ユチョン、江南警察署に出頭 「警察の取調べに誠実に臨んでまいります」

さきほど、きょう(30日)の夕方、ユチョンが被疑者の身分で警察に出頭した。
国内外の取材陣約数百人が殺到した。

●MBC 2016-06-30 20:25
ユチョン、警察に出頭 国内外の取材陣が押し寄せる
※開くと、MBCのニュース映像が見られます

AD

黒のワゴン車から降りたユチョンは、堅い表情でで警察署の玄関に立ち、今回の騒動が起きて以来、初めて口を開いた。

「多くの方々にご心配をおかけして本当に申し訳ありません。警察の取調べに誠実に臨んでまいります」

殺到する質問に、それこれ以上は語らず、取調室に向かったという。

警察はまず、性交渉の過程で、暴行や脅迫のような強制性があったかどうか、という点を調べるという。(しかし、これまでに女性たちの話などから明らかになったところでは、「暴行や脅迫」はなかった。ただし女性たちの「意思に反して」行われた、その意味で強制性があったというのが女性たちの主張。こういう記者の報じ方はユチョン寄り)

きょうの取調べは夜遅くまで続くとみられるとのこと。

さて、ユチョンは警察の問いに、どのように答えるのだろうか?

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


ユチョン、江南警察署に出頭 「警察の取調べに誠実に臨んでまいります」” への3件のコメント

  1. 事件の実証はむずかしいかもしれませんね。
    ただ、日常的にこういう 遊び? をしていたということは間違いないと思います。
    ガッカリです。 にもかかわらず、応援を続ける 日本ファン 悪いことは悪いと教えるべきです。

  2. 微妙ですね
    精神的な強制性では、強制があったとは言えないでしょう。
    たとえ水商売だろうと、立場上断りにくかろうと
    拒否するなら、絶対に嫌だ、やめろと大声を出すとかしないと、相手に伝わらないでしょう
    断固嫌だと拒否しないかぎり、OKと思われてしまうと思いますね。

    でも、犯罪ではなくとも、ユチョンのやったことは
    習慣性があり、日本のはやり言葉で言えば、ゲスそのものだと思います

  3. 女性側の話しを信じるならば、暴力や脅迫による強制性はなかったが、その当時の状況(バンド、連れ、自分の立場etc)による精神的な強制性はあったと感じます。

    目に見える証拠はないでしょうし、そのあたりを警察はどう判断するのか気になります。

    また、DNA鑑定の結果によって、ユチョンと一致した場合は強制性の有無が焦点になりますが、一致しなかった場合は他の女性の話し自体の信憑性も疑われるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。