ユチョン性的暴行事件 Bさんは昨年12月事件直後に警察に通報していた 長年のファンも背を向ける

ユチョンから性的暴行を受けたと主張する2人目の女性、Bさんが昨年(2015年)12月、事件の直後に「芸能人に暴行された」と警察に通報していたことが明らかになった。

●YTN 2016.06.17 午前4:30
[単独] 「パク・ユチョンの性的暴行」を主張する女性、事件直後に警察に通報

AD

この報道によると、Bさんが昨年12月、午前3時20分ごろ、茶山コールセンター(120番 ソウル市の行政や警察、消防などの各種案内番号をこのひとつにまとめ、24時間体制で市民の相談に応じている)を通じて警察(112番)に通報していた事実が確認された。これはBさんが「暴行された」と主張する時点から4時間後のこと。この通報を受けて警察(ソウル駅三地区隊)がBさんと電話で話していた。

警察関係者は、当時のことをこう話した。
「芸能人から性的暴行を受けたという通報があり、通報者から話を聞いた。告訴して、きちんとした捜査を進めることを勧めたけれども、通報を取り消して…」

Bさんは、性的暴行を受けたことが知られてしまうこと、また、トップスターを相手に法的に争うことが怖くて、加害者の名前を言えず、告訴しなかったという。

女性にとって、大変、屈辱的でつらいことだったことは想像に難くない。Bさんは深く傷つき、カウンセリングを受けるなどしたとのこと。

一方、ファンもユチョンに背を向け始めた。

17日、オンライン・コミュニティのJYJのファンサイト「DC JYJギャラリー」は、「最近のパク・ユチョン事件についてのDC JYJギャラリーの立場表明」というコメントを発表した。

●アジア経済 2016.06.17
性的暴行容疑のパク・ユチョンに背を向けたJYJファン「ユチョンはもう応援しない。ジェジュンとジュンスだけを応援する」

この声明によると、「DC JYJギャラリー」は、今後、キム・ジェジュンとキム・ジュンスの2人のみを応援することとし、社会的物議をかもしたパク・ユチョンについては今後、彼に関わるすべての活動やコンテンツを徹底的に排除するとしている。

そして「過去13年間の信頼とファンの青春を踏みにじったパク・ユチョンに深い失望と憤りを表する」と強い言葉でユチョンを指弾している。

日本でも、「ユチョンを愛し、ユチョンと共に楽しく過ごした私の青春はいったい何だったのだろう…」と、脱力感と深い悲しみに沈んでいるファンが少なくないことだろう。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


ユチョン性的暴行事件 Bさんは昨年12月事件直後に警察に通報していた 長年のファンも背を向ける” への1件のコメント

  1. ピンバック: 2人目の告訴女性(Bさん)の文字メッセージが、ユチョンの買春と詐欺容疑の決定打だった | ソウル人生劇場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。