イ・ビョンホン&チョ・スンウ「内部者たち」青少年観覧不可に、この選択は悪くないと思うのだが…

いよいよ公開(11月19日予定)が迫ってきた映画「内部者たち」(イ・ビョンホン&チョ・スンウ主演)が青少年観覧不可等級の判定を受けた。

●OSEN 2015.10.17午前9:36
イ・ビョンホン、チョ・スンウ「内部者たち」青少年観覧等級確定「思いきって行く」
http://entertain.naver.com/ranking/read?oid=109&aid=0003179890

AD

 

ーー引用始まり

17日、映像物等級委員会によると、「内部者たち」は審議の結果、青少年観覧不可等級と判定された。

青少年観覧不可等級判定としたことについて、映像物等級委員会は「映像表現において、政治と暗黒街の隠密なヤミ取り引きを暴いた政治スリラー映画で、暴力性や扇情的な部分が刺激的であり、激しい表現が続いている」とした。

そして「その他、テーマ、台詞、模倣危険性においても青少年に有害な内容を含んでいるため、青少年が観覧しないように格別な注意が必要な映画」とした。

青少年観覧不可等級判定を受け、「内部者たち」は思い切った政治スリラー映画を披露すると期待を集めている。

ーー引用終わり

「青少年観覧不可」と判定された映画は、満18歳以上が観覧可、高校生は観覧不可という制限がつく。

そのため、たくさんの観客を動員するためには大きな制約となるが、一方で、濃い内容のものを出せるので、見応えがあり、確実に一定数の観客をひきつける効果が期待できる。

「内部者たち」の場合、制作費があまりかかっておらず、損益分岐点も低い(純制作非50億ウォン(5億円)、損益分岐点100万人)ので、大ヒットではなく、とにかく着実に興行を成功させる、ということを最優先とするならば、選択として悪くないと考えられるのだが、果たしてどうなるだろう…。

ネチズンの意見。

15歳等級(15歳以上観覧可)を受けるために、ぱっとしない映画にするより、ずっと良い。
※1300万超えの特大級ヒットとなった「ベテラン」は15歳以上観覧可
2015.10.17 午前 9:53 共感 962 非共感 50

チョ・スンウ!!….好きなんだけど….
2015.10.17 午前 10:00 共感 816 非共感 39

演技だけを見るならすばらしいのだけど、演技だけではカバーできないあなた(イ・ビョンホン)の過ちがあまりにも大きい。 ㅜㅜ..チョ・スンウのファンなので映画は見ないとね、チョ・スンウ、ファイト~!
2015.10.17 午前 9:56 共感 754 非共感 126

イ・ビョンホンには本当にムカつく !
2015.10.17 午前 10:20 共感 772 非共感 313

演技は演技として見る。ジョニー・デップの映画を一度も見ない人なら、私に石を投げろ。
2015.10.17 午前 9:59 共感 468 非共感 135

イ・ビョンホンは私生活も演技力もハリウッド級。
2015.10.17 午前 10:34 共感 132 非共感 9

イ・サンタが出るなら、青少年観覧不可は正しい。
2015.10.17 午前 10:30 共感 140 非共感 35

たくさんの俳優仲間に迷惑をかけるね..ロマンチックさん..
2015.10.17 午前 10:31 共感 130 非共感 61

この映画にもイ・ギョンヨンさん(2002年に未成年者を買春し有罪判決を受け、長期間、自粛した俳優)が出てるそうだね。
2015.10.17 午前 10:35 共感 66 非共感 7

チョ・スンウが見たいから見るなんて笑わせる。ㅋㅋㅋㅋイ・ビョンホンが出たら目をつぶっていろ。ㅋㅋㅋ
2015.10.17 午前 10:50 共感 66 非共感 11

ネチズンは相変わらずだ。

ビョンホンさんは読むのがつらいだろう。

現時点でのNAVERの映画のコーナーで、公開前評点を見てみると、7.24 / 10( 参加者 575人 )となっている。
http://movie.naver.com/movie/point/af/list.nhn?st=mcode&sword=121788

評点の最初のページの10本を見てみると、「10」が4つ、「2」が1つ、「1」が5つとなっている。(10月17日午後1時ごろ)

もちろん、非常に悪い状態で、まったく好転していない。

つい最近(10日15日)、「JSA」が公開15周年を迎え、ドルビーアトモスと4Kデジタルリマスタリング・バージョンで(つまり最新技術によって、15年前よりぐっと臨場感あふれ、見応えのある状態で)再公開され、若き日のイ・ビョンホンが再びスクリーンに戻ってきたのだが、これによってネチズンの凝り固まったビョンホンを見る目が和らぐということも、業界関係者は期待していただろうけど、まったくなかったみたい。

なんとも、重苦しい雰囲気の中、時が進んでいる。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。