歌手サニー、アトランタで清掃夫として働く父に会い、つらい家族史を明かす

離れて暮らす家族が集まってだんらんのひと時を過ごす秋夕(中秋節)連休の夜、韓国の庶民の共感と同情を呼び起こす逸話が紹介された。

歌手サニー(SanE 30歳)が、米アトランタで清掃夫をしている父に再会、困難だった少年時代について明かしたのだった。

●OSEN 2015.09.28 午後 9:00
「偉大な遺産」サニー「中学校の時、米国へ移民…父は清掃夫」
http://entertain.naver.com/ranking/read?oid=109&aid=0003166241

AD

 

ーー引用始まり

「偉大な遺産」に出演したサニーが困難だった少年時代を告白した。

サニーは28日午後放送されたMBCのパイロット(本放送の前のテスト版)バラエティ番組「偉大な遺産」で父がいるアトランタに向かい、父に会った。

この日の放送で、サニーは、米国のある高校で掃除夫として働く父をたずねた。彼は「中学校2年生の時、通貨危機(1997年)で家計が苦しくなり、米国に移民した。父はある高等学校で清掃の仕事をしている」と話した。

サニーの父は「この仕事も15年目になる。選択の余地はなかった。英語の辞書を持って仕事を始めた」と話した。

「偉大な遺産」は、親が家族を養ってきた生業のノウハウを子供に伝授し、子供はうまくできないながらもベストを尽くし、それをマスターしようと奮闘、この過程を通じて親子が心を通わせ、理解を深めていくようすを描く番組。

「偉大な遺産」はKBS 2T「スーパーマンが帰ってきた」SBS「日曜日が楽しい」「お父さんをお願い」を制作しているコーエンの新作で、この日、初めてパイロット版で企画され、放送された。

ーー引用終わり

1997年12月に発生したアジア通貨危機は、韓国経済をどん底に突き落とした。

たくさんの会社が倒産し、路頭に迷う人が続出。なんとか生き延びるために、ツテを頼って移民する人々も少なくなかった。

そのころに幼い子供で、家族と一緒に主に米国に移民し、米国で成長し、韓国に戻って活躍している人が社会の各分野にいて、それは芸能界も例外ではなく、サニーもまたそのひとりだった。

サニーの家族は、サニーが中学生の時に父が事業に失敗し、一家で米国に移民した。以降、父はアトランタのある高校で清掃夫として黙々と働きながら家族の生活を守ってきたのだった。

サニー一家のこの話は、ネチズンの間で、大きな反響を呼び起こした。サニーの家族が歩んできた厳しい道のりを、身につまされながら見た人は少なくなかったようだ。

家族の歴史を公開するのは容易ではない。サニーを見直した。お父さんの堂々と働く姿もすばらしい。
2015.09.28午後9:12  共感 13671 非共感 112

放送するのは難しい内容だったと思う。家族と一緒にすばらしい時を過ごしてください。私も、たくさん反省しているところです。ㅠㅠ
2015.09.28午後9:20  共感 9786 非共感 101

サニーが愛の歌を歌う理由が分かった。
2015.09.28午後9:30  共感 9181 非共感 116

サニー、カッコいい。もっとうまくいってほしい!
2015.09.28午後9:31  共感 7239 非共感 94

小川から龍が生まれたケース。※「トンビが鷹を生んだ」
2015.09.28午後9:30  共感 5130 非共感 350

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。