キム・ヒョンジュン、軍検察の処分は「容疑無し」 所属事務所「民事の勝訴と『同じ脈絡』」

きのう(22日)、キム・ヒョンジュンへの軍検察の処分が発表され、元恋人のチェさんから訴えられていた容疑(誣告(虚偽告訴)と名誉毀損)は、いずれも容疑無しとされた。

これを受けて所属事務所キーイーストはきょう(23日)、公式に立場を表明した。

AD

以下、全文。

こんにちは。キーイーストです。

報じられた通り、2016年9月22日、キム・ヒョンジュンさんと告訴人(チェさん)の刑事訴訟に対する軍検察の決定がありました。これに対するキム・ヒョンジュンさんと所属事務所の公式の立場をお伝えいたします。

本件はキム・ヒョンジュンさんが告訴人を誣告、恐喝、詐欺、名誉毀損で告訴したのに対し、告訴人がキム・ヒョンジュンさんを誣告、名誉毀損で逆告訴したものです。キム・ヒョンジュンさんは軍服務中にあるため、これまで30師団軍検察がこの事件についての調査を進めてきました。

2016年9月22日、軍検察は告訴人が提起したキム・ヒョンジュンさんによる誣告、特定経済犯罪加重処罰などに関する法律違反(恐喝、詐欺)、出版物による名誉毀損についての誣告、これらのすべてを「容疑無し」とする処分を下しました。

今回の軍検察がキム・ヒョンジュンさんを容疑無しとした決定は、8月10日にソウル中央地裁民事合意25部が告訴人とキム・ヒョンジュンさんの両者による損害賠償請求訴訟で、「告訴人はキム・ヒョンジュンさんに1億ウォン(約1000万円)を支給せよ」としたキム・ヒョンジュンさんの勝訴判決と同じ脈絡であり、告訴人は、今回の刑事裁判でも、また自分の主張と弁明が嘘であることを立証しました。

告訴人はキム・ヒョンジュンさんの名誉を毀損するとともに金銭的な利益を得ようとして偽の主張を続け、各種の訴訟を提起してきました。最初の告訴後、キム・ヒョンジュンさんを脅迫して和解金の名目で6億ウォン(約6000万円)を受け取った後も、きわめて個人的な事柄をマスコミに情報提供し、情報提供したことが明確に認められる状況でありながらもこれを否定するなどの行為を続けています。

キム・ヒョンジュンさんは、残りの期間、誠実に軍生活に臨み、今後の訴訟の進行においても断固として対処いたします。

ありがとうございます。

この立場表明では、「今後の訴訟の進行においても断固として対処する」とのことだが、果たして、今後、どういう展開となるだろうか?

ちなみに、ここまでの訴訟関係を整理しておくと、これで、キム・ヒョンジュンとチェさんは刑事訴訟で、共に不起訴処分となった。キム・ヒョンジュンは軍検察から、チェさんはその前に東部地検で容疑無しとされた。(キーイーストの上の文にあるように、キム・ヒョンジュンは昨年(2015年)7月、チェさんを恐喝・詐欺・誣告・名誉毀損などで告訴、これに対しチェさんは、誣告と名誉毀損で逆告訴していた)

キム・ヒョンジュンは現在、ソウル高等検察庁に抗告をしている。地検のチェさんに対する容疑無しの処分は受け入れられないということ。

次の焦点はソウル高検が、どういう決定を下すか、という点。

民事のほうは、控訴審に入っている。チェさんは地裁の「キム・ヒョンジュンの名誉が毀損された。慰謝料1億ウォンを支給せよ」という判決を不服とし、控訴したのだった。

こちらのほうは、チェさん側が2014年5月末の「妊娠・暴行・流産」について新たな証拠を出せない限り、覆らないと見られ、チェさん側が新たな証拠を出せる可能性はというと、ほぼ、ない。

さて、ここまでの2人の争いできわめて特異な点とされるのは、同じ事件の事実認定をめぐり、刑事と民事でくいちがう判断をしていること。

つまり、刑事(東部地検)ではヒョンジュン側の主張は認められず、民事では認められたこと。その判断の対象となった事実、チェさん側の主張や証拠は同じだったのに判断の結果は真逆。

この矛盾は解消されるのだろうか?

キーイーストは上の文で、今回の軍検察の決定は「8月10日にソウル中央地裁民事合意25部が下したキム・ヒョンジュンさんの勝訴判決と同じ脈絡」としている。

果たしてソウル高検は、民事・軍検察と「同じ脈絡」に立つことになるのだろうか?

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。