チン・セヨン「私はJではない」キム・ヒョンジュンの元恋人側もこれを認め侮辱行為をやめるようネチズンに訴える

きのう(30日)のキム・ヒョンジュンと争っている元恋人、チェさんの主張で明らかにされた「キム・ヒョンジュンと裸でベッドに横たわっていた女性芸能人J」

このJは、いったい誰なのか? という話題でネチズンは大騒ぎ。

そんな中、「Jではないか」と注目されていた女優のチン・セヨン(1994年 2月 15日生まれ、21歳 167cm44kg)「自分はJではない」と断言し、チン・セヨンの弁護士(奇しくもチェさんの弁護士も兼ねている)もそれを認めた。

●スポーツ朝鮮 2015.07.31午前10:33
キム・ヒョンジュン元恋人側「チン・セヨンはJではない。侮辱行為をやめてほしい」
http://entertain.naver.com/read?oid=076&aid=0002780391

AD

 

ーー引用始まり

キム・ヒョンジュンと法廷攻防を繰り広げている元恋人のチェさん側が「女性芸能人Jさん」について「チン・セヨンではない」と立場を明らかにした。

チェさん側の法律代理人であり、チン・セヨンへの悪質書き込み者に対する告訴事件を担当していたサン&パートナーズは、31日、報道資料を通じて「キム・ヒョンジュンさん関連事件で名前の出た『Jさん』はチン・セヨンさんではない」と表明した。

サン&パートナーズは「ソン弁護士(サン&パートナーズ所属)は依頼人の法律代理人として2014年7月ごろにも秘密裏に、依頼人の名誉を毀損し、侮辱した悪質書き込み者たちに対し、全員、告訴して捜査を進めた。ただし、依頼人の意思により、悪質書き込み者たちに『社会奉仕活動』をさせ、『反省文』を書かせる条件で、すべて許し、告訴を取り下げたことがある」と述べた。

そして「現在のキム・ヒョンジュンさん事件により、突然、依頼人(チン・セヨン)を『Jさん』と決めつけて発言するネチズンたちが増えていることをよく知っている。しかし、ソン弁護士はキム・ヒョンジュンさん事件も担当しており、誰よりも事実関係をよく知っている。そして、依頼人は決して『Jさん』ではないことを確信していると強調した。

最後に「ネチズンの皆様には、キム・ヒョンジュンさん事件に関連して依頼人に言及することで、芸能人としてだけでなく、ひとりの女性としても依頼人の名誉を毀損したり、侮辱する行為を、今すぐにでも止めてくれることを切にお願いすると訴えた。

これに先立ちきのう(30日)、キム・ヒョンジュンの元恋人、チェさんはマスコミへの報道資料と通じて「中絶手術を受けた3日後、キム・ヒョンジュンの家に行ったら、その芸能人Jさんと一緒に裸で寝ているキム・ヒョンジュンを見た。その場でキム・ヒョンジュンから無慈悲な暴行を受けた。その芸能人を証人に申請する予定」と明らかにしていた。

この事実が広まり、ネチズンの間では女性芸能人Jへの関心が高まり、一部で、キム・ヒョンジュンと一緒にドラマに出演したことのあるチン・セヨンの名前が上がっていた。

チン・セヨンは「キム・ヒョンジュンと関係したモデルJはチン・セヨンだって?」というネチズンの書き込みに対し、「私ではないので、むやみに言うのはやめてください」と直接も反論したりした。

2010年にデビューしたチン・セヨンは一幕劇、連続ドラマなどを経て、主演級の女優に成長した。 最近は映画「危険な顔合わせ2」などに出演している。

ーー引用終わり

2014年7月ごろにも秘密裏に、依頼人の名誉を毀損し、侮辱した悪質書き込み者たちに対し、全員、告訴して捜査を進めた。ただし、依頼人の意思により、悪質書き込み者たちに「社会奉仕活動」をさせ、「反省文」を書かせる条件で、すべて許し、告訴を取り下げたことがある

ソン弁護士が、あえてこう記したのは、ネチズンに対し、泣き寝入りはしない、侮辱行為を止めないなら、強い態度で臨む、と警告したと解釈できる。(「秘密裏に」としているので、事実関係はもうひとつ弱いが)

それにしても、いずれ明らかになるのだろうが、Jは誰なのだろう?
そして、Jは今、どんな心境なのだろうか…。

チェさんはきのうマスコミに公表した文章で、こう記している。

重要なことは、私が中絶手術を受けてから3日しか経っていない7月10日、キム・ヒョンジュンの暴行があったという事実です。

キム・ヒョンジュンは女性芸能人Jを自分の家に引き入れました。私は友達Bと一緒にキム・ヒョンジュンの家に行き、裸でベッドに横たわった2人を直接、目撃しました。

そして私は、女性芸能人Jと私の友達Bがいる家の中で、キム・ヒョンジュンから無慈悲に暴行を受けました。芸能人Jを今後、証人として申請する予定です。

おそらくチェさんの怒りは、自分に「無慈悲な暴行」を加えたキム・ヒョンジュンと同時に、この修羅場の原因になった女性芸能人Jにも、一定程度、いや相当程度、向けられていると思う。

キム・ヒョンジュンにぶん殴られながら、その恨みは、むしろ女性芸能人Jに対して募っていったのではないか?

で、ここへ来て、「おまえにも爆弾を落としてやる」となったのではないかと思う。

こんなことを公表すれば、Jがどうなるか、知らないはずはないからね。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。