キム・ヒョンジュンの弁護士「チェさん側は、和解を求めて軍隊にまで来ていた。控訴しても、覆ることはないだろう」

きょう(10日)の判決を受け、キム・ヒョンジュン側のイ・ジェマン弁護士は「チェさん側の要求はすべて棄却されたため、一部勝訴ではなく、本訴(チェさんがヒョンジュンを訴えた元となる訴訟)は完勝だ」と余裕でコメントした。

●ヘラルドPOP 2016.08.10 午後 3:46
「泥沼の戦いは終わり」キム・ヒョンジュン側「民事訴訟は完勝、悔しさを晴らした」

AD

記事によると、イ・ジェマン弁護士は、こう語った。ポイントだけ列挙する。

●本訴は完勝。反訴(本訴を受けて、ヒョンジュンがチェさんを訴えた訴訟)でも、虚偽事実の流布による名誉毀損が認められた。

●ヒョンジュンのイメージが毀損され、深刻な精神的苦痛を受けたことが認められた。

●ヒョンジュンが妊婦を暴行して流産させたりしたことはなかったことが明らかになった。

●1億ウォン(約1000万円)の慰謝料は、ヒョンジュンの精神的苦痛がとても大きかったことを裁判所が認めたということ。

●慰謝料で1億ウォンというのはすごく珍しい。名誉毀損の程度を民事的にとても重く見たもので、裁判所は、チェさんの罪状は悪質と判断したのだ。

●民事裁判のこの結果は、抗告中の刑事訴訟にも影響を及ぼすだろう。(6月24日、キム・ヒョンジュンがチェさんを相手に提起した刑事告訴(恐喝、詐欺、誣告、名誉毀損)はすべて「容疑無し」とされ、キム・ヒョンジュン側は抗告した)

●昨年(2015年)6月に訴状を初めて受け取った時も、ヒョンジュンが暴行して流産させたという証拠はなかった。その時すでに、それは虚偽であることが明らかだった。

●チェさん側がこの裁判を今まで引っ張ってきたのは、ヒョンジュンと和解するため、時間を稼ぐ必要があったから。それで、軍隊にまで(ヒョンジュンに会いに)来たのだろう。

●チェさん側が控訴しても、結果が覆されることはないだろう。

実際、もともと昨年12月23日に開かれる予定だった証拠提出の最後の機会、5回目の弁論準備期日は、今年2月3日に、さらに3月18日と延期され、ようやく4月22日に行われた。

チェさん側は、やはり、2014年5月末、いわゆる2回目の妊娠(チェさんはヒョンジュンとの間で5回、妊娠したと主張した)で、ヒョンジュンの暴行により流産した、という事実の証明に困り、水面下でヒョンジュンとの和解を図っていたらしい。

しかし、ヒョンジュンに会いに軍部隊にまで来ていたとは…。

ヒョンジュンが、チェさん側の人物と軍隊内で会ったのかは不明。

会わなかったんじゃないかな? イ・ジェマン弁護士の指示で。

さて、チェさん、どうするんだろう?

今、10日午後9時過ぎなのだが、まだ、チェさん側からのコメントは出ていない。「直ちに控訴」という雰囲気ではないのかな?

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


キム・ヒョンジュンの弁護士「チェさん側は、和解を求めて軍隊にまで来ていた。控訴しても、覆ることはないだろう」” への3件のコメント

  1. 和解金目当てに、物的証拠もないのにメディアを使ってあれだけ騒ぎ立てていたということが恐ろしい。
    「当然もらえる」と思っていたから出来る行動にみえます。
    6億ウォンのとき、ちょっと脅したらあっさりもらえたんでしょうね。

    そんな女性が子どもの母親だということが最も恐ろしいです。

    • >そんな女性が子どもの母親だということが最も恐ろしい

      そういう部分を、これから家庭裁判所がどう判断するか?

      親権を、チェさん側、ヒョンジュン側のどちらに与えるのか?

      どうなるでしょうね。

      • 今回の1億も払えるかどうか
        女に親権、養育の権利が与えられる可能性も低くなり、ヒョンジュン側に権利が来た時に
        再度、DNA鑑定される事でしょう
        ヒョンジュンの子供だと認定されたのに未だに、ヒョンジュン側の誰にも1度も子供の写真すら見せてませんから
        公開できない何かがあるのでしょう
        今回、わかった事、多いと思います。平気でお金で証拠を作れる事が。
        悪事に加担する人々が沢山いる事が。記事になってない真実が沢山あるのです。
        裁判の中で披露されたきちんとした証拠でも記事にされない事が沢山。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。