韓国2016/0228(日)の映画興行成績ベスト5 「鬼郷」の首位独走には背筋が寒くなるが、イ・ビョンホンさんの雄姿で気をまぎらわす 

▼韓国2016/0228(日)の映画興行成績ベスト5
(公開日)当日売上シェア、累計観客数
1位〔韓〕鬼郷(0224) 31.7%  106万1259人
2位〔米〕ズートピア(0217) 17.3%  113万1172人
3位〔米〕デットプール(0217) 18.3%  261万6176人
4位〔韓〕ドンジュ(0217)  7.4%  60万7308人
5位〔韓〕検事外伝(0203)  7.5%  943万7876

AD

やはり、というか何というべきか、あのトンデモ映画「鬼郷」がトップを走り続けている。すでに100万人以上が、これを見たことになる。これ、15歳以上観覧可ですから。青少年の心理的ダメージ、そして日本への反感と敵意の増大、そういうことを考えると、背筋が寒くなる思いですね。

なんとも、嫌な感じだ…。

気分を変えて、明るい話題のほうに目をやると、きょうはなんといっても、イ・ビョンホンさんの米アカデミー授賞式のステージ・デビュー。

●スターニュース 2016.02.29 午後 5:49
イ・ビョンホンのアカデミー再構成…レッドカーペットからビハインドまで
http://entertain.naver.com/read?oid=108&aid=0002504985&gid=999339&cid=1013645
※クリックすると、ビョンホンさんのかっこいい姿とおちゃめな様子がたくさん出てくるよ

ーー引用始まり

俳優のイ・ビョンホンが韓国人俳優として初めて米アカデミー授賞式のステージにデビューした。

イ・ビョンホンは28日(現地時間)、米LAドルビー劇場で行われた第88回アカデミー賞授賞式に出席し、コロンビア出身の女優ソフィア・ベルガラと、外国語映画賞のプレゼンターを務めた。

受賞作は、ハンガリーのネメシュ・ラースロー監督の映画「サウルの息子」。イ・ビョンホンは達者な英語で外国語映画賞候補作を紹介してから、直接ネメシュ監督にトロフィーを渡した。

イ・ビョンホンのアカデミー賞への出席は、韓国人俳優初のアカデミー進出として注目を集めた。今年のアカデミーは、候補作発表当時から「白人の祭典」と批判され、物議をかもした。イ・ビョンホンの授賞式への参加も騒動を抑える狙いでは、という見方もあった。しかし、イ・ビョンホンは2008年から着実にハリウッドで活動してきた俳優だ。

レッドカーペットでは、韓国のトップ俳優らしいマナーを見せたイ・ビョンホンだったが、ビハインド(ステージの裏)では緊張感は見られないようすだった。アカデミー賞側は公式ツイッターを通じて、いたずらっぽくふるまうイ・ビョンホンとソフィア・ベルガラの姿を公開し、注目を集めた。

ーー引用終わり

ビョンホンさん、完全に、もとの調子に戻ったね。

ちなみに大ヒットした「内部者たち」、最新の観客動員記録は、通常版が707万2015人で、歴代34位。ディレクターズカット版が208万3963人で、合計すると915万5978人となっている。

残念ながら、青少年観覧不可等級映画として初の1000万人超えはできなかったけど、大成功で、めでたしめでたし。

「内部者たち」は、もうまもなく、3月11日から日本で公開されます。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


韓国2016/0228(日)の映画興行成績ベスト5 「鬼郷」の首位独走には背筋が寒くなるが、イ・ビョンホンさんの雄姿で気をまぎらわす ” への2件のコメント

  1. 昨日のアカデミー賞のビョンホンさんの登場は 私達ファンにとっても 忘れられない 夢のような素晴らしい瞬間でした(^^♪

    ほんとは 29日 仙台でファンミの予定でしたが
    急遽 日時を変更されて アカデミー賞に ご出席されたんですよ。苦渋の決断だったのです(~_~メ)

    でも アカデミー賞に ご出席されて 俳優としても
    全世界の人々に 認識されたし これから ハリウッドで活躍するためにも 良い決断だったと思います

    ファンは ビョンホンさんが下す決断は 全て 受け止め応援します(^◇^)

    今日と明日は 大阪で 3日と4日は東京で ファンミが開催されます。そして 変更になった仙台は 14日に…  めっちゃ ハードスケジュールに
    なったけど ビョンホンさんは 嬉しい悲鳴だと思います(^◇^)

    光一さんも 是非 東京のファンミ 見に来てくださいな(≧▽≦)

    • 授賞式では短いスピーチだったけど、英語の発音がすばらしいのに驚きました。30日に韓国で公開される「ミス・コンダクト」の演技にも注目ですね。

      ファンミは、(男のぼくには)ちょっとハードルが高いけど、「内部者たち」は必ず見ますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。