コウイチ(光一)

kouichi

人間が生きていく。

それは、いったい、どういうことなのか?

昼夜を問わず、そういう辛気臭いことを
考えながら、一日の大半を韓国のサイト
とくに芸能面を目の前にして
暮らしております。

私にとって、 飽くことなき永遠の迷宮
それが韓国、 とりわけ芸能界なのです。

a korean watcher
コウイチ(光一) むっ

TwitterLogo_#55acee  メール:kouichi@seouljinseigekijo.com



コウイチ(光一)” への3件のコメント

  1. LBHファンの方のブログは沢山あり、時々読ませていただいておりますが、ブログ主様達が15歳位の乙女のような無垢な心の持ち主の方達で、他国籍企業で男性同様に働いてきた私は”優雅で素敵だけど共感できない”と強く思っていたので光一さんのブログはとても客観的で分析力に優れていらっしゃるので、秀逸です。客観的に事実を伝え、独自の分析力が光っていらっしゃいます。

  2. 光一様、
    LBHのファンで彼と同世代の既婚者です。たまたまネットサーフィンをしていてこちらのブログを見つけました。日本では絶対に入らない情報なので、とても面白いです。妊娠中も韓国に旅行に行った位好きなのですが、言葉が全くできず文化的な理解もできていませんでしたが、光一さんのブログを読んで、ネチズンがそんなに力を持っていると初めて理解しました。お隣の国ですが、文化的には遠いですね。なんか国民総姑状態に感じます。いくら芸能人が公人であっても、一般市民がそこまで個人的なトラブルに意見をし、また道徳的な見本のような存在でなければいけないのは驚きです。今回のLBHの事件は以前パク・シフさんにあったようなお金目当ての脅迫だと思って全く気にしていませんでしたが、映画の興行を左右してしまうほどの大事件だったのですね。芸能人の方々の自殺が多い国ですが、有名になることの代償の大きさを感じます。私は韓流ファンというより、LBHという人が才能のある素晴らしい俳優として大好きで、女性問題が多いのも個性と思ってましたが、苦境を乗り越えて欲しいです。光一さん、これからも貴重な情報とご意見期待しております。

    • >日本では絶対に入らない情報なので、とても面白いです。
      おほめの言葉を、ありがとうございます。

      >なんか国民総姑状態に感じます
      日本以上の嫉妬社会で、国民総ヒステリー状態に陥りやすい特徴があります。

      >映画の興行を左右してしまうほどの大事件だったのですね。
      彼の芸能人生命にかかわるおそれさえあります。

      >苦境を乗り越えて欲しいです。
      その気持ちは私も同様ですが、一方で、やはり(やったことがあまりにもスターらしからぬ、そこらのあんちゃんレベルだったせいか)つい笑ってしまい、からかってやりたくなる邪悪な心もあって、二律背反、矛盾した心持ちで彼に向きあっております。男性だからでしょうか…。

      >光一さん、これからも貴重な情報とご意見期待しております。
      ありがとうございます。
      chokomamaさま、そして他の多くのファンの皆様のために、せっせとネタを拾い、書き続けます。

      このブログのタイトルは「ソウル人生劇場」ですが、最初の案は「韓流けもの道」でした。

      けもの道は、ヒトのつくった林道と一致することもあるけど、まったく異なることもあります。

      たとえば、ニホンカモシカのけもの道は、往々にして断崖絶壁に向かい、ヒトが辿れる(たどれる)ものではありません。

      このブログでは、他の企業型韓流エンタメの情報、つまり「ヒトのつくった林道」とはまるで違う、時として「少し危ないルート」を歩いていきたいと思っております。

      そこから見える風景、時に絶景を一緒に楽しみながら、果てしない道のりを皆様と共に進んでまいりたいと思います。

      これからも、けもの道、いや、「ソウル人生劇場」をよろしくお願いいたします。

      光一 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。