イ・ジヌク、映画とテレビで本格復帰へ が、釜山国際映画祭GVには出てこず 「怖い」って

俳優のイ・ジヌク(36)が映画「上流社会」に出演することになった。 上流社会に進出したある夫婦の話を通して、上流層の実態を描くもので、スエ(38)が演じる女主人公と密会するメディアアーティストの役だという。

●日刊スポーツ
[単独]イ・ジヌク、スエ「上流社会」出演 商業映画に復帰

AD

イ・ジヌクは昨年(2016年)、性的スキャンダルを起こして以降、活動を中止していた。

そして最近、第22回釜山国際映画祭で披露された低予算独立映画「虎より怖い冬の客」で復帰した。しかし、映画祭のお楽しみGV(Guest Visit 観客との対話)には出ず、出席した主演女優コ・ヒョンジョン(46)によると「イ・ジヌクは釜山国際映画祭に来たがっていたんだけど、『少し怖い』と言っていた」という。

SBSの新しいドラマ「リターン」の出演候補にも上がっており、イ・ジヌクは2018年上半期に、映画とテレビでの同時復帰を図っているらしい。

イ・ジヌクの性的スキャンダルというのは、初めて会ったファンだという女性の家を深夜に訪れ、この女性と2回、性交した後、女性から「性的暴行を受けた」として訴えられ、ジヌクはそれを否定し、逆に虚偽告訴でこの女性を訴えた、という事件である。

イ・ジヌクの性的暴行容疑は認められず、一応、潔白とされたが、一方、女性の虚偽告訴も起訴はされたが一審で無罪とされた。

■俳優イ・ジヌクを性的暴行容疑で虚偽告訴したとして起訴された女性(33) 一審で無罪!!

つまり、両者ともに「無罪」ということになりそうなのだが…、う~む、少し変ではないだろうか?

イ・ジヌクが性的暴行をしていないなら、彼を性的暴行で訴えた女性は虚偽告訴した、ということになるのであり、逆に女性の告訴が虚偽告訴でなかったのなら、女性の主張の通り、イ・ジヌクは性的暴行をした、ということになる。そうではないのかな?

イ・ジヌクが「怖い」と言って映画祭のGVに出てこなかったのも、ここらの事情が関係しているはず。やっぱ、観客の目が負担になったんだろうな。もし、裁判で女性に有罪判決が下されていたなら、ファンの前に堂々と出てこられただろう。

ネチズンの声。

パク・シフもゴールデンの週末ドラマに出ているんだから、イ・ジヌクだって出ても良いだろう。クク 今の時代、ワンナイトしたからって、罪なんかない。
共感1459 非共感336

ワンナイトは罪ではないけど、軽はずみで、イメージが良くないのは事実。
共感1360 非共感309

イ・ビョンホンに、パク・シフに…、みんな平気で出てるね。イ・ビョンホンはCMも撮ってるし。
共感454 非共感40

メロはもうやめろ。バカだと分かった先生が子供に教え続けることはできないだろう。
共感375 非共感49

イ・ビョンホン&キム・テリ(やはり2018年上半期放送予定のドラマ「ミスター・サンシャイン」でビョンホンさんと共演)よりはましだけど、 すごくいや。(「涙の女王」というと日本ではチェ・ジウだが、韓国ではスエ。ビョンホンさんとキム・テリの場合、20歳という年齢差を不快に感じる人が少なくない)
共感227 非共感35

スエは本当に男主人公に恵まれないね。ククク。
共感685 非共感191

男は、あれの先っぽに気をつけなければならないよね?
共感385 非共感103

映画がよくできれば忘れられるだろう。イ・ビョンホンのように。
共感83 非共感19

なんでパク・シフの話をするの? あんたらの好きなイ・ジヌクだけ評価しな。
共感20 非共感4

パク・シフにケチつけてるから言わせてもらうわ ~嘘発見器は間違いで~ 訂正記事も出たのに~記者たちが俳優人生をぶち壊した~パク・シフのことを悪く言わないで ~ 花蛇の女め~ 水商売を2年間~ 前の男友達にも詐欺を働き~ 警察の調べで薬物もゼロ(0)~ ※以下、略。パク・シフを熱烈に擁護している。
共感22 非共感6

ジヌクの話なのだが、パク・シフとビョンホンさんのことにふれるコメントがかなりある。

パク・シフについては、好意的な見方が多くなっているみたい。この記事関連以外でも、全体的な傾向として。

とにかく、今、放送中のKBS2TVの週末ドラマ「黄金色の私の人生」が絶好調なのだ。

ニールセン・コリアの集計では28日(土)放送分の視聴率は30.2%! 大変な人気だ。

●OSEN
「黄金色の私の人生」からパク・シフが抜けても大丈夫ですか? 視聴率30%の魔法

記者は、こう書いている。

30%視聴率の魔法は、脚本家のソ・ヒョンギョン(女45)の筆力と主演俳優の熱演による。特に男主人公のパク・シフは愛しい男の魅力を発散し女心を揺さぶっている。

パク・シフは、もう、これで、スキャンダルの後遺症を克服した、といえそうだな。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください