ホン・サンス監督の妻、キム・ミニ母とのSNSでのやりとりを公開 「娘さんは幸せな家庭を壊した不倫女です」

ホン・サンス監督(55)に去られた妻(55)による世論への訴えが続いている。

今度は、不倫相手の女優キム・ミニ(34)の母とやりとりしたSNSを公開し、これまた、大きな反響を呼んでいる。

●日刊スポーツ 2016.06.22 午前8:29
ホン・サンス妻、キム・ミニ母とのSNS公開「妻のある男と浮気をした娘…」

AD

月刊誌ウーマンセンス7月号に、ホン・サンス監督の夫人チョさんとキム・ミニの母が交わしたカカオトークでのやりとりが掲載された。

これによると、「娘さんが正しい判断ができるように(そして、夫が家に帰ってくるように)助けてほしい」というチョさんの言葉にキム・ミニの母は「家庭のある男と浮気した娘を持つ母の気持ちを察してほしい。きれいに育てた娘だ。ホン・サンス監督が何かを悟ってくれたら、家に帰るのではないだろうか」と答えている。

チョさんは「ホン監督は現在、自分と娘への財政的支援を絶った状態だ。(つまり、生活費などを入れてくれていない) 今回の噂によってキム・ミニのCMオファーが流れてしまい、キム・ミニの経済的な損失を埋めなければならないから、というのがその理由」と語り、衝撃を与えた。

そのやりとりとは、こういうもの。

ホン妻「娘さんが正しい判断ができるように助けてください。とても、つらいのです」
ミニ母「浮気をした夫の妻がもっとつらいのでしょうか。それとも妻のある人にはまった娘の母がもっとつらいのでしょうか?」
ホン妻「夫を盗まれた女の心がどんなものかお分かりにならないようですね。どちらが、もっとつらいか、近くにいる人に聞いてみてください」
ミニ母「私は今、心の中で泣いています」
ホン妻「娘さんは幸せな家庭を壊した不倫女です」
ミニ母「きれいに育てた娘です。めったなことは言わないでください」
ホン妻「今、私に、娘さんをどれほどきれいに育てたかをお話になる状況ではありません」
ミニ母「あなたも娘を育てる母でしょう」
ホン妻「娘の育て方を間違えて、ひとつの家庭をこのようにした罪は、百回謝罪しても足りません」
ミニ母「監督様も何かを悟ってくれたら、早くお帰りになることでしょう」

う~む、まず第一に、「浮気をした夫の妻」と「その相手となった娘の母」、年齢的には同じくらい(50代後半)のこの2人の女性が、2人だけで円満に話し合うのは…、状況的にちょっと難しいのではないだろうか。

ネチズンは、どう見ているのだろう。

キム・ミニだけが愚かかと思ったら、ミニ母もまったく同じね。この状況では「申し訳ありません」「弁解の余地がありません」と言うしかないのに、なんでこんなに言葉が多いの? きれいに育てて不倫女になる? しつけがなってなかったからじゃないの。
共感2805 非共感182

母がまったく….どうしようもない。
共感2565 非共感202

きれいにきれいに育てたのに、母娘で他人を傷つけていることが分からないのですか?
共感2132 非共感120

娘のしたことをまず詫びなければならないでしょう、お母さん。過ちは、2人(ホン監督とキム・ミニ)でしたことですが、そういう娘を育てた親として、申し訳ないと思う心がまったくない言い方です。ホン・サンス妻もキム・ミニ母にこんなことは言いたくなかったことでしょう。それでも、娘を抑えられるのは母しかいないから、わらをもつかむ心情だったのでしょう。もうすぐ60歳になるホン・サンスを誰が抑えられるでしょうか。
共感2086 非共感115

圧倒的に、みんなホン妻を支持し、ミニ母を責めている。

確かに、ホン監督の妻のチョさんの立場では、ミニ母に、なんとか娘を説得して監督を家に返してほしい、と、この方にすがるしかないのだろうし、そういう事情を考えれば、ミニ母の態度はちょっとあれかな、って気もする。

「監督様も何かを悟ってくれたら、早くお帰りになることでしょう」

これは、あまりも他人事っていうか、突き放した態度だよね。でもキム・ミニも34歳の大人の女性なのだし…。

あと、きのう言ったけど、夫人のこういうやり方は、世論を味方につけることはできるだろうけど、肝心のホン監督の心を引き戻すことにはつながらないと思うんだ。

こういうふうに騒げば騒ぐほど、キム・ミニは苦しい立場に追い込まれ、監督はそんな彼女を必死でかばい、そうしながら、どんどん愛の炎が燃え盛っていく、そういう裏腹な結果になるんじゃないかって気がするんだけど…。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


ホン・サンス監督の妻、キム・ミニ母とのSNSでのやりとりを公開 「娘さんは幸せな家庭を壊した不倫女です」” への1件のコメント

  1. ピンバック: 堤川「ディレクターズカット」の表彰式で監督たちは不在の女優キム・ミニに呼びかけた。「私たちは君を愛している」 | ソウル人生劇場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。