男(性的暴行)も女(虚偽告訴)も無罪とする根拠 ある人気BJ女性のケースから

韓国では、男性芸能人が(報じられていないだけで一般人男性もそうかもしれないが)女性から性的暴行で訴えられるケースをよく目にする。

しかし、女性の主張が検察や裁判所で認められることは、そう多くはなく、逆に男性から虚偽告訴で訴えられ、有罪になることもある。

しかし、男性の容疑(性的暴行)も、女性の容疑(虚偽告訴)も、どちらも否認され、両者とも無罪になることもよくある。

典型的なケースが昨年(2016年)7月に起きたイ・ジヌクの性スキャンダルだ。

AD

イ・ジヌクは、初めて会ったファンだという女性の家を深夜に訪れ、この女性と2回、性交した。が、その後、女性から「性的暴行を受けた」として訴えられた。ジヌクはそれを否定し、逆に虚偽告訴でこの女性を訴えた。

結局、ジヌクの性的暴行容疑は認められず、潔白とされたが、一方、女性の虚偽告訴も起訴はされたが一審で無罪とされた。

つまり、両者ともに「無罪」になったのだ。

しかし、これはおかしな終わり方ではないだろうか?

イ・ジヌクが性的暴行をしていないなら、彼を性的暴行で訴えた女性は虚偽告訴した、ということになるのであり、逆に女性の告訴が虚偽告訴でなかったのなら、女性の主張の通り、ジヌクは性的暴行をした、ということになる。そうではないのか?

この点がひっかかっていた私に、別のケースでの記事なのだが、ひとつの「解」が与えられた。

知り合いの大学生を性的暴行で訴えた人気女性BJ(Broadcasting Jockey アフリカTVなど個人インターネット放送で番組を進行する人)の告訴事件。検察は、この大学生に対し、容疑無しとする処分を決定したのだったが…。

●中央日報
[単独]有名BJ「性的暴行を受けた」と告訴…検察「容疑無し」

記事によると、10月19日、ソウル東部地検は、インターネット動画サイト、ユーチューブなどでBJとして活動しているAさんが出した告訴の内容を調査した結果、相手男性の性的暴行の容疑は立証が難しいと判断、「容疑無し」として事件を終結させた。

以下、引用。

検察によると、Aさんはフェイスブックなどを通じて知り合った大学生のBさんと昨年(2016年)5月、ソウルのある大学の前で会い、一緒に映画を見てお酒を飲んで、翌日、午前4時ごろ、モーテル(ラブホテル)に入った。

その後、起きたことについては2人の主張が異なる。

調査の過程で告訴人Aさんは、相手男性のBさんは泥酔状態で意識がなかった自分と性交した主張し、一方、Bさんは酒を飲んだ後、1時間くらい歩いてからモーテルに入り、部屋に入るとすぐ眠った、と容疑を否認した。

これに対する警察と検察の判断もそれぞれ異なった。

先に今回の事件を調査した警察は、Aさんの供述のほうが信憑性がにあると見て、起訴意見(準強姦罪)で検察に事件を送致した。

しかし、検察は告訴人の主張だけで、立証するための証拠が足りないと判断し、容疑無しとした。検察関係者は「Aさんの主張を立証する物証がない。Aさんの主張が事実だとしても、事件発生から1年後に訴えたために、警察が物証を確保することは困難だったと推定される」とした。

ところで、検察が容疑無しとしても、すぐにAさんに虚偽告訴の容疑があるとは言えない。告訴の内容が途方もない虚偽事実ではなく、事実に基づいて、その情況を多少誇張したものであった場合、虚偽告訴罪は成立しない、というのが最高裁判所判例だ。

実際、歌手兼俳優パク・ユチョンさんから性的暴行を受けたと虚偽告訴した容疑で裁判にかけられた20代の女性ソン某さんは、今年7月1審で無罪判決を受けた。
俳優イ・ジヌクさんから性的暴行を受けたと主張して、虚偽告訴容疑で起訴されたオ某さん(30代)も、今年6月に同じく無罪とされた。

なるほど…。

「告訴の内容が途方もない虚偽事実ではなく、事実に基づいて、その情況を多少誇張したものであった場合、虚偽告訴罪は成立しない、というのが最高裁判所判例」

こうなっているのか…。

とすると、ユチョンの場合もイ・ジヌクの場合も、性交はしたのであり、この点では争いがないのだから、あとはそのときの「情況」がどうだったのか…。少なくともジヌクの相手のオさんの場合は「事実に基づいて、その情況を多少誇張したもの」と認められ、「虚偽告訴罪は成立しない」という結論になったというのは納得できる。

だが、これは少々、オさんに甘い判断という気がしないでもない。だって、これは性的暴行などではなく、事後のジヌクの態度などから「遊ばれた」と感じたオさんが感情を高ぶらせ、怒りにまかせて訴えた、というものだったのだから。

その結果、二枚目スターであるジヌクの受けたダメージはけっこう大きかった。「こいつはこうやって、やれそうだと見たら、腹をすかせた犬みたいに見境なく行動し、ファンを食っているんだ」みたいな、隠しておきたい習慣や性癖が報道で暴露され、そういう、さもしいやつだというイメージができてしまった。

さらにオさんが無罪になったことで、このイメージが強くなってしまった。

ところで、ユチョンの場合は、どうかなぁ。ソンさんの主張も「事実に基づいて、その情況を多少誇張したもの」と解釈するのか、それとも「事実とは、単なる性交ではなく、強姦だった」と判断するのか?

ソウル高裁の判断を待つのみだ。

ところで、この有名BJのケースだが、この情報だけではなんとも…、ではあるのだが、大学生のBは「モーテルに入るとすぐ眠った」だと!?

つまり、性交そのものを否定したわけだ。じゃあ、なんでモーテルに入ったんだ、となるが、BJのAさんの強姦された、って主張もねえ…。

昨年5月というと、もう1年半も前のことでしょう。何の物証もないわけだし…。

しかし、Aさんの告訴は、虚偽告訴にもなりそうもない…。

Bは可能であれば「途方もない虚偽事実だ」としてAさんを訴えられるように、「モーテルに入るとすぐ眠った」と、性交そのものを否定した。「事実に基づいて、その情況を多少誇張したもの」とする、その「事実」そのものを否定するためだったのかもしれない。

しかし、さすがに検察も「おまえ、それはないだろう!!」と、この主張は一笑に付し、一蹴した、ということなんだろう。

最後に、この記事へのネチズンの声。

モーテルに行った後、星風船(視聴者からBJへの仮想通貨)をあげなかったから、そうなったんだろう。
共感133 非共感6

我が国の性暴力に関する法律は男性にとても不利に適用されているようだ。たとえば、男性が満員の地下鉄やバスで「この女がぼくの身体をさわった」と叫んだとしよう。周辺から聞こえてくるのは「おじさん、静かにしてください」だ。また、女性が男性トイレに入っても罪にはならない。あまりにも不公平だ。
共感104 非共感15

思い出したんだろう。他の人たちからはいつもお金をもらっていたって。
共感66 非共感6

とにかく、クククク。(笑うしかない)
共感44 非共感4

男は、恋人か妻でないなら、同じ空間で寝るな。
共感67 非共感12

韓国の女たちは金が必要になると、誰かつかまえて強姦で訴える。うまく行けばいいし、ダメでも別に何もないし。
共感25 非共感4

虚偽告訴は無条件で拘束しろ。善意の被害者など、クク、悪用するゴミどもが圧倒的だ。
共感17 非共感2

このケースの場合、性暴力の処罰基準を女のほうに適用しなければならない。(Bさんは)もしかしたら性暴力の犯罪者になるところだった。ひとりの人の人生がかかった問題だった。虚偽告訴にも厳罰で対応すべきではないか。
共感22 非共感4

韓国の強姦告訴は、先進国にはない2つの大きな問題がある。
1)自分の主張を立証する何の証拠もないのに、(女性の)言葉だけで告訴を受け付けること。ひどい場合は、この女のようにモーテルの前の CCTV(監視カメラ)が削除される期限である2カ月を過ぎるのをあえて待って、告訴する女もいる。証拠がないほど有利だと考えて、こういう奇異なことをする。
2)強姦をめぐる虚偽告訴に対する量刑が、先進国に比べて、べらぼうに軽い。だから、告訴して、うまく行けば儲けものと、ダメもとで訴える。
共感15 非共感2

う~む、韓国も変わってきたな。この頃は、男のほうが虐げられているのかも。

しかし痴漢で訴えられたりしたら、冤罪であっても、大変な被害を受けるという点では、日本も同じだ。だが、女性がむやみ、やたらに男性を訴える、というのは、日本ではあまり見られない。

やはり、韓国で際立つ、韓国的な現象なのかもしれない。

それから、アフリカTVの星風船は、ひとつ100ウォン(10円)で、10個単位から買えるという。10個の値段は、付加価値税が10%ついて、1100ウォン(110円)、50個とか100個とか買うらしい。
●星風船ひとつの値段をご存知ですか??
※このきれいな女性もアフリカTVのBJだが、Aさんではない(はず)。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。