「ビューティーインサイド」まずまずの滑り出し、夏の映画の戦い後半戦の一角に浮上。「侠女」は完全に終わる

きのう(20日)に公開されたハン・ヒョジュ主演「ビューティーインサイド」は、まずまずのスタート、少なくとも惨敗は免れそうで、意外と健闘する可能性も出てきた。

ぼくとしても気をもんでいたのだが、少し胸をなでおろすことができた。が、イ・ビョンホンさんの「侠女」は、完全に終わってしまったようだ。

●ニュース1 2015.08.21午後3:59
「侠女」は失敗したメロドラマ、「ビューティーインサイド」が善戦できた理由
http://entertain.naver.com/read?oid=421&aid=0001587839

AD

 

ーー引用始まり

「侠女」は結局、夏の映画の戦いに参加できなかった。21日、映画振興委員会の映画館入場券統合電算網の集計によると、13日に公開された「侠女」は累積観客数39万9583人に留まっている。200以上のスクリーン数を確保しながら、同時公開の「ミス・ワイフ」にも順位で負け、残念な成績となってしまった。

「侠女」は密度の高い映像美により上出来の武侠映画になるはずだったが、ジャンル的にポジションがあいまいだったため、興行につながらなかったと分析される。 イビョンホンに女優のチョン・ドヨン、キム・ゴウンなど、演技派俳優が大勢出演し、彼らの演技は高い評価を得たが、ジャンルに対する安易な演出のせいで観客の心をつかむことができなかった。スカッとした武侠物が期待されたものの、ジャンル的にメロの比重が大きかったため、肯定的な口コミが広がらず、メロなのか武侠なのか、あいまいなジャンルのせいで、確実なターゲット層を確保できなかった。

一方、ジャンル的には、はっきりとしたメロ映画「ビューティーインサイド」は映画の戦いに参加することができた。同日の映画振興委員会の映画館入場券統合電算網の集計によると、前日に公開された「ビューティーインサイド」は11万4403人の観客を動員し、累積観客数14万3642人となっている。

巨大なスケール(制作費)を誇る「侠女」や最近、観客1000万人を突破した「暗殺」、観客1000万人を目前にしている「ベテラン」に比べ、スケールは相対的に小さいものの、毎日、顔が変わる男との愛、という斬新なモチーフが観客の好奇心を刺激した。

(略)

これで夏の映画の戦い後半戦は「ビューティーインサイド」と「暗殺」「ベテラン」の3つにしぼられた。 現在、「暗殺」は、歴代の韓国映画の興行記録を打ち立てた「弁護人」と「海雲台」に追いつくことができるか関心を集めており、「ベテラン」は現在、1000万人突破へのカウントダウンに入っている。1000万人まで、あと200万ほどだ。特に今週末の映画街で、「ビューティーインサイド」が今夏、唯一のメロ作品として、どのくらいの興行記録を出すか、結果が注目されている。

ーー引用終わり

確かに、「侠女」は、メロなのか武侠なのか、どっちつかずになってしまったようだ。(かつ武侠のほうは、イ・ビョンホン以外、剣術がこなせず、アクションがへたすぎてダメ)

「ビューティーインサイド」は、この夏、唯一のメロということで、「暗殺」「ベテラン」「侠女」といったアクション系ばかりにうんざりしていた女性層の心をうまくつかんだと言えるかもしれない。

ただ、滑り出しは悪くないが、やはり、少なくとも今度の日曜日が終わるまでは、まだ、なんとも…。

しかし、「侠女」が完全に終わったのは、もう動かし難い事実のようだ。

観客動員1000万人を超えた、または超えることが確実視されている「暗殺」と「ベテラン」は上過ぎて比較対象にならない。

「侠女」の比較対象は「ミス・ワイフ」と「ビューティーインサイド」だが、製作費と損益分岐点の高さ以外では、「侠女」が最も劣勢だ。

「侠女」(8月13日公開)
純制作費90億/総制作費120億/損益分岐点350万人前後。
公開初日の観客数7万9801人、8月21日午後9時現在、累積観客数は39万9583人。

「ミス・ワイフ」(8月13日公開)
純制作費は50億/損益分岐点130万人。
公開初日の観客数5万6370人、8月21日午後9時現在、累積観客数は48万6897人。

「ビューティーインサイド」(8月20日公開)
純制作費45億/総制作費推定65億/損益分岐点200万人前後。
公開初日の観客数11万4401人(記事では11万4403人)、8月21日の午後9時現在、累積観客数は14万3640人(記事では14万3642人)

ちなみに、今(8月21日午後10時現在)の前売り率は、
「侠女」 0.9%
「ミス・ワイフ」 2.6%
「ビューティーインサイド」 14.3%

「ベテラン」(8月5日公開) 39.4%
「暗殺」(7月22日公開) 15.5%

イ・ビョンホンさんは、この、あまりにも明暗のくっきりとした数字を眺めながら、どんな思いでいるのだろう。「ビューティーインサイド」だけでも、損益分岐点を超えてほしい、と、切に願っているのだろうか…。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。