BIGBANGのスンリ、大金をだまし取られ、先輩元女性歌手(33)を告訴

昨年(2015年)12月29日にBIGBANGのスンリ(25)が、20億ウォン(2億円)台の詐欺に遭ったとして、先輩の元女性歌手シン・ウンソン(33)を検察に告訴したことが明らかになった。

複数の報道によると、スンリは2014年6月、当時、芸能事務所を経営していたシン・ウンソンから不動産への投資を勧められ、20億ウォンを預けた。同年9月ごろには「不動産投資会社の出資金が必要だ」と言われ、さらに5000万ウォン(500万円)を渡した。

しかし、投資して1年が経っても開発どころか法人すら設立されず、たまりかねたスンリ、ついにシン・ウンソンを詐欺容疑で告訴するに至った。

今、ネチズンの関心はシン・ウンソンに集中している。

AD

 

彼女は1982年生まれ、2003年に1集「Go Away」で歌手デビューし、2集「Bye Bye」も出した。その後、歌手活動を中断し、自ら芸能事務所を設立したが、昨年、廃業したという。

シン・ウンソンは、なぜ、歌手活動をやめ、事業に乗り出したのだろうか?

●スポーツソウル 2016.01.05午前9:19
スンリが告訴したシン・ウンソン、過去突然活動中断した理由は?
http://entertain.naver.com/read?oid=468&aid=0000097459

ーー引用始まり

シン・ウンソンは2003年1月、アルバム「Go Away)」でデビュー。優れたダンスの実力と健康美で人気を博した。しかし、シン・ウンソンは人気絶頂のとき、突然、活動を中断、その理由は2009年、写真集の制作発表会場で明らかにされた。

シン・ウンソンは「あの当時、悪質な書き込みや噂に深く傷ついていた。悪口や誹謗の混じった書き込みが多く、熱愛説や根拠のないデマのため、本当に苦しかったと活動を中断した理由を明かした。

ーー引用終わり

う~む、この人もネチズンの心ない声に苦しめられていたのか…。

それで人前に出て歌えなくなり、事業のほうに転身したのだとすれば、同情の余地はないではない。精神的にも不安定だったのだろう。しかしだからといって自分を慕っていた若いスンリをだまして大金を引き出したことは許されない。

現在、シン・ウンソンは連絡が取れない状態という。

国内にいるのであれば、逃げることなどできないし、国外に出ているとしても、告訴された以上、1日も早く検察に出頭すべきだろう。

それにしても、韓国の芸能界では、似たような事件が多いのではないだろうか?

被害者は男性のトップスター、加害者は女性で多額の金銭がらみ…。

こういうのが多すぎるように思うのだが、ぼくの気のせいだろうか。
(なんとなく…、韓国で矢野志保が大人気で、韓国の男たちが秋成勲をうらやんでいる理由が分かるような気がする…)

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。