「ターミネーター5 ジェニシス」見たんですけど、彼の出演シーンが短すぎて…

きのう、木場の109シネマズ(シアター8 2D字幕 18:45~21:00)で「ターミネーター5 ジェニシス」を見てきました。もっと早く見たかったんですけど、仕事などの関係で、なかなか時間が取れなくて…。

じつは、ぼくは「ターミネーター」シリーズは苦手というか、あんまり興味の向かないジャンルで、わざわざ映画館にまで行って見たのは今回が初めて。今回初めてそうした理由は、もちろん、イ・ビョンホンを見るためだったんです。

が、個人的には、やや残念な結果となってしまいました。

AD

 

 

液体金属製ロボット、T-1000に扮したイ・ビョンホンの出演時間は約10分と短いということは報道で知っていたのですが、この10分も、冒頭部分に固まっていて、台詞はひとつしかなく、10分間の戦闘の末に、わりとあっけなくT-1000は消滅してしまったのでした。

T-1000が消えた後は、個人的はすごく長くて退屈な「消化試合」となりました。

ぼくはもともとSFとかあんまり好きじゃないし、タイムマシンなどまったく(その可能性を)信じていないし、ロマンも感じないタイプなんです。なもんで、この作品はストーリーをろくに理解することもできませんでした。

人工知能「ジェニシス」が起動すれば、人類は滅亡する。その「審判の日」が目前に迫っていた。人類の未来を取り戻すには、過去に戻って戦うしか方法はない。ということで、人類軍からカイル・リース( ジェイ・コートニー )がタイムマシンで過去に送られ、女戦士サラ・コナー(エミリア・クラーク)と、彼女を守るようプログラムされた T-800 (アーノルド・シュワルツェネガー)と共に敵対するロボットたちと死闘を繰り広げる…。

大ざっぱに言うと、こういう話みたいですが、出演シーンの多さとか、ストーリー上のポジションからすると、事実上、主演はカイル・リースを演じた ジェイ・コートニーですね。それから、ジョン・コナーとT-3000を演じたジェイソン・クラークが主人公の相手方として大きな存在感を発揮しており、その次にヒロインのエミリア・クラークと御大シュワルツェネガーという感じでした。

ぼくが見たかったイ・ビョンホンは、最初のほうにちょこっと出てお終い、端役ではないが、ほとんどストーリーにからんでいないので脇役と言うにも足らず、あえて言うなら、長めのカメオ(特別出演)でしたね、これは。

ぼくのように必死に、食い入るようにして見て、ビョンホンの姿を脳裏に焼き付けようという熱心なファンじゃない限り、映画が終わったあとは、あまり印象に残っていないんじゃないか、ふつうの意識で見ていると、その後の膨大なアクションシーンで印象をかき消されてしまうというかなあ…、「10分の出演時間にもかかわらず、圧倒的存在感」(試写会後のTVレポート評)というのは、やや無理がある、盛りすぎかな、と感じましたね。

■「ターミネーター5」のマスコミ試写会が行われる。イ・ビョンホンの出演時間は10分、それでも「圧倒的存在感を示した」というのだが…
http://seouljinseigekijo.com/?p=3012

公開前の「ターミネーター5」のポスターにイ・ビョンホンの姿がなかったことにも納得。あの事件の影響とか関係ないね。出演シーンもすごく短いし、ストーリー展開上の重要性もさしてないので、当然。むしろ、このポスターは、事実上の主人公、 ジェイ・コートニーの姿が小さすぎて変。

■「ターミネーター5」の新しいポスターが出るも、イ・ビョンホンの姿はなし
http://seouljinseigekijo.com/?p=2473

でも、ひとつだけ明言しておきますけど、限られた時間の中でイ・ビョンホンはよく演じていました。冷酷なT-1000の無表情、アクションも切れがあって良かったです。台詞は短かったですが、英語の発音もよく、ロボットぽい機械的なしゃべり方もいい出来だったですよ。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


「ターミネーター5 ジェニシス」見たんですけど、彼の出演シーンが短すぎて…” への2件のコメント

  1. >こちらのプログさんに何度救われたことか、ありがとうございました。
    いや…、何と言うか…、そんなふうに言われると、恐縮です。ネチズンの書き込みをたくさん訳してきた者として…。

    >役と同化する彼の演技力に感嘆しました。
    完全に同感です。

    >彼の国は、しつこいですね。
    異常です。イェウォンは潰されたし、ハン・ヒョジュも危ないです。

    >またビョンホンさんの事を取り上げてください
    もちろんです!
    彼の否定的な面に光を当てるだけではなく、肯定的な面も、きちっと記していこうと思います。

  2. こんばんは*\(^o^)/*
    ビョンファンにとって、この一年は辛い日々でした、
    結婚したり、子宝に恵まれるのは嬉しいことながら、俳優さんは夢を与えてくれる職業。ただでさえ結婚相手には静かにしていて欲しいのに
    ゲッソリでした。

    韓国ネチズンの悪意ある書き込みを見る度に、落ち込みましたが。

    こちらのプログさんに何度救われたことか、ありがとうございました。

    ところで、ターミネータージェニシスのビョンホンさんですが。
    特別出演の域と思われます。
    しかし、その役を徹底的に研究して自分のものにしてしまう。役と同化する彼の演技力に感嘆しました。
    私は却って、日本マスコミの韓国俳優→韓流スター→アイドル

    みたいな偏見でビョンホンさんを見て貰うより、あのアジア俳優は、誰だ?え?イビョンホンなの?!
    あんな演技もできるんだ!

    という感想をTwitterなどで拝見してはニヤニヤしています。

    早くヒョプニョも観たいです。
    明日は、韓国での制作報告会。どうなることやら、彼の国は、しつこいですね。
    少々のことは、許して欲しいです。
    稀有な俳優さんなのですから、潰さないで欲しいです。

    またビョンホンさんの事を取り上げてください*\(^o^)/*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。