ユチョン事件をめぐる「無分別な」メディアの報道に対する行政の対応

ユチョンの事件に関する報道には問題があったとして、ネチズンの批判のホコ先が、扇情的に報じたマスコミに向けられている、ということについて、先日、記した。

■ユチョンを最初に告訴した女らが起訴されたことに対するネチズンの反応、非難は意外な所へ

AD

 

当時、連日、大騒ぎしていたのは、いわゆる総編(総合編成チャンネル。非地上波の大手新聞社系テレビ局。チャンネルA(東亜日報系)、TV朝鮮(朝鮮日報系)、JTBC(中央日報系)など)の各番組だった。

しかし公に、放送通信審議委員会によって指摘されたのは、地上波のMBC「PD手帳」(6月28日放送分)だけ。放送通信審議委員会は7月20日、性的暴行の疑いで告訴されたパク・ユチョンの事件を報道した「PD手帳」に勧告措置を下した。

この放送については、上の記事で紹介されたネチズンのコメントでも厳しく指弾されていた。

・PD手帳が犯した蛮行は、この花蛇と暴力団員が犯した罪以上だ。

「PD手帳」はまだ捜査が進行中の状況でパク・ユチョンを告訴した被害者たちとインタビューを放送し、まるでパク・ユチョンが犯人であるように断定する内容を扱って問題になった、という。
●スターニュース 2016.07.20 午後 5:54
放送通信審議委員会、性的暴行容疑を受けていたパク・ユチョンの事件を放送した「PD手帳」に勧告

また、「PD手帳」は、ユチョンの所属事務所C-JeSエンターテインメントが「PD手帳」の取材に応じず「一貫して無対応だった」と報じた。しかし事実は、C-JeSエンタはメールで回答したのだが、 「PD手帳」の側がそれに気づかなかったのだった。

ちなみに、その回答とは、これ。

こんにちは
C-JeSエンターテインメントです。

28日放送予定の「PD手帳」の取材協力要請に対する立場をお伝えいたします。

事件の単独(スクープ)報道以降、現在に至るまで、当社の公式立場は変わっていません。

多くのメディアからインタビューの要請をいただいていますが、すべてのインタビューに応じられない状況です。

現在、事実関係が確認されていない調査過程であるにもかかわらず、無分別な報道によって(ユチョンの)イメージが崩れていっています。

チラシ(主に証券街で飛び交うデマの多い情報)やルーモアが横行するなど、本質がぼやけた状況で、衆心を守り(大衆を混乱させず)、俳優に容疑がないことを立証し、名誉を回復するために最善をつくすつもりです。

すべてのメディアのインタビュー要請に、ガイドを持って(このようなガイドライン(大まかな方針)で)応対するしかない私たちの立場をご了解いただけますようお願いいたします。

ありがとうございます。

「PD手帳」はこのメールが届いていたことを確認し、この点は後日、公式ホームページを通じて謝罪した。

この件以外で、放送通信委員会から勧告を受けたのは、最初に訴えた女性の事件が起きた当時、大物韓流スターが同席していたという虚偽の情報を出演者が口にしたTV朝鮮「強敵たち」があるにはある。(が、これはユチョン関連ではあるが、報道によるユチョンに対する人権侵害とは違う)
●スターニュース 2016.08.03 午後3:41
放送通信委員会、パク・ユチョンに関するチラシに言及「強敵たち」に勧告

ちなみに「勧告」というのは、文字通り「勧める」に過ぎぬ行政指導で、行政下命などとは異なり、何の強制力もない。

ネチズンからは、C-JeSエンタの言葉を使うとメディアの「無分別な報道」によって、さんざん「人格殺人」をやられたユチョンに同情する声が上がっている(中にはこれを機に「パク・ユチョン法」(捜査段階での芸能人のプライバシーを守る新法)を作ろうという意見もある)のだが、行政は腰が重く、一部ネチズンとはかなり温度差がある。

性的暴行については、4件すべて容疑無しとされたユチョン。それにもかかわらず連日、メディアで大々的に取り上げられて…、かわいそうなユチョン…。

が、しかし…。

もう一度確認しておきたいのだが、警察や検察が「ユチョンに性的暴行の容疑無し」と判断した理由は、女性たちが「驚いたり当惑することはあったものの、暴行や脅迫は無かった」という趣旨のことを供述し、強制性の立証は難しかった、という微妙なもの。

ルームサロンで、ユチョンは、ただ、ホステスさんと楽しく会話をしていただけなのに、ホステスさんから「トイレに連れ込まれて暴行された」という、まったく荒唐無稽な訴えを受けた、というのではない。

実際に、トイレで性交をしていたわけで…。それも、この1回だけではなく、何回も。

こういうユチョンの特異な「習慣」(ふつう考えられないよ。日本で言えばキャバクラみたいなお酒を飲む店で、その個室のトイレでホステスさんと性交するなんて。韓国でもこんなことする人はきわめて稀だから)があったため、事件が起きた。

だから、どう考えても、胸を張って堂々と「わたくしには一切、容疑はありませんでした」と誇れるものではないだろう。

この点が残念だよね。(そして、ユチョン側がメディアに対して強く出られない要因でもある)

連日、扇情的な報道をした総編からは、今のところ、反省や謝罪の言葉は出ていない。もうこれらはみんなユチョンのことは忘れ、次の話題に向かっている。

ユチョン側としても、もうこのまま忘れてほしいはずだ。「パク・ユチョン法」なんて作られたら、大迷惑だろう。将来に渡って長く、やったことを何度も蒸し返され、そのたびに恥辱に震え、つまり恥の上塗りを繰り返すだけなんだから。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


ユチョン事件をめぐる「無分別な」メディアの報道に対する行政の対応” への2件のコメント

  1. 嗤うしか無いです。
    しかし、新たなオム・テウン事件。
    やはり
    韓国の特異性によるものではないですか。
    今回はマッーサージ店。
    ユチョン事件の店は sexダメな店。
    いかに お手軽に そんな相手をする女性がどこにでもいる。そんなお国柄⁉
    日本はどうなんですかね?自国ながら、さっぱりわかりません。

    先日 大会社の偉いさんの記事よりユチョンの記事が多いのは、ユチョン ナメられた⁉、、みたいな記事も目にしましたが。

    確かにそれはあるでしょうが、
    何より 特異性ですよね。
    ヒトのSex、普通は読んで 知って終わりですよ。ジヌクさんの話?いつの話?って感じ。
    ユチョンだって ただのお持ち帰りや、ベッド写真でも ワサワサで終わりですよ。

    女をモノ扱いの上、便器扱いに
    そのテクチが軽々しい。
    世の中にドラマを通じて広まったユチョンのイメージとの、ギャップの大きさ❗
    ソレに 先ず驚きます❗
    ソレに取り巻きも黙認。数年前からの事実❗
    一番人気の大スターでなくとも、この変態さに驚き❕びっくりの連続ですから
    取材する記者だって 本気で驚くと思う。

    普通にベッドでsexしていたら こんな騒ぎにならないと しつこく思う。

    それに
    誰もが 買春であることは わかっている。
    それを暴行嫌疑なし、って 嗤うしかない。
    言葉だけでもセクハラだというのに、風俗を生業にするならコトバの暴行は なしになるのか⁉

    韓国買春、売春王国、変わらない。

    • >ユチョンのイメージとの、ギャップの大きさ❗

      それゆえに大騒動になったわけですよね。

      パク・シフもやはり「ギャップの大きさ」がきわだっていた。

      しかし、ギャップの大きさだけで言うなら、パク・シフ以上だったね、ユチョンは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。