キム・クラ パニック障害で入院。えっ、イ・ビョンホンも?

今、韓国では、人気タレントのキム・クラ(44)が、パニック障害で入院したことが大きな話題になっている。

複数のメディアの情報を総合すると、こういうことらしい。

18日、キム・クラの所属事務所(ラインエンターテインメント)は、「同日午前11時ごろ、キム・クラは胸苦しさと耳鳴りの症状を訴え、病院に入院した。キム・クラは今年5月にパニック障害の症状が出て、その後、治療を受けてきたが、最近、症状が悪化、絶対安静が必要という医師の所見により、しばらく入院することになった」と発表した。

AD

 

 

キム・クラは、妻の借金のせいで激しいストレスを受けていたという。 キム・クラは2年前に妻に多額の借金があることを知った。妻は、事業をしている親戚の連帯保証人になっていたのだった。妻は、正確な金額をキム・クラに伝えず、その後も知人のみならず消費者金融などからも借りまくり、負債は雪だるま式に増え、17億~18億ウォンに達した。

キム・クラは妻と家庭を守るため、がんばって仕事をこなして、出演料で借金を返済してきたが、力及ばす、管轄裁判所から、全財産の仮差押え通知を受けるに至り、大きな衝撃を受け、ついにダウンしてしまった。

う~む。そういうことがあったのか…。
キム・クラの心労たるや、大変なものだっただろう。

ここは焦らず、しっかり身体を治すことから、始めてほしい。

ところで、キム・クラの話題から、なんとイ・ビョンホンさんの名前が出てきたのだ。
この人もまた、パニック障害に苦しんだ経験があるという。

●イーデイリー 2014-12-19 09:09
「パニック障害」キム・クラ、イ・ビョンホン、キム・ハヌルも。「理性と身体の戦い」
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=018&aid=0003142944

ーー引用始まり

タレントのキム・クラがパニック障害で入院した中、イ・ビョンホンなど、数多くのスターがこの病気を患っていることが分かった。

パニック障害は、特別な理由もなく、予期せずに発生する極端な不安症状、つまりパニック発作(Panic attack)を主な特徴とする疾患。極度の恐怖心が生まれ、心臓が裂けそうなほど鼓動が速くなったり、胸が苦しく息が切れ、汗が出るなど、身体症状もともない、死に至るような極度の不安症状を呈する。

パニック障害は「芸能人病」と呼ばれるほど、多くの芸能人が苦しんでいる。イ・ギョンギュ、キム・ジャンフン、チャ・テヒョン、リュ・スンス、ナム・ヒソク、チャン・ナラ、イ・ビョンホン、キム・ハヌル、ファン・ヘヨン、ヤン・ヒョンソク、東方神起のユノ・ユンホ、歌手のヒョン・ジンヨンなどが一時、パニック障害を経験したという。特に芸能人は、過度なストレスを受ける職業であるため、格別な注意が必要である。

過去、イ・ビョンホンはSBSのスペシャル番組「SBSベテレンとなった新人、イ・ビョンホン。そしてハリウッド」編で、パニック障害を患っていると打ち明けたことがある。

この放送では、イ・ビョンホンが昨年(2013年)7月、SBS「見えるラジオ カルツショー」に出演した映像が公開された。当時、イ・ビョンホンは放送の途中、突然、テーブルの下に隠れてしまい、しばらく起き上がれず、周囲を驚かせた。

イ・ビョンホンは、当時を回想し、「あの時は放送事故になると思った。倒れてしまうか、『これ以上、耐えられない』と謝罪してギブアップするか、どちらかになるところだった」と話した。

彼はさらに「そういう時はいつも、いろいろな思いがこみ上げてくる。『やるならしっかりやれ』という理性と『生放送であろうと何だろうと、自分が生きなければならない』という身体の症状が戦うのだ」と言い、「パニック障害を抑える薬を常に携帯している」と打ち明けた。

キム・ハヌルも2012年SBS「嬉しいではないか ヒーリングキャンプ」に出演し、映画「ドクターK」の撮影で、顔に石膏マスクを施して外すシーンを撮った。目と顔を全部覆った瞬間、パニック障害を初めて経験したとし、パニック障害の治療中であることを明らかにした。

リュ・スンスも放送を通じて「24年間、パニック障害に苦しんできた。今も薬を飲んでいて、飛行機には乗らないようにしている。パニック障害のせいで死にたいほどつらかった」と打ち明けた。

現在、国内でパニック障害に苦しんでいる患者の数は40万~60万人に達しており、薬物治療や心理カウンセリングなど、積極的な治療が必要な状態だ。

ーー引用終わり

そうだったのか…。

当時、放送の途中、突然、テーブルの下に隠れてしまった、というのは事実のようだ。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=011&aid=0002615984
↑ここに、当時の写真があります。イ・ビョンホンのスチール写真と、テーブルの下に隠れたイ・ビョンホンを不審に思って覗きこんでいる相方の姿が映っています。(SBS提供の写真)

よく身体を鍛えていて、頑健に見えるイ・ビョンホンだが、その彼をも倒すほど、韓国の芸能人が受けているストレスは大きく、パニック障害というのは怖い病気なんだな、と、私はあらためて思った。

もしかしたら、今回の事件も、そういう不安定な精神状態とも関係があったのかもしれない。

また、今回の事件では、イ・ジヨン、ダヒ、イ・ミンジョンの3人の女性はもとより、イ・ビョンホンさん本人も(自らの軽率な言動と判断が招いた結果だとはいえ)相当なストレスを受けてきたはず。

また、パニック障害の症状が出ないように、くれぐれもコンディションの管理をしっかりやってほしいものです。

韓国で、パニック障害に苦しむ人が多い、ていうのは、分かる気がする。

あと、なにげに東方神起のユノ・ユンホの名前もあるではないか。

この人なども、十代後半から10年間以上、過酷なスケジュールだけでなく、グループの分裂とか、自分は相方のチャンミンより年上だから、自分がしっかりしなきゃ、という思いからくるプレッシャーなど、いろいろ重なって、途轍もないストレスと戦ってきたのかもしれない。

来年、入隊して、ここらで、ひと休みするのも、いいんじゃないかな。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


キム・クラ パニック障害で入院。えっ、イ・ビョンホンも?” への3件のコメント

  1. ピンバック: 人気タレント、チョン・ヒョンドン、おまえもか!「不安障害」ですべての活動を中断することに | ソウル人生劇場

  2. ピンバック: 2年前(2013年7月)にパニック障害を起こしたイ・ビョンホンの危ういメンタル | ソウル人生劇場

  3. ピンバック: キム・クラ、ついに離婚「妻の債務は最後まで私が負います」 | ソウル人生劇場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。