江南の華やかな夜を舞った毒蛾 スンリ(V.I)の命運を握る中国人女性MD、エナ 

ソウル江南(カンナム)のクラブ、バーニングサンを捜査している警察が、ここの取締役だったBIGBANGのスンリ(V.I)について調べを進めている。本人を呼んで話を聞くことも検討しているとのこと。
●チャンネルA

AD

チャンネルAの報道によると、警察は専門の捜査チームを立ち上げ、先週、バーニングサンの家宅捜査を行い、関係者を呼んでスンリの果たしていた役割について供述を取り、会計資料などの押収資料の分析を進めている。

バーニングサン(現在、営業中断中)をめぐる疑惑は、主に薬物、性犯罪、警察との癒着の3つ。

このクラブ経営陣が、薬物の流通や性犯罪などを知りながら放置していたのかどうか。そして、この経営陣のひとりにスンリも含まれるのか。警察は、ここを確認している。

チャンネルAの取材にバーニングサンの関係者は、スンリのクラブとの関わりをこう答えた。

「週に一度は来ていた。 一度以上だね。 3~4時間、店にいた」
「海外の有名なDJを連れてきたり、マーケティングのような仕事をしていただけ(店の日常の運営には直接、タッチしていない)

スンリ自身も、広報を担当する取締役を務めただけで、経営や運営には関わっていなかった、と説明しているのだが、う~ん、実のところ、どうだったんだろう?

「広報担当で、時間があるときはDJもしたりしていた」とはいっても、監査は母親、代表取締役は親しい知人…。

このクラブは、事実上、スンリの店だったのではないか、という印象がネチズンの間で強い中、スンリにとって非常に都合の悪いネタが飛び出した。

バーニングサンのスタッフで、薬物を流通させる役割をしていたエナという中国人女性が昨年10月、スンリと一緒に撮った写真を自分のSNSで公開していたことが分かったのだ。
●SBSfunE

注目されたのはその写真ではなく、写真に添えられたエナの誇らしげなこの文章。

「一生懸命、働いたからこそ、スンリ代表と写真を撮れたわけ。今週は酔っ払ったけど、よく働いたわ」

「スンリ代表」とスンリをクラブの代表者とみなしており、そういう人とツーショットを撮ってもらえたのは、自分が店のためによく働いたから、ということを素直に吐露したのだった。

スンリは「エナを知らなかった。単なるファンだと思った」と言っているが…。

MBCの報道によると、このエナという中国人女性は、クラブのMD(マーチャンダイザー)というスタッフだった。MDというのは、要するに、客引き。VIP客、たくさん金を使う中国人などを連れてくる、そしてクラブから手数料を得るのが仕事だった。

現在、26歳、エナはニックネームで、パ某という名。ソウルにある大学の演劇学科を卒業し、韓国語はきわめて流暢、ひときわ目をひく優れた容姿の持ち主だという。この人が薬物流通担当とされるのは、実際、自分が連れてきた客にクスリをすすめていたから。(具体的な証言あり)

昨年、薬物を使った容疑で摘発されたが、初犯だったので、起訴猶予処分で済んだ(←このへん、やっぱ、韓国)という、まぁ、相当にあれな女性ではある。
●MBC

エナは騒動が大きくなると、しばらく身を隠し、所在不明となっていたが、今月16日、自ら警察に出頭した。精神的に耐えられなくなったのだろう。(この前に、一度、出頭すると言って、取りやめたりもしていた)

現在、調べを受けているのだが、実は、エナは異なる2つの立場で事情聴取されている。ひとつは被疑者として、薬物の使用・流通について調べられているのだが、もうひとつ性的暴行事件の被害者(告訴人)としても話を聞かれている。

エナの性的暴行の被害というのは、この騒動の発端となった昨年(2018年)7月に起きたバーニングサンのスタッフと男性客(28)の暴行事件の発端となったもの。

エナ(と、もうひとり別の女性)が客から性的暴行(あるいはもっと程度の軽いセクハラ)を受け、それが元でクラブの男性スタッフたちがこの客を手荒に扱い、男性客の通報で警察が出動したのだが、警察は客を集団暴行の被害者ではなく、性犯罪の加害者として連行したのだった。
●YTN

この事件をMBCのニュースデスクという報道番組が今年1月28日に、この男性客がクラブのスタッフたちに暴行されている監視カメラの映像も公開して報じ、スンリとバーニングサンは大きなスキャンダルに見舞われることになったのだった。そして、警察との癒着が問題視され、警察内部でも捜査が進められ、逮捕者も出てきている、というのが今の状況。

エナが何をしゃべるか、戦々恐々としてる人がたくさんいるはず。もちろん、スンリもそのひとりだ。

エナが警察に出頭した16日、スンリは2日間の単独コンサートの初日を迎えた。コンサートの冒頭でこの件にふれ「騒動が起こった当初、責任ある態度を示すことができなかった」と言って客席に頭を下げ、「二度とこういうことでファンに心配をかけることがないようにする」と誓った。コンサートは2日とも盛況で、1万人の観客が集まったという。(ちなみに、エナは16日に3~4時間、被害者として話をし、17日には被疑者として十数時間、調べられたという)

警察は、エナの薬物使用を調べるため、髪の毛、それから自宅から確保した白い粉などを国立科学捜査研究院に送っている。

状況的にみて、エナが有罪、国外追放となるのは、もうまちがいなさそうだ。

中国に帰ることになるのだろうが、韓国を出たら、はい、終わり、とはならんだろう。この捜査で、何を語るか、どこまで語るか…。

警察の厳しい追及を受けながら、死ぬ思いで考え抜いていることだろう。

それにしても、今、江南のクラブで、このように中国人が跋扈(ばっこ)するようになっている、というのは初めて知った。

薬物事犯に対する処罰は、もちろん中国のほうが韓国よりずっと厳しい。死刑もふつうにありだ。(そういう事情からして、韓国で薬物で有罪になって国外追放されて中国に戻ったとき、エナはどうなるんだろう、って考えると、ぞっとする!)

そういう環境にある中国人たちが韓国に薬物をやりに来ている。韓国はそういう「場」を提供している。(もちろん、ついでに、きれいな女性も)

う~む、中国と韓国、いや朝鮮半島の長く暗い歴史を感じさせ、未来を予見させる事例ではあるな。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


江南の華やかな夜を舞った毒蛾 スンリ(V.I)の命運を握る中国人女性MD、エナ ” への1件のコメント

  1. ピンバック: 【便所SEX精液DNA完全一致】元東方神起詐欺師ユチョン483発目【保身の為に元婚約者切り捨て作戦】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください