11月という韓国映画界の非需期をイ・ビョンホンはカン・ドンウォンと共に盛り上げるとの評価なのだが…

11月という韓国映画界の非需期。

今年は、その前半を「黒い司祭たち」のカン・ドンウォンが盛り上げ、後半はイ・ビョンホンがしっかりその勢いをキープしそうだ、と予想する記事が出た。

もちろん、「内部者たち」の好調な滑り出しを受けてのことだ。

●OSEN 2015.11.20 午後 4:47
カン・ドンウォンからイ・ビョンホンへ、韓国映画界は大丈夫だ
http://entertain.naver.com/topic/999195/999195/read?oid=109&aid=0003205995

AD

 

ーー引用始まり

俳優のカン・ドンウォンが、11月という非需期(需要が多くない時期)の映画界を盛り上げ、そのバトンをイ・ビョンホンが引き継いだ。

非需期だった11月の映画界を「黒い司祭たち」で大いに盛り上げたカン・ドンウォンに続き、イ・ビョンホンが「内部者たち」で興行旋風を巻き起こし、映画界に活力を吹き込んだのだ。

夏休みや冬休みがある盛需期(需要が多い時期)市場に対し、11月は、1年の中で一番の非需要期だ。したがって公開する本数も少なく、映画館を訪れる観客の数もめっきり落ち込む。

しかし、2015年だけは例外だった。 そしてその中心にはガン・ドンウォンがいた。 交通事故後、疑問の症状に苦しんでいる少女とその少女を救うために頑張る2人の司祭の話を扱った「黒い司祭たち」で、カン・ドンウォンは、チェ副祭役を演じ、まさにシンドロームに近い人気で11月の映画界をリードした。

そのバトンを今「内部者たち」が受け継いだ格好だ。「内部者たち」は作家ユン・テホの未完結ウェブトゥーンを原作に、韓国社会を動かす内部者たちの義理と裏切りを描いた犯罪ドラマ。

青少年観覧不可等級であるにもかかわらず、試写会そして上映以降、映画を見た観客は映画の完成度に、連日、好評を語り、口コミを広めている。

もちろん、俳優たちの演技も話題になっている。劇中、政治ゴロ、アン・サング役を演じたイ・ビョンホンは、ジェットコースターのようなアン・サングの人生を完璧に表現し、映画にコミカルな面白さを与えた。

作品ごとに感嘆を呼ぶ演技を披露してきた彼だが、今回の劇的なキャラクターに出会い、「人生作」(生涯最高レベルの作品)を作ったという評価を得ている。

イ・ビョンホンだけでなく、チョ・スンウも、コネのない検事、ウ・ジャンフンを演じ、久しぶりにスクリーンに登場、観客の好評を一身に受けている。「信じて見ることのできるチョ・スンウ」という修飾語が大げさではなかったことを立証している。

劇中、論説主幹のイ・ジャンヒを演じたペク・ユンシクも、演技力で映画に重みを与えている。
「内部者たち」は19日の公開後、順調に興行している。

ーー引用終わり

「黒い司祭たち」の場合、もちろんカン・ドンウォンも功労者だが、最大の殊勲者は、なんといっても、破格の憑依(ひょうい 霊などが乗り移ること)演技でみんなをうならせた若手女優パク・ソダムだろうな。

それはともかく、「内部者たち」の好評と、青少年観覧不可作品としてはかなり好調な滑り出しを見て、この作品は非需期(需要が多くない時期)ではなく盛需期(需要が多い時期)に、青少年観覧不可ではなく15歳以上観覧可(高校生も見ることができる)で公開していたら、大台(累積観客数1000万)も狙えたのではないか、と、ぼくなどはちょっと惜しかったな、みたいな楽観的ムードに浸っていたのであるが、現実は、そう甘くもないようだ。

この記事を読んだネチズンの声。

イ・ビョンホンを引き立て、チョ・スンウを引き下げている。
2015.11.20 午後 4:49 共感 1734 非共感 292

イ・ビョンホンは出てくるな。
2015.11.20 午後 4:50 共感 1425 非共感 290

モヒートでモルディブを一杯やろう。※劇中のビョンホンの台詞、カクテルのモヒートと地名のモルディブが逆になっている
2015.11.20 午後 4:48 共感 1030 非共感 95

あのねえ~~ドンウォン様の横にあの変な名前(イ・ビョンホン)をくっつけるなよ!!
2015.11.20 午後 4:53 共感 995 非共感 178

言論プレイ(マスコミ操作)はやめなさい~極嫌(すごく嫌い)です。イ・ビョンホンが出ている映画は見ません。
2015.11.20 午後 4:50 共感 1316 非共感 594

あの事件以来、(ビョンホンの)出演作 & cf は見たくない…。
2015.11.20 午後 4:52 共感 321 非共感 88

イ・ビョンホンひとりがいなくなっても韓国映画界は大丈夫だから、イ・ビョンホンは出てくるな。おまえの変態行為はイ・ジヨンだとかダヒだとか、ああいう子たちだけじゃなく、私みたいな平凡な女子でも羞恥心を感じるほど。醜悪だわ。見たくない。
2015.11.20 午後 4:53 共感 388 非共感 157

謝恩品、協賛品、だだで見てるんだろう。
2015.11.20 午後 4:52 共感 267 非共感 56

もうすぐクリスマスなので大丈夫だというのですか?
2015.11.20 午後 4:52 共感 248 非共感 52

カン・ドンウォンさん、すてきです~~~♡.♡
2015.11.20 午後 4:54 共感 227 非共感 35

ネチズンの「反イ・ビョンホン」感情がそう簡単に溶解するとも思えない…、「内部者たち」での演技は評価するが、人間としては…、みたいな感情がくすぶり続けるということも念頭に置いて、慎重に、今後のなりゆきを見ていく必要がありそうだ。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


11月という韓国映画界の非需期をイ・ビョンホンはカン・ドンウォンと共に盛り上げるとの評価なのだが…” への2件のコメント

  1. 被害者である人をここまで執拗に攻撃したら、これから被害届けを出す人が減って犯罪者の思うツボになるのでは?

    • それもそうだけど、このケースは、何で被害にあったんだ、と考えると、単なる被害者でもないわけで…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。