イ・ミンジョン再びLAへ。最高級の産後養生院も予約

20日に検察が控訴したのに続き、きのうの21日、イ・ジヨンとダヒが裁判所に控訴状を提出した。両者ともに一審判決には納得せず、高裁でも互いに主張をぶつけて争うことになった。

そんな中、イ・ミンジョンは再び米LAに向かったという。

●スターニュース   2015-01-21 09:57
イ・ミンジョン、イ・ビョンホンのいるアメリカに出国、旧正月の連休前に帰国予定
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=108&aid=0002379782

AD

 

 

ーー引用始まり

21日、イ・ミンジョンの所属事務所MSエンターテインメントの関係者はスターニュースに「イ・ミンジョンは19日に渡米した」と明らかにした。

この関係者は「イ・ミンジョンは最近、広告の撮影などの国内のスケジュールをこなし、夫のいる米LAに向かった。旧正月の連休(2月18日~2月20日)の前に韓国に帰り、家族と過ごすことになりそうだ」と話した。

イ・ミンジョンは今回のアメリカ訪問を最後に韓国で出産の準備をする。そして、ことし4月に出産する予定だ。

ーー引用終わり

子供に米国籍を取らせるための「遠征出産」はせず、韓国で出産する。
これはもう決まっているようだ。
すでに、江南で最高級の産後養生院を予約しているという。

●日刊スポーツ 2015-01-20 08:04
イ・ミンジョン、駅三洞の最高級産後養生院を予約
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=241&aid=0002322419

ーー引用始まり

イ・ミンジョンが出産を12週後に控え、産後養生院を予約した。

ある芸能関係者は20日、日刊スポーツに「イ・ミンジョンはソウル江南区駅三洞にある最高級の産後養生院を訪れた。とても予約が難しい所だが、予約を終えた」と話した。この産後養生院は「個人情報なので申し上げることはできない」としている。

イ・ミンジョンが入る産後養生院は、江南のママたちの間で最高級の施設として定評のある所だ。産婦の肌を管理するエステ・クリニックとともに個人秘書サービスなど、母親に不便がないように多様なサービスを提供する。

また、産婦と赤ちゃんが移動する時には最高級リムジンのベントレーを提供するのも特徴。産婦と夫にだけ、カードキーが渡され、面会は家族に限って1週間に一度だけ可能、プライバシーの保障も完璧だという。

看護師が新生児2人に1人の割合で常駐しており、産婦と新生児が口にするものはすべて有機栽培で作られているのも、他の産後養生院との違いのひとつだ。

価格は2週間で600万ウォン(約60万円)から最高2200万ウォン(約220万円)までと多様。ある女優がこの産後養生院の最高級タイプを使用して話題になったこともある。

ーー引用終わり

イ・ミンジョンさんも、ここの最高級タイプを使用し、最高の環境で出産し、産後ケアをすることになるのだろう。

4月に産声を上げる子供は、銀の匙をくわえて生まれてくる。
経済的には何不自由のない生活が約束されているのだろうが、大きくなったら、いずれは、自分がお母さんのおなかの中にいた時、お父さんが「被害者」となった今回の事件のことを知ることになる、という宿命も負うことになった。

ビョンホンさんはもとより、ミンジョンさんがこのことをつらく感じていると思う。

それで思い出されるのが、彼女のこの言葉。
先日(19日)、妊娠を公表する際に、所属事務所を通じて出したコメント。

「多くの悩みがありましたが、家族のために、気を引き締めて最善を尽くしたいと思っております」

すばらしい言葉ではないだろうか…。

「気を引き締めて」と訳した部分の「引き締める」の原語は「다잡다」。
「잡다」というのは「つかむ」という意味。
「다」がついて強調されて「ぐっとつかむ」というニュアンスになる。

直訳すると「心をぐっとつかんで」、だから「心をしっかり持って」という感じ。

運命と戦う、強い意志、決意が込められている。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。