最初に告訴したAさん 「残っているようマダムに言われた」 ユチョンとマダムは知り合いだった? 

最初にユチョンを訴えた女性Aさん(先月(6月)10日にユチョンを告訴して、それからまもなく14日深夜に告訴を取り下げた)が、ここへ来て、「強制性はなかった」とした告訴取り下げ時の発言を完全に翻し、「もちろん強制性はあったし、それ以上に計画的だった」という趣旨のことを警察に話している。

彼女の発言を、どう考えるべきだろうか?

●チャンネルA  2016-07-01 13:34
〔単独〕告訴女 「マダムが私を残した」…パク・ユチョンのスキャンダルは新たな局面に?

AD

 

この報道によると、事件当日(6月4日午前5時ごろ)は、時間も時間だし、他の接待女性たちは皆、帰宅し、接待女性は自分ひとりが残っていたという。

そして、ユチョン一行がやってきて、Aさんはひとりで、この一行の部屋に入った。
(既報では、この時、ある娘がテーブルの上に乗って「モム・ショー」(体のショ―)をやって、ユチョンがこの娘に30万ウォン(3万円)のチップをやった、というエピソードがあるので、本当に、「接待女性は店に自分ひとりだった」というAさんの話が正しいのかは分からないが、午前5時という時間を考えると、大半の接待女性は帰った後だっただろう、とは推定できる)

Aさんの話によると、こういう時間だったので、自分も家に帰ろうと思ったけれども「マダムが残っているように命じた」という。

そうして、店にいたら、ユチョン一行がやってきて、自分が接待することになった。その後、ユチョンにトイレに連れて行かれ、性的暴行を受けた、ということだ。

となると、マダムは、事前に知っていたのではないか、暴行かどうかは別にして、性関係を目的にユチョンが来る、そのために、Aさんを店に残したのではないか、という疑惑が生まれる。(Aさんは、マダムが意図的にそうしたとみている)

ユチョンとこの店のマダムとは馴染みだった。この報道では「そう見るしかない。有名芸能人は、(信頼できる)馴染みの店にしか行かない。その店を管理しているマダムは、顧客(ユチョン)の趣味、趣向をよく知っている。したがって、ユチョンから『これから行く』と連絡を受けたなら、それに備えなけれなならない。それでAさんは店に残された」というふうに説明している。

だとすると、Aさんの事件は、マダム、つまり店によって仕組まれたことだった、警察はこの点をこれから捜査しなければならない、そういう意味で「新しい局面」に入った、とチャンネルAは伝えている。

このこと、つまり、この店のマダムとユチョンが馴染みだったことは、ディスパッチも、なぜユチョンが当日、この店に行ったのか、という点で、「あの店は同席した芸能人Cの馴染みの店だった。Cがユチョンの30歳の誕生日をそこで祝ってあげようということで連れた行った」というTV朝鮮の番組で時事評論家のイ・ボンギュが語った説を否定するため、はっきり記している。

ユチョンはこの日「知り合いのマダムに連絡して、この店に行った」

●ディスパッチ 2016.06.30 午後 10:21
[また! チラシ(デマ)] 「ソン・ジュンギもいたって?”…ユチョン、ルームサロンのチラシをチェック

と、いうことは、だ。

ユチョンは、Aさんと関係をもつ(Aさんの意思は無視して、←ここポイントにあたって、よく知っていて信頼できるマダムに仲介を頼んだ、ということになる。

ユチョンは、もしAさんが「当日の性関係」について不当なことだと反発したとしても、マダムが表に出ないようにうまく解決してくれる、と信じていたのだろう。

実際、十分な金(このレベルのテンカフェはひとり50万ウォンとも100万ウォンとも言われている。ひとり50万ウォン(5万円)としても、11人なら550万ウォン(55万円)になり、これにバンドの料金やモム・ショー(体のショ―)のオプション料金まで加えると700万ウォン(70万円)は下らないのではないか)を払っているのだ。

ユチョンは気前が良いらしいので、1000万ウォン(100万円)くらいポーンと払ったのかもしれない。(この原資はアジアを中んとした女性ファンたちが少しずつ払ってくれたものなのだが)

ユチョンからすると、このマダムの「管理の甘さ」を責めたいところだろう。

しかし、これは、性的暴行だったかどうかは別にしても、まず第一に、マダムとユチョンの間でたくらんだ意図的な性売買(売春)という犯罪になる。

こういうことをやるのは、やりそうなのは、それなりに金を持っている40、50の脂ぎったおっさんというのが世間のイメージであり、まさかユチョンのようなきれいな顔立ちの若者がやるとは考えられない、と世の女性たちは思うことだろうが、年齢、外見は関係ない。

その人間の品性にかかっている。

性犯罪には、意外と、さわやかなイケメンが多い、ぼくなどは、そう思うのだが…。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


最初に告訴したAさん 「残っているようマダムに言われた」 ユチョンとマダムは知り合いだった? ” への2件のコメント

  1. この騒動が起きて、いろいろと調べるうちにこちらに辿り着きました。

    韓国メディアは全く信用できませんね。
    当然、発言を翻すこの女性も。

    ユチョンをクロと決めつけた上で記事を書くのはやめていただけないでしょうか。
    抵抗する女性を無理矢理どうこうする程バカな人ではないと思います。

    お店で関係を持ったのは事実かもしれませんが、同意の上だと思います。

    顧客だったユチョンがターゲットにされある意味で犠牲者、という可能性もあります。
    彼の受けたダメージを思うと恐ろしくなります。

    兵役中、有名人、という自覚を持って、お店で遊ばなければこんな事態にはならなかったのでそこは反省して欲しいですし、既に毎日反省して疲れきっているのでしょう。
    でも、社会から悪人扱いされる程の罪ではないです。

    世界中のファンが変わらず支持し、公正な捜査が行われることを願っています。

    私も、世論に押されて厳しく罰せられる可能性があるかも、と心配はしていますが、暴行だけは絶対にないと信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。