韓国2016/0313(日)の映画興行成績ベスト5 ジョン・ウー監督の新作で、イ・ビョンホンに福山雅治との共演がもちかけられたのだが…

▼韓国2016/0313(日)の映画興行成績ベスト5
(公開日)当日売上シェア、累計観客数
1位〔米〕ズートピア(0217) 23.6% 234万3233人
2位〔韓〕鬼郷(0224) 16.4%  314万2498人
3位〔米英〕エンド・オブ・ホワイトハウス(0310) 16.6%  31万0771人
4位〔韓〕君を待ちながら(0310) 15.4% 30万3156人
5位〔米〕ゴッド・オブ・エジプト(0303)  9.6% 78万8392人

AD

2月24日(水)の公開初日から3月11日(金)まで17日間、1位の座にあった空前のトンデモ映画「鬼郷」が2位に下がった。とはいえ、観客動員300万を超える大ヒットで、この日もスクリーン数と上映回数ではトップ。勢いが衰え、終息が近いとは、とても言えない状況だ。

「鬼郷」については、もう少し論じたいと思っているのだが、この話題ばかりだと気分が悪くなるので、ここでは、ホヤホヤの明るいニュースをひとつ。

俳優イ・ビョンホン(45)と女優ハ・ジウォン(38)が、香港のジョン・ウー(呉宇森)監督の新作で、福山雅治(47)と共演することになるかもしれない、とTVレポートが伝えた。

●TVレポート 2016.03.14 午前 9:33
イ・ビョンホン/ハ・ジウォン、巨匠ジョン・ウー監督の映画で共演か?
http://entertain.naver.com/read?oid=213&aid=0000854099&gid=999339&cid=1014205

ーー引用始まり

香港の映画製作会社、寰亞電影公司(メディア・アジア・グループ)は、日本の映画「君よ憤怒の河を渉れ」(きみよふんぬのかわをわたれ 佐藤純弥監督 1976年公開)の版権を購入してリメイクする。ジョン・ウー監督がメガホンを取って6月、日本でクランクインの予定。映画の中国語タイトルは「追捕」で、中国のシナ芸能などの現地メディアによると、福山雅治の出演が決まっており、イ・ビョンホン、ハ・ジウォンも出演を検討中とのこと。

当初、主人公には木村拓哉が有力だったが、代わって、日本のトップ俳優、福山雅治が演じることになった。中国シナ芸能によると、ジョン・ウー監督は福山雅治のキャスティングのために直接、日本で台本を渡すほど、精魂を込めているという。 警察に対抗するもう一人の主人公にイ・ビョンホン、ヒロインにはハ・ジウォンが挙がっている。

「追捕」のキャスティングについて、イ・ビョンホンとハ・ジウォンの所属事務所の関係者は14日TVレポートに「オファーを受けたことは事実だが、何も決まっていない」と言葉をそろえた。

韓国のお金で300億ウォン(30億円)ほどの制作費が投入される「君よ憤怒の河を渉れ」リメーク版は6月に大阪でクランクインの予定、ジョン・ウー監督はすでに現地で撮影の準備を進めている。

日本映画「君よ憤怒の河を渉れ」は、中国で文化大革命後に初めて公開された外国映画として知られている。東京地検の検事が濡れ衣を着せられて警察に追われることになり、身の潔白を証明するために孤軍奮闘するストーリー。オリジナル版では2014年に亡くなった俳優の故高倉健が主演を務めた。

ーー引用終わり

この記事に付された写真で、ビョンホンさんと福山雅治を比べてみると、う~む、光の状態の違いもあるにせよ、やっぱりビョンホンさんは(容ぼう的に)韓国人、って強く感じられる。

ふだんハリウッドで、がっしりした身体、彫の深い顔立ちの欧米人といっしょに映っている姿を見ていると、線が細いというか、薄いというか、身体がきゃしゃで表情もおとなしい東洋人、というだけで、特に韓国人という感じはないのだが、不思議なもんで福山雅治と並ぶと、やっぱ、韓国人だよね。(異性ではあるが、ハ・ジウォンからもちょっと同じような印象を受ける)

ぼくとしては、ぜひビョンホンさんにこの映画に出てほしいのだが、果たしてネチズンは?

文を書いて食べている方が、なんでこんな書き間違いをするのですか?
共感162 非共感6

預かって(맡서)..;X 맞서(対抗する)O (「警察に対抗するもう一人の主人公にイ・ビョンホン」の部分で入力ミスがある)
共感141 非共感6

(日本で人気のある)イ・ビョンホンではあるけど、チョッパリに脇で仕える(「serveする」)のは嫌だ…。
共感129 非共感17

じゃあ、イ・ビョンホンを見に(日本のファンがわざわざ)韓国に来ないのか? ワールドスターを無視するのか?
共感104 非共感10

(ジョン・ウー監督は)「フェイスオフ」までは良かったんだけど、「ミッションインポッシブル2」の出来があまり…ㅠ うまく作ってほしい。
共感80 非共感7

イ・ビョンホン、やらないで~~~
共感83 非共感16

なんで、あえて日本の検事の濡れ衣を晴らすために韓国の俳優が出演するのですか? こんな映画が中国と韓国で成功するのですか?
共感46 非共感4

イ・ビョンホンさん、これはやらないでください。ハリウッド映画の撮影だけでも忙しいのに、何が悲しくて。(日本が舞台で日本人が主演の映画に出るのですか?)
共感64 非共感11

イ・ビョンホンがこんな映画に出るわけがない。ぜんぶ、英語でやるならともかく。でも「出演しない」に一票。
共感50 非共感7

チョッパリ主演の映画に出ないで。
共感48 非共感9

「チョッパリ」というのは「豚足」を意味し、昔、日本人がよくはいていた地下足袋が豚足に似ているとして日本人に対する蔑称としても使われるようになった言葉。今でもよく使われている。

う~む、まだ反響はそう大きくはないのだが、いかにも韓国的な反応というかな、ネチズンの雰囲気的には、ネガティブだね。

ビョンホンさんとしても、出演しにくいかもなあ…。

言葉の問題もあるし…。日本語は使いたくないだろう。また、変な言いがかりをつけらても困るし。

ビョンホンさん、どうするんだろ?

(「明るいニュース」を書くはずだったのだが…、あんまり明るくない感じになってしまった。あと、主演が、なんで木村拓哉から福山雅治に変わったのか、ここもちょっと気になるよね)

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


韓国2016/0313(日)の映画興行成績ベスト5 ジョン・ウー監督の新作で、イ・ビョンホンに福山雅治との共演がもちかけられたのだが…” への4件のコメント

  1. こういちさん、おひさしぶりです

    日本の反応は、チャン・ハンユーさんはスルーされて
    福山さんとビョンホンさんが共演か!という部分が
    かなーり話題を呼んでいるようです。
    実際には主演はハンユーさんと福山さんで
    ビョンホンさんへのオファーは分量は少ないけど
    キーポイントとなるゲスト出演的な感じと想像しています。
    それなら、スケジュール的にもなんとか可能かもしれない。

    ビョンホンさんにとっても、こういちさんのおっしゃるように、日本中華圏を包括する規模の大作だから、
    出演メリットは大きいし、また制作サイドにとっても、福山さんとビョンホンさんのWカードは、日本への大変な宣伝効果がありますから。

    ネチズンかぁ。。
    あいつらは、いつまでもうざいから、しょうがない。
    ネチを気にしすぎて、チャンスを逃すよりは、
    やって後悔したほうがいいんじゃないの?と思います。
    ビョンホンさんは、中華圏映画は初めてなので
    たぶん役者的には興味はあると思う。

    • う~む、ってことは、福山>チャン・ハンユー>ビョンホン、っていう順番…、ネチズンは、そう受け止めるだろうな。

      こりゃ、許し難いだろう。あの人たちの習性からして。

      ぼくは、直観的に分かるんだが、ビョンホンさんはそういうことを気にするタイプではない。(それは、「内部者たち」での、チョ・スンウとの関係にもよく表れていた)

      しかし、周りがうるさいんだよね。

      ああいうこと(に関連したネチズンからのバッシング)があったばかりで、ようやくそのへんの部分が沈静化しつつあるなか、悩んでいるだろうね。

      一方で、日本のファンからの期待も、ひしひし感じながら。

  2. ビョンホンさんは 出演 不可能だと思います(^^♪
    「マスター」と「シングルライダー」の出演が 決まっていて 今月中旬位から「シングルライダー」を撮って 5月から「マスター」の撮影をするらしいし
    海外ロケもあるとかって言ってたので 6月からのジョン・ウー監督の作品は ムリでしょ
    チョイ役の重要人物なら わかりませんが 東洋の映画で チョイ役はないよね(;一_一)
    と言う事で ビョンホンさんの出演はなしだと思います(^◇^)

    それにしても 韓国人は どんだけ 日本を敵対視するんでしょうね
    文化 芸術には 関係ないと思うけど…

    • 日程的に厳しいのは織り込み済みではないでしょうか?

      もし完全に不可能な状態なら、こういう話自体が出ないはず。

      この作品は、ビョンホンさんにとっても、かなり魅力的だと思うんですよ。

      というのも、日本と中華圏を包括する規模で、ハリウッド並み。

      それで、アクション専門やチョイ役ではなく、主役に次ぐ大きな役なのだから。

      この記事は、ネチズンの反応を見るための「観測気球」だったのかもしれないですね。

      で、この感じだと、やっぱり見送り、となるのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。