韓流ドラマ撮影現場 周辺住民の痛み

ここで、ドラマ撮影に関連する記事で、少し前(2014年09月27日)に姉妹サイトのほうに上げた記事を、こちらに移して紹介しましょう。

俳優さんやスタッフさんも大変ですが、近隣住民も、という話です。

では、どうぞ。

韓流ドラマはおもしろいよね、はっきり言って。

この頃は、主として愛国心から、いろいろ批判する人が男性を中心にけっこういるけど、主婦の友達を中心に、ただおもしろいから見てるよという人がいっぱいいるわけで、だから放送されている。レンタル店にも、韓流コーナーができて久しい。

おそらく品質の割に安いという価値もあるんだろうね、日本のテレビ局からしたら。

同じものを自分たちで作ろうとしたら、予算は何倍になるか、時間的にも、その他もろもろ大変だ。

で、あれば、適当な値段で買ってきて、放送したほうが楽だ、という、こういうのも「大人の事情」って言うのかな?

が、テレビ局や視聴者はいいが、実際に作っている人たちは大変みたい。

俳優さんたちも拘束時間が長く、予定の変更も多く、脚本の書き直しやそれに伴う遅れとか、いろんな突発的な要因に振り回されて困る、という声はよく聞く。

しかし、それ以外にも、こんな問題も抱えているみたい。

撮影現場では、やっぱ、「隣人トラブル」がね。

●国民日報 2014-09-27 03:3
「ドラマ撮影は嬉しくない」周辺住民たちはストレス
http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=005&aid=0000693423&date
=20140927&type=1&rankingSeq=1&rankingSectionId=102

AD

 

 

ーー引用始まり

ソウル鍾路区平倉洞に住むキムさん(60 女)は最近、1週間に3回くらいは帰宅するたびに、車を家の近くに停めて歩いて行く。隣家がある放送局の連続ドラマの撮影地になったからだ。ドラマ制作スタッフは撮影日のたびに、キムさん宅前までの通行を遮断した。キムさんは「私は自分の家に車も停められないの?」と何度も抗議したが、その度にかえってくる答えは「ドラマの撮影中だから静かにしてほしい」ということだけだった。

キムさんは26日、「家を借り上げてもらえる住民は収入にもなっていいでしょうけど、隣人たちは大きな被害を受ける。こんなふうにしてストレスを受けるようになってもう10年になる」と吐露した。キムさんは、鍾路区役所に請願(陳情)を入れたのに続き、私費を投じて抗議の垂れ幕を作ることにしている。

近隣住宅に住むチョさん(29)も同じ問題で隣家ともめている。チョさんの隣家では半年間も同じ地上波放送局の週末ドラマ撮影をしている。撮影が終わると、数十人の制作スタッフが残していったタバコの吸殻やごみがチョさんの家の周りに積もっている。夜中にも強い撮影用照明を放つため、眠れないことも日常茶飯事だ。

チョさんは「ドラマが人気を集め、延長するというニュースを聞き、悩みが深まった。強く抗議したいが、逆にスタッフに危害を加えられないかと思って、見守るしかない」と話した。

ドラマ制作チームが一般住宅を借りて撮影するケースが増え、近隣住民らが苦痛を訴えることも増えている。主な人気撮影地は、ソウル城北区城北洞や鍾路区平倉洞、京畿道高陽市一山東区などの住宅団地だ。ドラマ撮影のために家全体を借り上げてもらう場合、賃料は1日200万ウォン(約20万円)前後とみられている。普通のサラリーマンの給料に近い金額だ。しかし、その住宅の隣人たちは撮影による交通統制や騒音、ごみ問題などで頭を抱えている。

一部のドラマ制作スタッフは遮断バーを設置して交通を統制するために、家の門の前で交通渋滞が生じることもしばしばある。キムさんは先月、ある女性芸能人が乗ったバンが門を塞いでいたため、「車をどけてほしい」と頼んだが、「撮影準備中だから邪魔するな」という抗議を受けなければならなかった。テレビ局の車両のせいで道が渋滞し、町内バスが進めない状況もしばしばある。ドラマ制作チーム関係者は「あえて通行が少ない時間帯に合わせて撮影し、撮影が終わったらゴミを拾って帰るようにしている。最大限の努力をしているが、住居空間であるため、不満が出ているようだ」と話した。

――引用終わり

この記事には、今(午前10時半ごろ)こんなコメントがついている。

テレビ局の撮影など公のことではなく、流動人口の多い通りを統制して、むしろ堂々としている。迷惑をかけて申し訳ないと言わないばかりか。
2014.09.27 午前 7:10 共感 3752 非共感 25

テレビ局関係者たちは、自分たちが偉いと思っているみたいだ…ただの人なのに。
2014.09.27午前7:09 共感3030 非共感48

「あえて通行が少ない時間帯に合わせて撮影し、撮影が終わったらゴミを拾って帰るようにしている」…本当?
2014.09.27午前7:10 共感2376 非共感30

ドラマの撮影をしていようといまいと、私は気にせず通り過ぎる。不倫を撮るのが立派なことなのか。
2014.09.27午前7:10 共感1957 非共感23

住民たち、元気出してください。
2014.09.27午前7:08 共感1644 非共感39

危害を加えられるかと思って我慢しているという言葉にものすごく共感。テレビ局のスタッフという人たちは、言葉づかいや行動が組織暴力団みたい。
2014.09.27午前7:16 共感380 非共感3

住民に迷惑をかけておいて、撮影だから静かにしてろと? 申し訳ないが先じゃないか? 偉い人のつもりか…大統領でも住民に迷惑をかけたら謝罪するのに。撮影がそんなに立派なことか? 何様だと思ってるんだ。
2014.09.27午前7:16 共感367非共感5

これだけ反発が多い、ってことは、やはり、やや強引な面があるのかもしれない。

ドラマの監督からすれば、制限された予算、時間、ロケーション、人材といった中で、できるだけいいものを作らなければならない。どうしても、周辺住民のことまでは気が回らなくなる。

監督の必死な姿勢とか緊張感は、助監督、照明、音声、AD、その他の下に降りて行くでしょ。

すると、どうしても全体的にやや荒っぽい雰囲気になると思うんだ。

キムさん(60・女)が当然のことを抗議しても、監督は眼中にないだろうし、助監督あたりがADに「あの、うるさいおばさんをなんとかしろ」と言えば、ADもねえ…、みんなの弁当の手配とか、ほかにもやることはいっぱいあるんだし、キムさんの話をよく聞いて善処します、とはならないでしょう。

いずれにせよ、こういう現場の苦労、いろいろな人の犠牲の上に、ぼくたちは、おもしろいドラマを見ることができているのです。

とりあえずは、そういういろんな人に感謝すべきでしょう。

ドラマ制作スタッフには、できれば、キムさんたち周辺住民の方々に、もう少し、やさしく接してほしいとは思うんですが…。

★最後に、ポンポンと2つのバナーを踏んでくださいまし。
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。