事務所と担当弁護士からも話を聞こうとしたが、応じられなったとのこと。

この記事に寄せられたネチズンのコメント。

金が必要だけど親のコネはないというのは、みんな同じ。庶民の大部分はそうだろう?
共感101 非共感2

この女は何を言ってるんだ??  あきれる ㅋㅋㅋㅋㅋ 金がなくて、コネもなければ、みんなそういう店で働くのか????ㅋㅋㅋㅋㅋ ※ㅋはクッと押し殺した笑い
共感101 非共感7

五体満足なら、収入は少なくても仕事ならたくさんある。時給6000ウォン(600円)で汗水たらして働いている人たちがどんなに多いことか。(水商売をする)理由にならない。相手が芸能人だから、この件を武器にしようとしているのではないか、(この女性に)聞いてみたいね。客が一般人でも告訴しただろうか?
共感93 非共感6

この女性に同情的な意見はほとんどなく、むしろ、この女性を責める意見ばかりだ。この記事に書かれているように、大衆が「水商売に従事する女性たちを否定的に見ている」ことがよく分かる。

最後のコメントにある「相手が芸能人だから、この件を武器にしようとしているのでは」というのは、つまり、金がありスキャンダルを怖れるユチョンのようなトップスターだから敢えて訴えて、巨額の示談金をせしめようとしているのではないか、と女性が訴えた意図を疑っているのである。

はたして、ユチョンを告訴している3人の女性は、こういう韓国の風土の中で、最後まで意思を貫けるだろうか…。

過去、こういうことがあった。

2011年6月、カラオケでコンパニオンをしていたビョンさん(当時 29)は、店内で性的暴行を受けたことから、相手を訴え、被害者として裁判に臨んだ。しかし、公判中、判事から侮辱されるなどしたとして苦しんだあげく、自殺してしまった。遺書には「カラオケで働いている女性は、強姦されても、誘惑したことになるのか」と書かれていた。
●メディア今日  2016-06-21 10:28
パク・ユチョンの記事は2550本、関心も論調も問題が山積

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


ユチョン性的暴行事件 韓国社会の「水商売で働く女性」への否定的な見方” への1件のコメント

  1. ピンバック: 見えてきたユチョン性的暴行事件の本質 それは「習慣」だった | ソウル人生劇場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。