ユチョン性的暴行騒動 被害者「ユチョンさんとは初対面、会ってから1時間後、部屋に付帯するトイレで暴行された」

ユチョンの性的暴行騒動の続報。被害女性は「自分は拒否する意思を明らかにしたが、パクさんが強制的に性的暴行を加えた」と主張しているのだが…。

●聯合ニュース 2016.06.13午後10:06
パク・ユチョン、性的暴行で訴えられる…ユチョン側「悪質な恐喝脅迫」

AD

――引用始まり

有名アイドルグループ「JYJ」のメンバーで、俳優のパク・ユチョンさん(30)が性的暴行の容疑で訴えられたが、ユチョンさん側はこれを強く否定した。

ソウル江南警察署は、20代の女性Aさんからパクさんに暴行されたという訴えがあり、受理され、捜査中、と13日明らかにした。

訴えによると、パクさんは今月4日午前5時に、江南のある飲食店の部屋で、一緒に酒を飲んでいたAさんを、この部屋のトイレで暴行した、という容疑だ。

2人は、ここで初めて会い、パクさんとAさんが会って1時間ほど過ぎた時だったという。

Aさんは「自分は拒否する意思を明らかにしたが、パクさんが強制的に性的暴行を加えた」とし、事件発生から1週間後の10日に警察署に告訴状を出した。

Aさんは下着などの証拠を提出し、警察はこれを国立科学捜査研究院に送ってDNA分析を依頼した。

警察は、この店の部屋の中にはCCTV(監視カメラ)がないため、廊下を映しているCCTVを確保して確認したが、これといった特異な点は発見できなかった。

警察は近いうちに、Aさんを呼んで調べた後、パクさんを呼んで調べる予定だ。

パクさんの所属事務所は「相手側の主張は、虚偽であり、一方的な主張だ。有名人の弱みに付け込む悪意のある恐喝脅迫には屈しない」と立場を明らかにした。また、「真実を解明するために取調べには誠実に臨む」とした。

パクさんは昨年8月入隊し、現在は、ソウルのある区役所の公益勤務要員として服務している。

――引用終わり

まずは、国立科学捜査研究院によるDNA分析の結果を待つべきだろう。その結果、Aさんの下着からユチョンのDNAが検出されれば、合意の上でか、強制かは抜きにして、性行為があったことは明らかになる。これは、ユチョンにとって大きな痛手となる。

いや、こういう店に行っていた、ということ自体、しかも兵役期間中、現役兵ではなく公益要員として服務している時期にこういう店(これはルームサロンという個室で女性ホステスの接待を受けながら酒を飲む高級な店、客とホステスが合意すれば性的サービスも可能なことが多い。各部屋にトイレが付いているというのが、またなんとも…)に出入りしていた、ということ自体、ユチョンにとっては大きなイメージダウンとなる。実際、ネットではそういう批判の声が続出している。

部屋は密室であり、監視カメラなどもないので、ユチョンとAさんの間で、どういうことがあったのか、両者の主張が対立したまま、真相は明らかにならない可能性が高い。

Aさん側が「事件」発生から1週間後に警察に告訴したということは、この間、ユチョン側と交渉をしたが、結局、両者が折り合わなかった…、いや、ユチョン側が「悪質な恐喝脅迫」として交渉に応じなかったということだろう。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。