華川女軍自殺事件の裁判で 「心理剖検」が

このブログの一番最初のエントリー記事となった昨年(2013年)10月の華川女軍自殺事件
http://seouljinseigekijo.com/?p=10
この事件の裁判で、興味深い動きがあった。

軍人権センターはきょう(4日)午前、故オ大尉に対する「心理剖検」を行った結果、「オ大尉が自殺した原因は、直属の上司ノ少佐の苛酷行為とセクハラ」だとして、ノ少佐に対する公訴事実に強制わいせつ致傷を追加しなければならないと主張したとのこと。

被害者本人が亡くなってしまっている裁判なので、苛酷行為やセクハラと自殺との因果関係をどうやって、どれだけ立証できるのか、非常に展望として暗かったのだが、被害者側は「心理剖検」というあまり馴染みのない方法で対抗してきた。

長い記事なので、ポイントを抜粋して紹介しよう。

●OhmyNews 2014-11-04 14:16
女性軍人のオ大尉、心理剖検結果、直属上官が死亡原因
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=100&oid=047&aid=0002072845
↑クリックすると、マイクをもって話しているオ大尉の父親と、写真の一番下、国旗の隣に、ありし日のオ大尉の顔写真が見られます

AD

――引用始まり

軍人権センターは、昨年(2013年)10月、上官から持続的にいじめられ、自ら命を絶った陸軍15師団の女性軍人、オ大尉に対する心理剖検(解剖検査)結果を公開、「オ大尉が自殺した原因は、直属の上司ノ少佐の苛酷行為とセクハラ」だとし、ノ少佐に対する公訴事実に強制わいせつ致傷を追加しなければならないと主張した。

オ大尉の遺族と軍人権センターのイム・テフン所長、オ大尉に対する心理剖検を担当した専門家など8人は4日午前11時、ソウル永登浦区汝矣島洞女性未来センターで記者会見を開き、このように要求した。

心理剖検(Psychological Autopsy)というのは、死者が発生した場合、死者の家族、友人、同僚たちに残した公式的・非公式記録など、人生の軌跡を心理的・法医学的・精神医学的に総合分析して死の原因を明らかにすることで、物理的剖検とは対照的な概念だ。

オ大尉事件のように被害者がすでに故人になっており、法廷で、被害事実を供述することが不可能な場合、心理剖検によって死の原因を類推することができ、大きな意味を持つというのが軍の人権センターの説明だ。

イム・テフン所長は「オ大尉事件に対する1審裁判を行った2軍団の普通軍事裁判員裁判部は、ノ少佐の苛酷行為を認めながらもオ大尉の死との因果関係を排除し、執行猶予という軽い処罰を下した」とし、これ(ノ少佐の苛酷行為とオ大尉の死との因果関係)を立証するために、心理剖検を行ったと明らかにした。

オ大尉に対する心理剖検を行ったチョン・ジュンヒ華城市精神健康増進センター長とパク・ジナ忠清南道広域精神健康増進センターチーム長は「オ大尉の日記と遺書などを分析した結果、(ノ少佐とともに勤務した)15師団転入前には自殺の要因が発見されなかった。勤務態度は誠実で責任感が強く、対人関係も円満だった」と説明した。

しかし、彼らは「オ大尉は転入後、軽いうつ病の症状を見せるようになり、やがて深刻なうつ病障害を抱え、腹痛や吐き気など身体的苦痛も伴うようになった。ひどくなる一方のノ少佐の加害行為は、オ大尉を自殺という極端な選択に追い込むに十分だった」と指摘した。

軍の人権センターは、このような心理剖検結果をもとに、同日午後5時40分、国防部高等軍事裁判所で開かれるノ少佐に対する控訴審公判に、公訴状変更を申請すると明らかにした。

つまり1審を担当した2軍団普通検察部では、当初、ノ少佐に適用した軍刑法上の軍人などによる強制わいせつ、暴行、職権乱用、苛酷行為容疑のほかに、傷害罪、あるいは強制わいせつ致傷を追加しなければならないということだ。

オ大尉は昨年10月16日、自分が勤務する部隊の付近に駐車した自分の乗用車で着火炭を焼いて亡くなった状態で発見され、上官だった加害者による暴言とセクハラ、性関係の要求などの内容が書かれている遺書形式のメモを残したていた。

――引用終わり

心理剖検…。
死者が発生した場合、死者の家族、友人、同僚たちに残した公式的・非公式記録など、人生の軌跡を心理的・法医学的・精神医学的に総合分析して死の原因を明らかにする

う~む、こういう方法で明らかにした事実が、どれだけ証拠として信頼性を持ち得るかだなあ…。

ほんとうに難しい裁判だと思う。

が、執行猶予というのはいくらなんでも軽過ぎだろう。

このブログの一番最初のエントリー記事となった「華川女軍自殺事件とは」にも書いたが、オ大尉が亡くなった後、自分もノ少佐から侮辱を受けたと主張した女性軍人6人(大尉1人、中尉2人、下士3人)人格の冒涜と言語暴力の疑いで盧少佐を告訴した(後に、このうち3人は、告訴を取り下げた)ということで、常習的だったようだし…。

とにかく、裁判の行方を注視していきたい。

★お手数ですが、いつものポチッを、よろしくです。

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。