「ヒョンジュンの実子」確定にネチズン激震、その脳裏に去来する「燕山君の悲劇」

では、この記事

■「チェさんが産んだ子はヒョンジュンの実子」との結果を受けて、両陣営が記者会見
http://seouljinseigekijo.com/?p=4697

これのソースとなった、この記事

●スターニュース 2015.12.21午後2:52
チェさん側「実子だったのだから謝罪せよ」vsキム・ヒョンジュン側「責任を負うが、名誉回復は別」
http://entertain.naver.com/read?oid=108&aid=0002485595&gid=999339&cid=1010827
※顔にボカシの入っている上の女性がチェさん、下の女性はヒョンジュンの母、チョンさん

大きな反響を呼んでいるこの記事に寄せられたネチズンの声を聞いてみよう。

AD

 

 

妊娠が合計5回というのに驚いた。この2人にはまったく興味がなく、ただ子供がかわいそうだという思いのみ。メディアの発達により、時間が経っても、パパとママがしたことを詳しく知ることができる時代になり、思春期にすごく苦しむのでは、と、ひたすら子供が不憫に思う。
共感19805 非共感353

妊娠5回.. 2年間で.. びっくりだ、本当に。
共感14216 非共感302

女が結婚前に注意すべき男~~虚勢.無能力.暴力.マザコン.ゲーム中毒.賭博中毒.酔っ払い.癇癪持ち.浮気症.習慣的嘘つき。
共感10940 非共感946

「きょうは肛X攻撃!」っていう言葉に驚いた~
共感7639 非共感398

超音波写真も妊娠診断も信じられないと言っていたキム・ヒョンジュンの両親 ..実子ということが明らかになる前に言っていた言葉をしっかり覚えている。
共感8115 非共感865

いったん実の孫ということが明らかになったので、キム・ヒョンジュンの両親が謝罪するのが正しい。詐欺師、脅迫女、サイコなどなど、孫が成長して、自分の母におじいさんとおばあさんがどんなことを言ったのか知り、燕山君のようにならなければ幸いだ。記者会見で「ヒョンジュンが死んでこそ謝罪か(ヒョンジュンが死んだら謝罪と認められるのか)」などと言わず、最小限の人間的道義は守らないと。私たちの孫かどうか分からないと言っていた人たちが、ここへ来て、私たちは孫だと思っていたなどと言うのは見苦しい。
共感3687 非共感230

キム・ヒョンジュンは実子だと信じていましたってㅋㅋそんな人がなんで女性の診断記録の細かい不備を指摘し、女性がキム・ヒョンジュンの子供だと言っているのに、実子かどうか疑わしい、実子確認をしようって言いますか?ㅋㅋそれに「死んでこそ」とかどうとか言うんじゃなくて、正式に花蛇(男性に意図的に接近して身体を委ね金品をせびろうとする女性)扱いしたことを謝罪しろと言っているのに対し、何が死ぬ死なないなの?  お父さん、お父さんの子供(つまりヒョンジュン)がお父さんにとって大切であるように、この女性も誰かの子供であり、 お父さんの子供の子供を産んだ人です。良心はあるのですか?
共感3953 非共感320

キム・ヒョンジュン!!  おまえが流産を5回してみろ!  そして、妊娠しているのに、恋人に殴られ、浮気されてみろ!  そして、ツバメ(ヒモ)扱いされてみろ!! 16億ではなく160億でも良いと思う!! 悪い奴め!!
共感4630 非共感546

5回の妊娠??  では、キム・ヒョンジュンは何を根拠に自分の子供ではないと言って責任逃れをしようとしていたのだろう? ㅋㅋㅋ
共感3083 非共感120

キム・ヒョンジュンは、 女がつかむ可能性のある最悪の男だ。暴力、嘘、虚勢の三拍子そろった男…
共感3088 非共感138

検査の結果、ヒョンジュンの実子と判明して以降、すっかり、ヒョンジュンと彼の両親に批判的で、チェさんに同情的な声が多くなった。

さらには、子供の将来を危ぶみ、燕山君を想起する声まで出てきたか…。

ちなみに燕山君(1476年10月24日~1506年11月20日)とは、李氏朝鮮の第10代国王。朝鮮王朝史上前例のない暴君または暗君とされる。

韓流ファンにとっては、おなじみのキャラだが、まだ知らない人は、韓流時代劇を楽しむための基礎知識として押さえておいても良いかもしれない。

彼の悲劇の根は、強烈な個性の母(王妃)と父(国王)の諍い(いさかい)にあった。

父王の2番目の王妃だった母、尹氏は非常に気性が激しく、嫉妬心が強かった。側室の元に通う国王に飛びかかり、顔にかき傷をつけたりした。側室に嫉妬し、彼女たちを砒素で毒殺しようとして発覚、廃妃の処分を受け、最期は、王太后(国王の母)と2人の側室の謀議により、国王から下された死薬で迎えた。

幼い燕山君は、母が亡くなった当時はこのことを知らなかったが、1494年、18歳で王位に就き、その後、激しい党争にあった一部側近勢力から母の死の真相を知らされ、復讐の鬼と化す。粛清の嵐、酒色におぼれ、贅沢や遊興に国費を費やす。悪逆非道、乱脈な行状は統制不能となり、破滅へとひた走っていった。

最期は、腹違いの弟を担いだ臣下たちの宮廷クーデターによって失脚、江華島に配流され、王位を剥奪された。配流からおよそ2カ月後、燕山君は病死した。30歳の若さであった。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


「ヒョンジュンの実子」確定にネチズン激震、その脳裏に去来する「燕山君の悲劇」” への2件のコメント

  1. とてもセンセーショナルな事件ですね。しかし冷静に考えると「燕山君を想起する声」・・・
    こどもがそうなってしまうかもしれない状況をあえて作っているのはチェさんのほうだと思いますが・・・
    両者または両家で話し合うことが本来だと思いますが、それをせずあえてメディアに情報を流す・・
    それを繰り返し、何とか世論を自分たちの味方につけようとしている。お金のために・・
    彼女がそうなってしまったのには、なにか理由があるのかもしれませんが(例えば深く傷ついて復讐したい)、たとえそうであったとしてもこのような行動にでるかでないかは人によって違ってきますよね。
    また、裁判所を経由してではなく、検査した機関が情報を発表してしまう・・おかしくないですか?
    いろいろな意味において、日本での常識が違う、できれば関わらないほうがよい国という感想を持ちました。

    • 燕山君の母、尹氏の亡霊が成仏できず、21世紀の今も、かの地をさまよっているのかもしれません。

      >できれば関わらないほうがよい国

      その通りです。良い方もいらっしゃるので、こう、はっきり言いたくはないのですが、やはり、言葉もできず、事情もよく分かっていない一般の日本の方は「関わらないほうがよい」と思います。

      日本国内で、グルメや韓流文化を楽しむにとどめるべきでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。