「侠女」の惨状に、記者「もうイ・ビョンホンを許してあげよう」

13日に公開されたものの、まったく客足が伸びない「侠女」。

配給しているロッテが画策しているのかどうかは分からないが、マスコミでは、いろいろな応援記事が出ており、ついに、このようにネチズンに直接、訴える記事まで登場した。

●東亜日報 2015-08-20 03:05
[イ・スンジェ記者のムービーホリック]もうイ・ビョンホンを許してあげよう
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=020&aid=0002846721

AD

 

ーー引用始まり

イ・ビョンホンの新作「侠女 刀の記憶」を見て、これほどまで興行に惨敗するような映画ではないと思った。もちろん、この武侠映画は「臥虎蔵龍」「英雄」「刑事デュエリスト」「キル・ビル」、さらには「酔拳」の既視感さえするほど、創意性が不足し、話も練られていないが、イ・ビョンホンの演技だけは、過去の彼の作品の中でも最高だったからだ。

いわゆる「50億ウォン脅迫事件」以降、この映画は数回、上映が延期され、イ・ビョンホンは先日の製作発表会で何度も頭を下げて謝罪したが、結局、大衆は、頑として、この映画を無視する結果となった。

明らかなことは、イ・ビョンホンは、この映画の深さ、メッセージ、情操を最も正確に理解して表現した唯一の俳優だったという事実だ。彼が演技した「ユベク」は権力に溺れ、義理を捨てた人物として描かれているが、彼の演技は真に迫っており、約束、義理、大義を守ろうとする映画の中の善良な人物たちのほうが非現実的で、あほらしく、説得力ないように感じられるほどだ。

「見なさい。人は本来、あのように裸で生まれてくるだけだ。あのようにつまらない者が持っているものを、どうしてお前は一度も持とうとしないのか。欲を出しなさい。持ちなさい。君が望むあらゆるものを持ちなさい」と言い、自らを駆り立てる映画の中のイ・ビョンホンは、死ぬ瞬間まで所有と獲得の欲望から逃れられない我々の自画像なのだ。

率直に言って、私は「侠女」を見てから、イ・ビョンホンのスキャンダルがいっそう納得できなくなった。「このように真剣さがあり、悲壮で哲学的な深い演技をする俳優がしたこととしては、あまりにもみすぼらしく浅薄な事件ではないか。イ・ビョンホンの演技は、彼の思索と苦悩、読書の結果ではなく、ただ神が与えた才能の結果に過ぎないのか」と思ったのだ。

しかし、私はこの映画を見て決心した。

イ・ビョンホンを許すことにしたのだ。

「侠女 のメッセージは、映画の中のこの台詞ひと言に如実に表れている。

「私的なことを断ち切るのがまさに『侠』だ」

今や我々も、イ・ビョンホンに対する私的な感情と背信感を収めて、彼をただ俳優として評価しなければならない時期に至ったのではないか、と思う。もうイ・ビョンホンを許してあげる時だ。

ーー引用終わり

「私はこの映画を見て決心した。イ・ビョンホンを許すことにしたのだ」

う~む、きみ、なんで、そんなに上からなの? と、つっこみたくならないでもないが、プライドの高い韓国の記者特有の言い回しと思って、ここはスルーするとして、「侠女」は駄作だが、イ・ビョンホンの演技だけは光っている、というのは多くのネチズンがはっきり認めている。

そして、別にイ・ビョンホンを「許す」までもなく、映画が傑作ならば、みんな見に行くはず

作品自体に力がないので、興行は失敗したと、まず第一に考えるべきだ。そのうえで、しかし、ここまでひどい状態になった他の要因としては、やはりイ・ビョンホンのスキャンダルの影響もある、それは認めるしかない。

もともと昨秋か作冬に公開する予定だったのを、今夏、ようやく公開したのだが、この映画は、豪快なアクションがすばらしく、見てスカッとする武侠物というよりは、この記者も書いているように、深みのある人間ドラマのほうに力点があり、夏向きではなく、秋冬向きだった。公開時期を延期せざるをえなかった結果であり、この点でもイ・ビョンホンは責められてしかるべしだ。

もしあのスキャンダルがなく、予定通りに公開されていたなら、300万まで行けたかは別として、ここまでの惨状をさらすことはなかった、と恨めしく思う関係者がいたとしても不思議ではない。

さて、この記事へのネチズンのリアクション。

もうゴミ記者はイ・ビョンテ(「ビョンテ」とは「変態」のこと。ビョンホンとかけており、あの事件以降、ネチズンの間でけっこうよく使われている)のお先棒を担ぐのをやめろ~~~俳優の能力???? イ・ビョンテの顔が見たくないので、映画館に行かない人が大部分、見た人は中国武侠の偽物映画でぞっとしたって~~~300万人が損益分岐点なんだろう??? 50万も無理矢理、長期上映しないと不可能だ~~~
2015.08.20 午前 4:52  共感 8 非共感 2

まだ、これひとつしか来てないので、なんとも言えないが、ネチズンの態度はそう簡単には変わらないんじゃないかという気もするよね。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。