「治外法権」惨敗のチェ・ダニエル 「現役で行きたかったけど」公益で…

俳優チェ・ダニエルが入隊した。
スターの入隊にもかかわらず、いついつ入隊するという事前の広報などはまったくなく、ひっそりとひとりで入ったという。

「現役ではなく、公益なので(恥ずかしくて)そうしたのだろう」という声もあるのだが…。

●スポーツ東亜 2015.10.02 午後 2:41
俳優チェ・ダニエル、きょう(2日)突然、軍入隊
http://entertain.naver.com/ranking/read?oid=382&aid=0000409956

AD

 

ーー引用始まり

2日、ある芸能関係者が明かしたところによると、チェ・ダニエルは同日、論山訓練所に入所した。 彼はここで訓練(新兵のための基礎軍事訓練)を受けた後、約2年間、社会服務要員(公益要員)として兵役を果たすことになる。

チェ・ダニエルは足の負傷による手術を受けており、公益の判定を受けた。 しかし、彼は現役で入隊したいという意志が強く、治療を続け、再検査を受けた。だが、負傷は完治せず、結局、公益として服務することになった。

チェ・ダニエルは2005年、KBSドラマ「黄金のリンゴ」でデビューし、ドラマ「彼らが生きる世界」やシットコム(シチュエーション・コメディ)「明日に向かってハイキック」で大きな注目を集めた。映画「共謀者」や「悪の年代記」などで個性あふれる演技を見せ、今年(2015年)8月に公開した映画「治外法権」にも出演した。

ーー引用終わり

本人は「現役で入隊したいという意志が強く、治療を続け、再検査を受けた。だが、(足の)負傷は完治せず、結局、公益として服務することになった」と記されているが、う~む、本当だろうか…。

この夏、8月27日に、彼の入隊前、最後の作品となる映画「治外法権」が公開されたのだが、その広報を兼ねて行われたインタビューで、足の状態について、こう話していた。

●スポーツトゥデイ 2015.08.21 15:34
チェ・ダニエル「今年、入隊するつもり。負傷したひざは問題ではない」(インタビュー)
http://stoo.asiae.co.kr/news/naver_view.htm?idxno=2015082017121627534

ーー引用始まり

チェ・ダニエルは「自己免疫性疾患により、膝に痛みがあり、最近2年間、痛みに苦しんできた。ひざに水がたまり、動かすと痛んだ。原因不明で、このために一時、活動を中断した」と打ち明けた。

そして、チェ・ダニエルはナオル先輩(歌手)に活動するのが難しい」と打ち明けたら、「おまえがまた作品を撮って、明るさを取り戻すことを願っている」と言われた。それが「治外法権」に出演するきっかけになった、と付け加えた。

8月27日に公開される「治外法権」は憤怒を調節できないプロファイラー(イム・チャンジョン)と女性が大好きな強力系刑事(チェ・ダニエル)が、強大な権力に潜む犯罪組織と戦うコミックアクション。

チェ・ダニエルはアクション・シーンの多い『治外法権』が撮れたのは奇跡も同然だった。不思議なことに、ナオル先輩が紹介してくれた教会に通うと、痛みがなくなった。それで信仰に対する信頼を持つようになった」と話した。

1986年生まれのチェ・ダニエルは軍入隊の計画についても明かした。チェ・ダニエルは兵役に関する質問に「行かなければならない。今年中に行く。遅くなったが、 もうひざも良くなった。アクション映画も撮れたのだから、軍隊も行くことができるだろう」と淡々と語った。

ーー引用終わり

「アクション・シーンの多い『治外法権』が撮れたのは奇跡も同然だった」
「ナオル先輩が紹介してくれた教会に通うと、痛みがなくなった」
「もうひざも良くなった。アクション映画も撮れたのだから、軍隊も行くことができるだろう」

う~む、これらの発言からすると、ひざがかなり悪かったのは事実のようだが、ちょっと微妙な感じ。

ネチズンは、どう受け止めただろうか?

公益ならば、このように静かに行くのが正しいと思う。
2015.10.02 午後 2:44  共感 10930 非共感 213

公益になったが、それでも、再検査を受けたのは良かったと思う。
2015.10.02 午後 2:45  共感 9452 非共感 217

軍隊に入る前に、やたらに騒ぐのよりは、ずっと良い。
2015.10.02 午後 2:44  共感 8618 非共感 101

元気に出勤退勤して(公益は地元の公共機関に自宅から通う)、服務終了後、良い作品で会いましょう~~
2015.10.02 午後 2:44  共感 5835 非共感 133

公益にしゅぱ~つ。
2015.10.02 午後 2:44  共感 3992 非共感 445

公益だけど、本人が再検査を受け続けたにもかかわらず、公益判定を受けたのだから、絶対、本人の過ちではないだろう。叩くべきやつを叩け。叩くべき芸能人は別にいるだろう。
2015.10.02 午後 2:49  共感 1067 非共感 31

でも、現役で行こうと努力したんだから、何も言えないよ。
2015.10.02 午後 2:46  共感 770 非共感 39

(見た目、年齢が高く見えるので)もう行ってきたと思っていたのは、ぼくだけかな???
2015.10.02 午後 2:45  共感 605 非共感 28

現役で行きたかったのに、公益になったので、恥ずかしくて、秘密裏に入隊したんだな。
2015.10.02 午後 2:45  共感 592 非共感 28

老け顔の代表走者。でも好感が持てるタイプ。
2015.10.02 午後 2:44  共感 517 非共感 23

おおむね好意的。ずるして、公益判定を受けたと見る向きは少ない。こういうことには、ことさらに敏感なネチズンがこのように感じているということは、おそらく、それが正しいのだろう。

ところで、兵役前の彼の最後の作品となった映画「治外法権」、ひざの負傷を押してがんばって撮ったのだが、残念ながら、結果は惨敗だった。

正確な制作費は明かされていないが、監督によると「ベテラン」の半分ほどとのこと。「ベテラン」は純制作費60億/総制作費推定80-90億ウォンとされるので、総制作費は45億ウォン(4億5000万円)くらいか。損益分岐点は120万とされる。

それで累計観客数は34万6483人で終了した。

ということは、達成率は約29%。もともと制作費が低く抑えられていたとはいえ、これでは大赤字だ。

チェ・ダニエルとしても、失意に打ちひしがれ、後ろ髪ひかれる思いだろう。

ま、しかし、ダニエル。あまり悩まず、公益勤務しながら、足をしっかり治して2年後の復帰に備えてくれたまえ。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。