キム・ヒョンジュンと元恋人の裁判、次の期日は7月8日 2人とも出廷する予定

キム・ヒョンジュンと元恋人チェさんのいわゆる16億損害賠償訴訟の次の弁論期日は、来月(7月)8日と決まった。この日は、キム・ヒョンジュンとチェさんが出廷して陳述する予定で、裁判はいよいよ山場を迎える。

●聯合ニュース 2016-06-03 16:38
「訴訟攻防」キム・ヒョンジュンと元恋人、来月(7月)法廷へ

AD

ーー引用始まり

暴行・流産事件をめぐって民事訴訟中にあるキム・ヒョンジュンと彼の元恋人のチェさんが来月、法廷で向かい合う。

ソウル中央地裁民事合意25部は、チェさんがキム・ヒョンジュンを相手に起こした16億ウォン台の損害賠償請求訴訟の審理のため来月8日、2人を呼んで尋問すると3日、明らかにした。

ただし、裁判所は、裁判の当事者である2人の尋問過程は非公開とすることにした。

裁判所は「事件の争点は男女間のデリケートな部分に関することであり、また、両者の主張があまりにも異なっているため非常に厳しい追及が行われる可能性がある。このような点から、尋問の過程が公開されれば、その内容が真実かどうかを離れ、2人に対し重大な私生活侵害を招くおそれがあると説明した。

裁判所は2人を別々に尋問した後、必要あれば対質尋問も行う予定としている。

ーー引用終わり

対質尋問というのは、被告人や証人などの陳述に食い違いがあるとき、両者を相対させて互いに自分の言い分を述べさせる形で尋問すること。対決色が強く、尋問に応じる立場では負担になるやり方だ。

2人の尋問を非公開で行うとしたことは、妥当な判断だろう。

非公開としたところで、審理の後、殺到する記者たちに対して、両者の弁護士が、自分の立場から審理の内容について話す可能性が高く、キム・ヒョンジュンとチェさんがそれぞれどういう主張をしたか、おおむね明らかになるのではないと予想している。

しかしながら、裁判が山場を迎えるにしては、ネチズンの反応は弱い。この騒動も長引いているせいか、みんなの関心が低下しているのかな?

キム・ヒョンジュンは、もうこれ以上被害を受けることもないし、これ以上落ちることもない。法廷に立って、これまで一方的にやられてきた、すべてのことを話して、濡れ衣を晴らして。
共感21 非共感0

この女は花蛇(男性に意図的に接近して身体を委ね金品をせびろうとする女性)だな ㅋㅋㅋ
共感16 非共感0

元気出してください。悪いことは考えないようにして、また、TVに出てください。
共感15 非共感0

真実が明らかになるようキム・ヒョンジュンを応援します。
共感6 非共感0

女が精神的被害を受けたって? 今までキム・ヒョンジュンが受けた精神的被害は言葉に尽くせない。金をもらって、またもらって、またもらおうとしている。
共感5 非共感0

反響はあまり大きくないながら、依然として、キム・ヒョンジュンを支持し、応援する声が強い。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。