韓国芸能マネージメント協会の調停に応じないシン・ウンギョン、一方、敵対する前事務所の社長が「美人すぎる」とネットが騒然

騒動の渦中にある女優シン・ウンギョン。

前所属事務所の代表の求めで、韓国芸能マネージメント協会が調停に乗り出したが、シン・ウンギョンは応じようとしない。

●日刊スポーツ 2015.12.13午後2:08
シン・ウンギョン、韓国芸能マネージメント協会の賞罰委への出席要請に応じない
http://entertain.naver.com/read?oid=241&aid=0002507793&gid=999339&cid=1010528

AD

 

ーー引用始まり

韓国芸能マネージメント協会関係者は13日、日刊スポーツに「今月1日、シン・ウンギョン前所属事務所であるラン・エンターテイメントが賞罰委に債務に関する調停を申請した。 シン・ウンギョン側に出席を要請したが、出て来なかったと明らかにした。

そして「ラン・エンターテイメントは、シン・ウンギョンは所属事務所から借りた金を返済しなければならないと主張している。韓国芸能マネージメント協会賞罰委では客観的に調停しなければならないため、シン・ウンギョン側にも、関連証明書類の提出や出席要請公文を発送した。しかし、返答がないと付け加えた。

賞罰委では法的な制裁はできないが、シン・ウンギョンと前所属事務所間の主張の違いと失墜した名誉回復などについて話し合っている。しかし、シン・ウンギョン側が口を閉ざしているため、順調に進んでいない。

10日、ラン・エンターテインメントのコ代表は緊急記者会見を開き、「シン・ウンギョンと契約するため初めて会った時、泣きながら主人の借金が8億ウォン(約8000万円)だと言っていた。8億ウォンくらいなら(解決する)自信があった。それ以上、稼げたからだ。しかし、借金は8億ではなく、15億もあった。さらに、8年も滞納した医療保険、放送3社(地上波キー局 KBS、MBC、SBS)出演料が差し押さえられており、出国停止状態だった。 専属契約をしたところ、とても耐えられなかった。こちらで何度も債務を解決することを通して分かった。これが最後だと思って責任感をもって頑張った。しかし、借金は絶えることなく出てきた。きりがなかった。夫の借金ではなかった。 本人名義の借金だったと話した。

コ代表は先月末、シン・ウンギョンを名誉毀損で告訴した。 また、シン・ウンギョンが2億ウォンの債務を返済していないとし、民事訴訟も提起した。これに対し、シン・ウンギョン側は「ラン・エンターテインメントのマスコミを使った悪意のある主張により、多くの被害を受けている」として、名誉毀損容疑で、前所属事務所代表のコ代表をソウル中央地方検察庁に告訴した。

ーー引用終わり

「大女優の裏の顔」というような生やさしいものではない。シン・ウンギョンの金銭感覚は、完全に常軌を逸している。

これから、いったい、どうやって、このたくさんの問題を解決していくのだろう…。

ネチズンも唖然、呆然としながら、事態の推移を見守っている。

デパートの職員が身重の身体で夫といっしょにシン・ウンギョンの弟の家に行って、金を払ってほしいと哀願したというけど、その記事を読んで本当に胸が痛んだ。庶民にとっては大変な金額なのだから必ず返してあげてほしい。
共感5157 非共感93

時が経つにつれて衝撃的な話が出てくるね。 出国禁止までㅋㅋ 医療保険はなんで滞納したのㅋㅋㅋㅋぜいたくをする金で保険を払うか、または解約すべき;
共感3773 非共感213

シン・ウンギョンさんは過ちを犯したなら、謝罪すべきです。反省しなければなりません。
共感2746 非共感47

芸能人の放送に出てくるイメージを信じたらダメみたいだね。
共感2424 非共感57

それから、相手方となったラン・エンターテインメントのコ代表が「すごい美人だ」と、この女性の登場とともにネットが騒然となっている。「なんで社長が、女優より美人なんだ?」とみんな疑問を持ったのだが、この方は、もともとモデル出身で女優の経験もある人。

●スポーツソウル 2015.12.10 午後 8:37
ラン・エンターテインメントのコ・ソンア、ミスコン出身の女優?「ユニークな履歴」
http://entertain.naver.com/read?oid=468&aid=0000088312

この記事によると、コ・ソンア代表はミスコリア選抜大会を含め、4つの美人コンテストで受賞した実績のあるモデルだった。2000年代初めに俳優ハン・ソクギュと撮った家具のCFを皮切りにファーストフードブランド、自動車、ビール、百貨店など有名企業の広告に次々と出演した。SBSドラマ「私たちの蔓」、MBCドラマ「酒の国」「砂時計」、KBSドラマ「マジックキッズ・マスリ」などに出演し、女優としても活躍した。

2005年に、経営の側に転じ、キャスティング・ラン(今のラン・エンターテインメント)を設立。キム・ヘソン、SES出身ユ・スヨン(シュー)、ウォン・ギジュン、カン・ジソプ、イ・ヨンジュなどが所属しているという。

借金問題でいよいよとなったら、社長自ら現役復帰してカメラの前に立つ、ということもあり得るかもね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。