韓国2016/0403(日)の映画興行成績ベスト5 「ミスコンダクト」振るわず イ・ビョンホンは「追捕」(福山雅治主演)に出ることになりそうだと中国メディアが報じる

▼韓国2016/0403(日)の映画興行成績ベスト5
(公開日)当日売上シェア、累計観客数
1位〔米〕バットマン vs スーパーマン(0324) 33.9%  199万0122人
2位〔米〕ズートピア(0217) 32.0%  359万9029人
3位〔韓〕大俳優(0330)  7.6%  12万8699人
4位〔米〕ミスコンダクト(0330)  7.0%  11万2421人
5位〔韓〕グローリーデイ(0324) 3.2%  17万2678人

AD

「ミスコンダクト」は、やはり、ダメだったね。

●マイデイリー 2016.04.04午前7:31
イ・ビョンホンの「ミスコンダクト」、公開最初の週末に4位
http://entertain.naver.com/movie/topic/read?oid=117&aid=0002746002

――引用始まり

イ・ビョンホンの今年最初のハリウッド作品「ミスコンダクト」は、公開最初の週末に、残念な成績表を受け取った。

映振委の映画館入場券統合電算網の集計結果「ミスコンダクト」は公開最初の週末(4月1日~3日)に全国で7万1095人の観客を動員し、興行成績4位を記録した。

(略)

イ・ビョンホンの2016年最初のハリウッド作品であるだけでなく、アル・パチーノ、アンソニー・ホプキンスという名優が出演し、「トランスフォーマー」シリーズでハリウッドをリードするスターとして注目されているジョシュ・デュアメルも加勢した(原文直訳、「加勢した」というよりは、この人が主人公)が、観客から爆発的な愛を受けることはできなかった。(この「爆発的な愛」も原文直訳、特に「爆発的」とするほどのことはない。単に「あまり愛されなかった」、つまり、ほとんど注目してもらえなかった、映画を見てもらえなかった、というレベル)

――引用終わり

ネチズンの反応も、すこぶる低調。

あした見に行こうっと。
共感1 非共感1

ぼくが見た映画の中で~最悪!!!!!!!!
共感6 非共感3

これだけっすから…、この記事に付いたコメントは。

ところで、映画の中身とは関係ないことなんだけど、この記事を読んだ感じでは、まるでイ・ビョンホン>アル・パチーノ、アンソニー・ホプキンス>ジョシュ・デュアメルという序列のよう…、実際、このソース記事に添えられた映画のポスターでも、4人の(4分割されたスペースに一人ずつ収まった)写真の左上、つまりトップ的な位置にイ・ビョンホンが出ているのだが、アメリカはもちろん他国で使われているポスターにはイ・ビョンホンは出ていない。

序列的には、ジョシュ・デュアメル>アル・パチーノ、アンソニー・ホプキンスだね。
●CineMaterial Misconduct2016 Poster
https://www.cinematerial.com/movies/misconduct-i3658772
※これをクリックするとアメリカ版、トルコ版、韓国版のポスターが見られ、そこで左の一番大きいアメリカ版をクリックすると、アメリカ版の下に「Variants」(別バージョン)とあり、リストニア、イスラエル、エストニアのものが見られます

これが現実なわけで、イ・ビョンホンの役柄は脇役の中でも下位にあり、この映画は「イ・ビョンホンのハリウッド作品」というよりは、ふつうの(白人男性中心の)ハリウッド作品で、アジアのイ・ビョンホンさんもちょっと出てますよ、というもの。

さて、一方、例のジョン・ウー(呉宇森)監督の新作「君よ憤怒の河を渉れ」のリメイク版、これにイ・ビョンホンが出演するかどうか、今、注目されているんだけど、出そうだ、という観測記事が出た。

●マイデイリー 2016.04.04午後7:37
中国メディアマスコミ「イ・ビョンホン、ジョン・ウー新作映画「逮捕」(「君よ憤怒の河を渉れ」の現時点での韓国語での仮題)主演、有力
http://entertain.naver.com/read?oid=117&aid=0002746288&gid=999339&cid=1015091

――引用始まり

イ・ビョンホンは、香港のジョン・ウー監督がメガホンを取る新作映画の主演として(主演をすることが)有力だという。

イ・ビョンホン(45)がジョン・ウー監督の新作「逮捕」(仮題。 中国語タイトルは「追捕」)の主人公にキャスティングされる可能性について、現在、非常に高いと羊城晩報、楚天都市報など中国メディアが4日午後、報道した。

この映画はジョン・ウー監督が率いる香港のメディアアジアグループ(寰亜電影公司)で製作し、同社は現在、韓国に子会社を設立する準備をしているとのこと。

この映画には、イ・ビョンホンのほかにも、ハ・ジウォン(37)が出演し、日本の福山雅治(46)、中国のチャン・ハンユー(張涵予 52)とチーウェイ(戚薇 32)のキャスティングが確定しており、まもなく撮影に入るだろうと現地のメディアが伝えた。

この映画の原作は1976年に日本で制作されたヒット映画「君よ憤怒の河を渉れ」で、名優高倉健と女優の中野良子(65)が主演を務めた。正直で善良な法曹人(東京地検刑事部検事)が突然、犯罪者の濡れ衣を着せられ、警察の追跡を逃れながら、事件の背景を暴いていくストーリー。

中国では改革開放後、現地の劇場で上映され(1979年公開)、爆発的人気を博した。この映画が今回、韓国、中国、日本の合弁で製作されることになったことは、非常に大きな意味を持つと評価される。

中国メディアは、ハリウッドスター、イ・ビョンホンが香港のメディアアジアグループとまもなく契約を結ぶだろうとし、この映画は、イ・ビョンホンの本格的な中華圏進出のきっかけになるだろうと期待を示した。

――引用終わり

原作で高倉健が務めた主人公の役を、今回は福山雅治が演じるわけだから、主演は福山雅治でしょう。日本では(おそらく中国でも)、主人公の相棒の警部(原作では、原田芳雄が演じた)をチャン・ハンユーが演じるということで、この2人のW主演とも言われているんだけど…。

すでにこの2本柱が確定している配役に、もし、ほんとにイ・ビョンホンが出演するとなると、役どころが難しくなるだろうなあ。

ビョンホンさん本人はこういうことにそんなにこだわるタイプではないと思うのだが、韓国側は「主演」でなければ納得しないだろうし…。

こういう部分が、やっかいで、うざくて、面倒くさくて、みんなに嫌がられるんだよ。

とにかく序列とか、いわゆる「自尊心」(韓国ではマスコミなどで多用される用語だが、その意味するところは極めて浅薄で、日本人がこの言葉からイメージする自己抑制的な「誇り」というイメージとはほど遠い。ひたすら、現世的に、上か下かの上でありたい、という低次元の意識および欲求に根差している)に、すごくこだわる習性があるもんで、あの人たちは。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


韓国2016/0403(日)の映画興行成績ベスト5 「ミスコンダクト」振るわず イ・ビョンホンは「追捕」(福山雅治主演)に出ることになりそうだと中国メディアが報じる” への4件のコメント

  1. ビョンホンさん側は、映画「追捕」のオファーは受けているのは事実だが、まだシナリオが届いていないので、検討できないと言っていますね。
    それなのに、何度も確定の中国記事があがってきて、
    これは一種の映画宣伝の手法なのかと疑ってしまいます(笑)
    シナリオがまだってことは、原作のようなW主演ではなく、スリートップのシナリオを製作中なのでしょうか?

    原作のままなら、ビョンホンさんは出るとしてもゲスト出演的な感じになると予想していますが、
    そんなに韓国では主演じゃなきゃ、引き受けるべきではないというような記事や意見が出ていますか?

    • >そんなに韓国では主演じゃなきゃ、引き受けるべきではないというような記事や意見が出ていますか?

      中国では、だいたい、こう報道されている。

      李炳宪将签寰亚 有望出演吴宇森新片《追捕》
      (李炳憲はメディアアジアと契約するだろう。呉宇森監督の新作映画「追捕」への出演に有望)

      「有望」であって、まだ確定とはしていない。

      また、ほとんどの場合、単に「出演」としている。主演はやはり福山雅治という認識。

      それから、前の記事で紹介したけど、ネチズンからは出演に否定的な声が圧倒的に多い。

      >(日本で人気のある)イ・ビョンホンではあるけど、チョッパリに脇で仕える(「serveする」)のは嫌だ…。

      >チョッパリ主演の映画に出ないで。

      まぁ、このへんの事情からして、韓国では、出るなら「主演」みたいな期待、こだわりが大衆の間で強いみたい、というレベル。

      イ・ビョンホンさんや事務所は、特に「主演」にはこだわっていないんじゃないかな。

  2. 私達は 「ミスコンダクト」に出演したのは 主演でない事は分かっているけど 確かに 韓国の記事は 色んな面で かなり持ち上げられて 書かれているようでしたね(@_@) 去年の今頃は あんだけ 盛り下げられてたのに 内部者たちの大ヒット アカデミー賞の授与者 ハリウッド映画が 次々と公開になるとなったら 持ち上げ記事ばかりで 今までの事はなんだったの?って感じで 何だかな~と思ってしまいます。マスコミも はずかしくもなく 記事を書けると思います(ー_ー)!! ひとこと あやまれ~

    もちろん ビョンホンさんにとっては 良い事だから
    それはそれで いいんですけど マスコミって非常に恐いな~と感じています

    それにしても この映画 ビョンホンさん主演だと思ってたのでしょうか?(≧▽≦)

    • さすがに、「ビョンホンさん主演」とは思っていないだろうけど、3人の大スターと同格だ、そう思いたいという心理は強かったとみえます。

      その勢いで、ハリウッド>香港、という序列認識ともあいまって、韓国の大衆の中で、中国映画に出るなら主演じゃないとダメ、みたいな傲慢な考えが頭をもたげ、それをはばかることなく、そのまま表に出す。

      こういうのが、たまらんのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。