MBC「一回り年下の家庭教師」制作陣があの映像の流出を謝罪

イ・テイムの暴言騒動と、その後の撮影映像の流出による騒動に悩まされたMBC「一回り年下の家庭教師」制作陣が映像の流出について謝罪した。

「一回り年下の家庭教師」制作陣は番組が終了した翌日の3日午後、ホームページに「『一回り年下の家庭教師』制作陣 が捧げる文」というタイトルで謝罪文を掲載した。

●スターニュース 2015.04.03午後6:36
「一回り年下の家庭教師」制作陣 映像流出について謝罪
http://entertain.naver.com/read?oid=108&aid=0002403276

AD

 

 

これが、その謝罪文。

「一回り年下の家庭教師」制作陣です。

2014年10月17日の初放送以来、最後の放送を終えるまで、多くの関心を注いでくださった視聴者の皆さんに感謝いたします。

そして、今年2月末に行われた済州島での撮影当時の映像の一部が3月27日、外部に流出し、多くの方々にご心配をおかけしたことを心よりお詫びいたします。

現在、本社制作陣はこのような映像流出事件が再び発生しないように、あらゆる対策を講じています。

私たち制作陣は、2人の当事者がすでに先月初めに和解したにもかかわらず、今回の映像の流出により、再び難しい事態に直面してしまったことについて、非常に残念、遺憾に思っております。

このような映像の流出が再び発生しないように管理システムを再点検し、番組制作でいっそうの注意を傾けることにいたします。

表層的な、というか、いわゆる「通り一遍」のあいさつという感じだ。

本当に謝罪するのであれば、厳しい内部調査をして、誰が、なぜ、どうやってあの映像を外部に出したのか、ということを明らかにすべきだと思うのだが、どうも、そのへんは頬かむりして、「今後は、こういうことが起きないように注意します」と言うだけでお終いにした、ということ。

もっとも、あの映像が出てこなければ、イ・テイムは完全な「冤罪」で、芸能界から追放されていたわけで、映像が出た、もっとはっきり言うと、内部のスタッフが義憤に駆られて映像を出したことは正しかったと見るべきでもあり、このような締めくくり方を一概に非難することもできない。

むしろ、当然、公開すべきだった。制作陣のほうで、当時の映像を調べて、イ・テイムを冤罪の犠牲者にしないために、公式に発表すべきだった、ということさえ言えると思う。しかし、もちろん、そんなこと、局としてはできないだろう。今のイェウォンの置かれた状況を見れば。だから、方法は「ずさんな管理」の下での映像の流出という形しかなかった、というのが実態か…。

ネチズンの意見も聞いてみよう。同じメディアの先行記事のほうが寄せられたコメントが多いので、こちらの記事のほうから。

●スターニュース 2015.04.03午後6:33
MBC「一回り年下の家庭教師」側 謝罪。管理システムを見直す
http://entertain.naver.com/read?oid=108&aid=0002403271

流布させた人に賞を与えよ。謝罪文など上げる時間があれば。
2015.04.03 午後 6:38  共感 3283 非共感 96

放送局もイェウォンの所属事務所も笑わせる。墓を掘って(イ・テイムを)埋めておきながら、申し訳ないだって。最初に、イ・テイムが謝罪した時、一緒に(放送局とイェウォンの所属事務所が)謝罪していれば静かに終わっていた。だが、イ・テイムに濡れ衣を着せたから大騒動になったのだ。とにかく、今回はディスパッチとイェウォンに本当にがっかりした。
2015.04.03 午後 6:37  共感 2829 非共感 70

流出したことは良かった。(イ・テイムが)一方的に傷つくところだった。
2015.04.03 午後 6:38  共感 2511 非共感 50

まぁ、そういうことだろうね。イェウォンには気の毒なことになったが。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。