韓流スター、イ・ミンホ「公益判定」、交通事故の後遺症が影響したらしいって

韓流スター、イ・ミンホ(1987年6月22日生まれ、28歳 187cm 71㎏)が、現役(ふつうの兵隊)ではなく、公益要員として兵役を果たすことになるという。

●日刊スポーツ 2016.05.19 午前9:34
「韓流キング」イ・ミンホ、入隊時期に関係なく「公益判定」

AD

ーー引用始まり

ある芸能界の関係者が19日、日刊スポーツに「イ・ミンホは、入隊の時期とは関係なく公益の判定を受けた。時期は来年初めと想定しているが、公益だ」と明かした。

イ・ミンホが公益に判定された理由は、過去の交通事故。彼は2006年、交通事故に遭い、ボルトを入れた。その後、日常生活で無理はないものの、アクション演技などで支障が生じ、ボルトを取り除く手術をした。また、2011年にも、ドラマ「シティーハンター」の撮影中、車両が半壊する事故に遭ったこともある。それで、身体検査の結果、現役ではなく公益の判定が下された。

彼は先月、中国メディアとのインタビューで「まだ入隊について具体的な計画はなく、時期も未定」と話したが、年末にSBSで放送予定の脚本家パク・ジウンの新作への出演が公益勤務前、最後の作品になると見られる。また、現在、初めての中国スクリーンデビュー作の「バウンティー・ハンター」(Bounty hunter 賞金稼ぎ)の公開も控えている。

イ・ミンホは、最近、所属事務所を移した。新事務所は、自分の実の姉イ・ユンジョンさんとデビューの頃から一緒に歩んできたスターハウスエンターテイメントのチャン・ヨンフンさんが共同代表として設立したMYM。

ーー引用終わり

イ・ミンホの入隊については、日本にもたくさんいる彼のファンも含め、きわめて高い世間の関心が集まっているのだが、結局、公益か…。

ちょっと、力が抜けてしまう感じだ。

ネチズンの反応も、だいたい同じ。

ギュヒョンは交通事故で死ぬところだった(後述)が、現役で行ったよね ㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ
共感4885 非共感441

つまり、アクションはできるけど、現役は無理だってこと…..
共感4167 非共感269

ドラマでは飛びまわり、cfではパルクール(parkour 自分の身体だけを使って、戸外の障害物のあるコースを素早く滑らかに移動できるように、心身を鍛錬するもので、スポーツより武術に近い)もやっているのに、ボルトのせいで公益だって ㅋ 笑わせるね。
共感3917 非共感301

シティーハンターが公益だなんて、イメージが壊れるな。
共感3498 非共感246

ギュヒョンの件について説明しておこう。

スーパージュニアのメンバー、ギュヒョンは2007年4月19日、KBSのラジオ放送を終えて宿舎に戻る途中、ソウル・オリンピック大路銅雀大橋付近で車両が横転する大きな交通事故に遭った。

車に乗っていたシンドン、イトゥク、ウンヒョク、キュヒョンは負傷し、病院に運ばれた。 中でも特にギュヒョンは肋骨が折れるなど重傷で、重患者室に移され、集中治療を受けた。ギュヒョンは、4日間、意識不明の状態に陥った。担当医は「生存率は20%」と見ていたという。

●東亜日報 2014.09.05 午前11:59
「クォン・リセの状態」にスジュ・ギュヒョンの交通事故が再照明…「ギュヒョンも4日間意識不明だった」

…しかし、それにしても、韓国って、交通事故が多いよなあ。(この東亜日報の記事でふれられているクォン・リセは結局、帰らぬ人となってしまったし…)
■レディースコードの交通事故 マネージャーが「詰め腹」?

あと、「公益」については、先に公益勤務に就いたユチョンのこの記事を読めば、だいたい分かりますよ。
■ユチョン 公益要員として「入隊」

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村


韓流スター、イ・ミンホ「公益判定」、交通事故の後遺症が影響したらしいって” への1件のコメント

  1. ピンバック: イ・ミンホの中国スクリーンデビュー作「バウンティー・ハンター」、初日だけで90億ウォン(9億円)の売上げ | ソウル人生劇場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。