SJソンミンの選んだ女性、キム・サウンとは(5)

さて、この話もそろそろ締めたいと思ってるのですが、もうちょっと行ってみましょうか。
やはり、ぼくとしては、あの「チャク」がまだ気になるのですよ。

今回はまず、この記事から。

●DEANDELLA 2013/05/30 13:14
「チャク」女1号 PR出演問題 一般人を屏風(びょうぶ)にした
http://ddella.tistory.com/1152

AD

 

長い記事なので、私の言葉でぐっと短くさせてもらった。

29日(2013/05/29)の放送で、女1号が男性出演者の愛を独り占めにした。彼女は初印象の選択では1人からしか選ばれなかったが、他の男たちのも本音は断然、女1号で、むしろそれがみんな分かっているために負担を感じて(女1号を)選ばなかった、というだけのことだった。

その後も、魅力あふれる姿を見せた女1号は「お弁当選択」で、なんと男4人から選ばれた。(参加者は男性7人、女性5人)

が、この番組を見た視聴者からの指摘で、女1号は「4代バナナガール出身で、「ミチョミチョミチョ」(狂って狂って狂って)で歌謡界デビューをしていたことが発覚して騒ぎになった。

一般人の中に芸能人が入っていた。女1号の出演は、真面目にパートナーを見つけるためではなく、自分をPRするためではないか、という疑いが生まれた。

これに対し、制作者はPRのための出演という説を「過度の憶測」として否定。
「バナナガールを辞めて2年以上がたち、今はミュージカルに集中している。本人は、本気でパートナーを見つけるために参加した。彼女の出演には問題ない。芸能人も、ひとつの職業に過ぎない」

しかし、芸能人の出演によって、一般人は屏風およびエスコート役になってしまった。それは、女1号の放送分量を見てもわかる。最初から最後まで、女1号のための放送だった。単に容姿が抜群だっただけでなく、芸能人らしく放送に慣れており、カメラへの対応なども、ぎこちない一般人とはまるで違っていた。

美しく性格も魅力的な女1号に他の女性出演者たちは圧倒され、萎縮してしまうしかなかった。一般人を屏風にして、女1号は一身に注目を集め、話題になったのだ。

「チャク」では特別編として芸能人特集もやっている。もし女1号が芸能人特集に出ていたらどうだっただろうか。これほどの注目を集めただろうか。

女1号が芸能人として顔と名前を広めるのに成功したのは事実だ。

こいう形での芸能人の出演は「PRのための出演ではない」と主張したところで、状況上、PRのための出演になってしまうのはどうしようもない。

したがって(職業による)出演制限を設けないという制作者の主張は、視聴率を引き上げるための弁明に等しく、むしろ一般人への逆差別を引き起こしてしまう。

女1号が話題になり、制作者のねらいはある程度かなえられた。がしかし、それは一般人によるリアリティショーの限界が迫っているということを示している。話題になりそうな(視聴者に受けて視聴率を上げてくれる)ユニークな出演者を探すにも限界がある。その限界の突破口として、今回、女1号を出演させたのだろう。

とにかく誰が出演するにせよ、真面目にパートナーを見つけたいと思って参加している一般人が被害をこうむるのではだめだろう。

出演者の選定には万全を期してほしい。

キム・サウンさんが出演した「チャク」51期の様子と問題点がよくわかる記事だ。

あと、ついでにこれを開いてみてほしい。この51期の男性7人女性5人、全員の写真が見られる。

●ビューティフルライフ
http://blog.naver.com/petitattend/70168612536

女性陣のトップが女1号、キム・サウンさんだ。

★あなたの応援のクリックが、私のモチベーションにつながります。ポチッ、よろしくです。


韓国ブログランキングへ

それから、この記事に、彼女がまた別の話題も作ったことが書かれている。

●ソウル新聞En 2014-10-15 16:07
SJソンミンとキム・サウンの結婚、噂は真実だった? 「チャク」出演時の門限は…
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=081&aid=0002472794

キム・サウンさんは自己紹介で「門限は10時半、外泊は一度もしていない。今回の旅行が個人旅行としては初めて」と話したのだが、やはり放送後、視聴者の指摘で、彼女のフェイスブックには深夜コンサートを観覧する姿や、釜山、香港を旅行した時の写真などがアップされていることが明らかになり、「門限や外泊の話はうそだったのでは」という声が上がったのだった。

私は考えた。
果たしてキム・サウンさんは「チャク」51期に、真面目にパートナーを見つけるために参加したのだろうか…。

私には分からない。
しかし、本人が「そうだ」というのであれば、そう信じる、いや認めるしかないと思う。

ところで、サウンさんとソンミンは、正確に、いつ出会ったのだろう?

報道では、2人は昨年末にミュージカル「三銃士」で共演して出会ったとのこと。

となると、これだ。

ミュージカル「三銃士」
2013年12月13日 ~ 2014年2月2日  城南アートセンター・オペラハウス

こういうミュージカルの練習というのは、どのくらい前から始めるのだろう?

サウンさんが「チャク」に出たのは昨年(2013年)5月…。

おそらく重なっていた、ということは、ないだろう…。

再び考える。
果たしてキム・サウンさんは「チャク」に、真面目にパートナーを見つけるために参加したのだろうか…。

やっぱり分からない。

しかし、はっきりしていることは、ひとつ。

サウンさんが選んだのは、スジュのソンミンだった。

2人が恋愛関係を認めて大騒ぎになったのは今年9月24日。
サウンさんの出演するMBC every1「下宿24番地」は、韓国で今年9月23日から放送開始…。

(続く)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。